極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

運び屋 (2018) THE MULE

2020-01-14 19:24:01 | 外国映画(DVD・TV)
 
運び屋 [Blu-ray]
クリント・イーストウッド,ブラッドリー・クーパー,ローレンス・フィッシュバーン,アンディ・ガルシア,マイケル・ペーニャ
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

 

 退役軍人のアール・ストーンはデイリリーというユリの栽培に情熱を燃やし、園芸の世界では一目置かれる存在だったが、その代償として家族をないがしろにしてしまい、90歳になろうとする今は家族との間に埋めがたい溝を抱え、孤独な日々を送っていた。やがて農園の経営も行き詰まり途方暮れるアール。そんな時、“車の運転をするだけで大金がもらえる”という仕事を紹介される。最初は荷物の中身を知らずに運んでいたアールだったが、ほどなくそれが大量のドラッグであることに気づく。それでも90歳の老人が疑われることはほとんどなく、順調に仕事をこなしていくアールだったが…。


WOWOW ★★★☆


 それにしてもクリントはすごい(笑)今年5月で90歳だって・・・
もうすぐ監督最新作の「リチャード・ジュエル」が公開されますが、この「運び屋」の監督主演をしたのは88歳だって。

 で、やっぱさすがに演技はめちゃじいちゃんなんだろうなぁ。。。なんて観ていたら、なんのなんの(笑)もちろんめちゃじいちゃんなんだけど、枯れた色気がめちゃいい感じだし、めちゃ悪いことをしているということを確信犯的にこなしているところがめちゃ良かったです。

 もっともこの「運び屋」はもうこの先どうなってもいいってのも見えてるし、そう思いながらもまだまだ「生」への執着がみられて、それはそれとして凄くリアルでした。

 DEEP PURPLEの「FIRE BALL」というアルバムのなかに「THE MULE」という曲があって、名盤「ライブ・イン・ジャパン」ではドラムソロ曲として収録されていますが、この映画のタイトルのように「運び屋」の俗語がMULEかな?って思ったんだけど、「がんこもの」「片意地もの」って意味なんだろうね。女子が夏場に素足ではくミュールもMULEって書くそうな。

コメント   この記事についてブログを書く
« 鬱金香日記 3 | トップ | 年に一度の健康診断 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

外国映画(DVD・TV)」カテゴリの最新記事