極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

羊と鋼の森 (2017) 134分

2019-04-17 19:28:52 | 日本映画(DVD・TV)
羊と鋼の森
金子ありさ
メーカー情報なし
羊と鋼の森 (文春文庫)
宮下 奈都
文藝春秋



 北海道の山奥で育った高校生の外村直樹は、たまたま学校のピアノの調律現場に立ち会い、その音に生まれ故郷の森の匂いを感じて魅了される。音楽の才能もクラシックへの興味もなかった外村だったが、このとき出会った調律師・板鳥宗一郎に憧れ、自分も調律師になることを決意する。やがて調律の専門学校を卒業した外村は、めでたく板鳥と同じ楽器店に採用される。そして先輩調律師・柳伸二について調律の仕事を一から学んでいく。そんな中、対照的なピアノを弾く高校生姉妹・佐倉和音と由仁と出会い、改めて調律の難しさと奥深さを実感していく外村だったが…。


 WOWOW ★★★☆


 原作を読んだ時も感じましたが、こうして映像化されたものを見ると、とても上品で画像も、音も、出演者も。。。みんな綺麗でした(笑)で、それがちょっと物足りないって感じもしますが、この空気感こそが原作の持つテイストであり、原作にあった色々なエピソード。。。たとえば先輩の恋愛事情などを省いた演出はスッキリしていてよかったです(笑)

 上白石姉妹が映画で初めて共演したのもなかなか良かったです。原作では双子姉妹でしたが、映画ではそのことに言及していなかったので単純に姉妹ってことなのでしょう。

 調律のシーンが、この映画の肝だと思いますが、思った以上にちゃんと見せてくれました。我が家にピアノが合った時も一応毎年調律してもらっていましたが、本当はずっと見ておきたい職人技は仕事のじゃまにもなるわけでなかなか見ることができなかったですし。

 ラブコメの主人公役が多い山﨑賢人ですが、この映画ではピアノに恋する調律師ってことで(笑)

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 驚愕の事実 | トップ | 今日はここおやすみ(笑) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kossy)
2019-04-17 23:20:49
子犬のワルツで泣いてしまいました。
セリフが一切無いのに感動出来るとは…
そのエピソードのまま終わって欲しいくらいでした😅
Unknown (しんちゃん)
2019-04-17 23:27:57
★kossyさん
彼は彼なりに立ち直りたかったんでしょうね。
ずいぶん勇気が必要だったと思います。

コメントを投稿

日本映画(DVD・TV)」カテゴリの最新記事