極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

ガール(2011) 124分

2013-05-24 19:16:28 | 日本映画(DVD・TV)
ガール DVD カジュアルスタイル (通常版)
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン



 広告代理店勤務の29歳独身の由紀子、不動産会社勤務の34歳既婚の聖子、老舗文具メーカー勤務の34歳独身・容子、自動車メーカー勤務の36歳シングルマザー孝子。会社も仕事内容もバラバラな4人は、なぜか気の合う親友同士。ほかの3人からファッションが痛いと“ガール”の卒業を進言される30歳目前の由紀子は、ムードのかけらもない新しい恋人・蒼太に腹を立て、イベントの企画をめぐってクライアントの堅物女性社員と激しく対立。一方ほかの3人も、女性への偏見を隠そうともしない年上の男性部下に怒りを募らせる聖子、ひと回りも年下のイケメン新入社員相手に図らずも心が浮き立ち、そんな自分に戸惑う容子、仕事も育児も“シングルマザー”を言い訳にしないと頑張りすぎる孝子と、それぞれに悩み多き日々を送っているのだが…。


WOWOW ★★★☆


 概要文に「タイトルがいただけません」なんて書いちゃったけど、この映画の原作のタイトルが「ガール」なのでこれはどうしようもないことかも(笑)ただ、やはりインパクトに欠けるタイトルであることは間違いがないと思います。

 原作者も男性ですし、監督も男性・・・脚本は女性みたいですが、やはり男目線の映画のような気がしてなりません。それなりに面白かったのですが、これって女性が見たらどう思うのかな?ってところが正直な気持ちです。

 シングルマザーがいたり、いつまでも夢見がちなアラサーがいたり、旦那よりも給料が良いできる女がいたりするわけですが、一人くらい専業主婦がいてもいいかな?って気もします。4人の働く女性が主人公なので、一人専業主婦ってのはやはり無理なのかもしれませんが(笑)

 香里奈、麻生久美子、吉瀬美智子、板谷由夏の4人に加藤ローサや檀れいまでがでてるので、おじさんとしてはなかなか目の保養にはなりました(笑)いや・・・色っぽい部分は全くないんだけどね(笑)

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« おじん・おばん | トップ | 興福寺 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日本映画(DVD・TV)」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

ガール (本と映画、ときどき日常)
監督 深川栄洋 出演 香里奈     麻生久美子     吉瀬美智子 奥田英朗の同名小説の映画化。 30代の4人の女性の仕事と恋愛。 その理想と葛藤を描いたお話。 とりあえず女性陣はみんな綺麗。 そしてそれを取り巻く男はみんな超イケメン。 月9か!(笑...
「ガール」 人生の半分はブルー、もう半分は・・・ (はらやんの映画徒然草)
テーマから予想されたことですが、やはり観賞客の女子率高し。 金曜日の晩ということ