極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

アウトロー (2012) JACK REACHER 130分

2014-01-14 19:18:23 | 外国映画(DVD・TV)
アウトロー [Blu-ray]
クリエーター情報なし
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン



 ある日、ピッツバーグ近郊の川沿いで、穏やかな空気を切り裂いて6発の銃声が鳴り響き、対岸にいた5人の男女が殺害される事件が発生。現場に残された証拠から、元米軍スナイパーのジェームズ・バーが容疑者として浮上し、あっけなく逮捕された。こうして事件はスピード解決したかに思われたが、警察の尋問にバーは黙秘を続け、“ジャック・リーチャーを呼べ”と謎のメモを残した後、護送中に瀕死の重傷を負ってしまう。そして警察がリーチャーの行方を掴めず途方に暮れているところ、突然リーチャー本人が現われるのだった。


 WOWOW ★★★


 邦題も邦題だけど・・・あまり面白くなかったかも・・……(-。-) ボソッ
トム・クルーズって、やはりこういう映画よりお馬鹿なアクションモノの方がいいと思うんだけど。もちろんこの映画も「ある種」お馬鹿な映画だけど(笑)

 あのマネキン人形みたいに美しかったロザムンド・パイクが、いい感じに熟れてきて(笑)それでもまだ彼女は30代前半なんだよね。40過ぎの熟女って感じがしました。「007ダイ・アナザー・デイ」「リバティーン」「プライドと偏見」のデビューからの3作品の印象が強くって、ちょっと損をしているような気もしますが、彼女もこのあたりでアカデミー賞の候補になるくらいの演技派に転身したいところです。

 ま、ラス前にロバート・デュバルが締めてくれたからまだいいんだけど、ちょっと長かったカーチェイスシーンもだらけちゃったな。

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 「娘」の成人式(笑) | トップ | 永遠の僕たち(2011) RESTLES... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

外国映画(DVD・TV)」カテゴリの最新記事

トラックバック

「アウトロー」 アクションではなくミステリー (はらやんの映画徒然草)
予告を観たときは、アクションものかと思っていたのですが、いい意味で裏切られました