極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

ザ・タウン(2010) THE TOWN 125分

2012-03-08 19:55:05 | 外国映画(DVD・TV)
ザ・タウン Blu-ray & DVD〈エクステンデッド・バージョン〉ブックレット付き(初回限定生産)
クリエーター情報なし
ワーナー・ホーム・ビデオ



 全米屈指の強盗多発地区、ボストンのチャールズタウン。この街に生まれ育ったダグは、かつては輝かしい将来を夢見ていたものの、今では父親と同じ道を進み、気心の知れた幼なじみたちを率いて銀行強盗を繰り返す日々。毎回周到な準備で鮮やかに仕事をやり遂げてきた彼らだったが、ある時、やむを得ず一時的に人質を取って逃走を図る。しかし、解放した女性クレアが、同じ街の住人だったことから、自分たちの正体に気づかれたかもしれないと不安がよぎる。そこで探りを入れるため、偶然を装い彼女に近づくダグ。しかし、不覚にも恋に落ちてしまう。


 wowow ★★★☆


 ベン・アフレックが監督脚本主演のこの映画・・・ネタバレになるので一番むかつくところを言えないのが辛いですが、「ま、あんたの映画やからね!好きにしいやぁ!」って映画でした(爆)

 んとね・・・お話の展開も、映像もなかなか良かったんです。監督としての彼の手腕はなかなかのもの。もちろん脚本もマット・デイモンとの共作とは言え、「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」でアカデミー賞を取るだけの才能もあります。

 が、やっぱこの脚本で本人が主演するなよなぁって感じです(笑)

 銀行強盗のシーンや、カーチェイスのシーン。ラス前の銃撃戦は手に汗握るシーンだったのですが、やはり「オチ」が気に入らないって部分は大きな問題。しかし、70点あげちゃいます。

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« くまのプーさん (2011) Win... | トップ | 少女 湊かなえ著 双葉文庫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

外国映画(DVD・TV)」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

ザ・タウン (本と映画、ときどき日常)
監督 ベン・アフレック 出演 ベン・アフレック     レベッカ・ホール     ジェレミー・レナー 銀行強盗のリーダーが解放した人質の女性と恋に落ちる。 いや~、ベン・アフレックにこんな才能があるとは。 監督としても十分やっていけるんじゃないの(褒め ...
「ザ・タウン」 その街こそもう一人の主役 (はらやんの映画徒然草)
アメリカの中でも古い街の一つ、ボストンの一角のチャールズタウンは世界でも最も銀行