極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

エマニエル夫人 (1974) EMMANUELLE 91分

2019-02-16 17:19:32 | なつかシネマ
エマニエル夫人 [DVD]
クリエーター情報なし
KADOKAWA / 角川書店



 バンコクに住む外交官の妻であるエマニエルは、それなりに幸福ではあるが平穏すぎる日常に何処か退屈さを感じていた。そんなある日、エマニエルは知人の紹介で「性の儀式」を受け入れることになる。初めのうちは大人しかった彼女だが、次第に内に秘めた欲望を開花させ、性の解放とその真理を追求するため大胆な女性へと変貌していく…。


 WOWOW ★★★☆


 昨夜(2月15日)WOWOWでエマニエル3部作を一気に放送しました(爆)で、久々に観ました(笑)
で、つくづく感じたことは。。。もう40年以上も昔の作品なのに、久々に観てみると、やはり思春期の少年のような気持ちで観ることができました(爆)エロスって青少年時代に観たものがやはり一番エロく感じるんでしょうね。

 正直言えば、もっともどぎついものや、それこそ日本では見てはいけないものなどはネット上でいくらでも観ることができるのですが、この10代なかばで観たソフトポルノのほうがよほどエロかったです。今の若い人がこれを観たらどう思うのかはわからんけど。

 しかし、1970年代ってお茶の間のTVでおっぱいポロリどころか相当どぎついのも観ることができました。この「エマニエル夫人」でも1977年頃に確かテレビ朝日系の「日曜洋画劇場」か何かで放送したはずです。今思えば本当にいい時代です。水泳大会や「時間ですよ」でのおっぱいポロリなども普通に見てましたし。

 一番最後にTV地上波でおっぱいだとか、濡れ場などが放送されたのはいつの頃だったでしょうか。現在では有料の衛星放送では映画館やソフトよりも修正したものを流す場合もありますが、地上波ではまずおっぱいですら観ることはなくなりました。

 「続エマニエル夫人」「さよならエマニエル夫人」も放送され、すべて録画してありますが、シルビア・クリステルは60歳の若さでなくなってしまいましたね。亡くなる数年前に「SMAP×SMAP」に出演したのを懐かしく思います。

コメント   この記事についてブログを書く
« 今日はここさぼり(笑) | トップ | お別れ大会 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

なつかシネマ」カテゴリの最新記事