極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

獄門島 (1977) 142分

2007-01-03 07:48:27 | なつかシネマ
終戦直後の引き上げ船で死んだ男・鬼頭千万太。彼は戦友に「俺が島に戻らなければ妹たちが殺される!」という臨終の言葉を残していた。彼の遺書を預かった金田一は、その戦友に代わって獄門島と呼ばれる島を訪れるが、果たして、俳句の言葉に見立てた奇怪な殺人事件が起こってしまう……。

 DVD ★★★★
原作と犯人が違う・・・って書いたら身も蓋もないんだけど、ちょっと違う解釈を交えた映画として有名なこの映画、映画として楽しむぶんには申し分はないと思います。

 ただ・・・この映画を放送するのはまず無理だし、新しくリメイクするって言っても、やっぱ無理だろうなぁ・・・もちろん「寝ずの番」のことを思えば、不可能じゃないんだけどね(笑)

 特筆すべきは、この東宝配給の市川崑監督、石坂浩二主演の5作品はその内容の濃さの割には、制作期間があまりにも短かったこと・・・ちょっと公開年月日を上げてみますと・・・

 犬神家の一族 1976-10-16
 悪魔の手毬唄    1977-4-02
 獄門島 1977-8-27
 女王蜂 1978-2-11
 病院坂の首縊りの家 1979-5-29

すごいよなぁ・・・この製作期間は(笑)
スタッフもキャストも充実してたんだろうね。
あと、松竹の渥美清金田一版の「八つ墓村」が1977年10月29日、東映西田敏行ば金田一版「悪魔が来りて笛を吹く」が1979年1月20日ってことで、いかに「横溝正史ブーム」だったかということがわかります。

 あ!「獄門島」の感想だったね(笑)
気になるのは・・・幽閉されてた人、どこへいったんだろう?(笑)


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 悪魔の手毬唄 (1977) 144分 | トップ | 大奥 (2006) 126分 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
少し愛して、長く愛して (Mondo)
2007-01-05 17:21:59
金田一シリーズで「獄門島」が1番好きかな…
大原麗子が美しいです
ちょうど市川箟監督がサントリーのCMを
撮っていた頃なのかな?
3つの句を暗唱できますよ。

あっ! 草笛光子の演技が好きです。


あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします。
(。_。)ウンウン (しんちゃん)
2007-01-05 18:49:33
★Mondoちゃん
大原麗子・・・この頃は綺麗だったなぁ
最近あまり見なくなったなぁ(^^;どうしてるんだろう?

原作のままの犯人じゃ、ちょっと「華」がないもんね(^^;


こちらこそ
今年もよろしくお願いします

コメントを投稿

なつかシネマ」カテゴリの最新記事