極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

タイタニック (1997) TITANIC 189分

2008-12-06 06:56:57 | 外国映画(DVD・TV)
タイタニック アルティメット・エディション

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る



 1912年、イギリスのサウザンプトン港から豪華客船タイタニックが処女航海に出発した。新天地アメリカに夢を抱く画家志望の青年ジャックは上流階級の娘ローズと運命的な出会いを果たし、二人は互いに惹かれ合う。そこにはローズの婚約者である資産家キャルや、保守的なローズの母親などの障害が横たわるが、若い二人はそれを超えて強い絆で結ばれていく。しかし、航海半ばの4月14日、タイタニック号は氷山と接触。船は刻一刻とその巨体を冷たい海の中へと沈め始めていた……。



DVD ★★★★


 いろいろと突っ込みどころも満載なんだけど、DVDでみてもやはり面白い作品です。このブログでまだ取り上げてなかったので、久しぶりに見てみました。

 まずね・・・私はやはりこの二人の恋物語は必然性に欠けていると思うのね。
もちろんあんなラブシーンは必要ないと思うし、めちゃゴージャスなケイト・ウィンスレットのすっぽんぽんもまったく必要ないと思うんだけど。。。

 でも、あんな燃え上がるような思いをした二人だからこそ、ああなってああなっんだってことにするためには必要なラブシーンなのかもね。

 もちろんジェームズ・キャメロン監督はまず「タイタニック」を撮りたくて、そこに乗り込む乗客を「グランドホテル形式」で描きたかったかもしれないんだけど、その割りには乗客のドラマってのがほとんど見えなくて。。。結局は「タイタニック」がやはり主人公・・・当たり前か(笑)それでいいんだよね?(笑)

 史実に正しく演出しようとすることと、やはり映画オリジナルの部分とがちょっと無理があるように思えるのが残念だけど、それはやはり仕方ないかな・・・って、最初に書いたことをもう一度念押ししたりして(笑)

 ただ・・・確かに特撮は凄いんですが、「ポセイドンアドベンチャー」のほうがやっぱ痛そうだなぁ(笑)

 そしてなによりも、ジェームズ・キャメロン監督の新作が早く見たいです(笑)

コメント (2)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« テンプレ変えてみた(笑) | トップ | ウォーリー (2008) WALL・E... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
懐かしい~~~。 (Ageha)
2008-12-06 19:03:20
ブログを始める前の映画で
正直んな、メロメロのラブストーリーを
取り上げるつもりはなかったんで
書いてないんですが(わわわわわ)

最後に海に投げた宝石もったいね~とか(コラ)
やたら流行った例のポーズを取るカップルを
アホかと思いながら
うらやましくも思い(爆)
セリーヌディオンの主題歌はごたぶんにもれず
カラオケで歌ってた(!)

何より個人的にはコレと「仮面の男」が
ディカプリオのイケメンピークだったと
思ってるので(外見はやっぱこういうのがいい)
なんていうか古きよきおもひでとして、
燦然と輝く作品でござます。
いや、俳優としてのレオ様は今もずっと
進化してってるんだろうけど、
アカデミー賞で主演男優賞だけとれなかった
「タイタニック」は
カレをスターダムにのし上げたくせに
そんなに世の中甘くないでって
洗礼もうけちゃったという、
良くも悪くも忘れられない作品でしょうね。
2004年以前の映画 (しんちゃん)
2008-12-06 20:59:46
★Agehaちゃん
私がこのhttp://blog.goo.ne.jp/3788616/を始めたのが2004年の春・・・
それ以前の映画の感想を書きたくて、家の在庫DVDを観直してるんだよね(笑)

 ディカプリオの映画もほとんど見てるんだけど、この映画以降の彼はやはり「演技派」を目指してる感じだよね。

 まだ34歳かぁ・・・若いよなぁ。
 

コメントを投稿

外国映画(DVD・TV)」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

タイタニック (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「タイタニック」は、「ダークナイト」をもってしても沈めることの出来ない史上最大の興行成績を収めた不朽の名作です。もちろん再見で~す。  あの有名なタイタニック・ポーズを生み出し、巨大な豪華客船の再現、その豪華客船が沈む圧倒的な迫力、3時間を...
タイタニック (あず沙の映画レビュー・ノート)
1997 アメリカ 洋画 ラブロマンス ドラマ 作品のイメージ:感動、泣ける、ドキドキ・ハラハラ、スゴイ 出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、ビリー・ゼイン、キャシー・ベイツ、ビル・パクストン 劇場に足を運ぶこと5回、その後VHSのビデオを購...
タイタニック (Addict allcinema 映画レビュー)
運命の恋。誰もそれを裂くことはできない。
『タイタニック 3D』 真の主人公は誰か? (映画のブログ)
 史実と違う。1997年に公開された映画『タイタニック』に対して、そんな声があるそうだ。  沈みゆくタイタニック号から逃げようと、我先に救命ボートに群がる男たち。そんな映画に対して、男性が女性や子供...