極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

モスラ対ゴジラ (1964) 89分

2007-03-03 22:52:45 | 特撮大好き♪
嵐によってインファント島から巨大な卵が日本に漂着した。成虫モスラと小美人は、卵の所有権を主張する興行師に返還を願うが聞き入れられない。小美人たちが帰途に着いたころ、ゴジラが復活し名古屋を壊滅状態に陥れる。そして卵をも破壊しようとしたとき、成虫モスラが現れた。

DVD ★★★★

 名古屋城を壊すシーン・・・明らかに足を踏み外しているんですが、そのことでNGになるはずのシーンがよりリアルに生かされています。ただ・・・その踏み外し方が「人間」なのがまた可愛いです(^^;

 そして、「モスゴジ」と呼ばれるそのゴジラの造形が素晴らしい。
本当に「ワル」な顔をしてるんです(笑)ほっぺがプルプル揺れたりしてね(笑)
どうしてこの造形のまま作っていかなかったんだろう?

 もちろんその理由は後年完璧に「子ども向け」になってしまったことがあげられますが、当時現役の子どもの私にとってはゴジラはもちろんアイドルであり、正義の味方だったので、作り手側の判断も間違っていないように思えます。後の作品で、たとえば「イヤミのシェー」とか加山雄三とか木枯らし紋次郎とか。。。色々その時代のギャグを取り入れてきましたが、子どもたちは大うけでした。そのことを批判するマニアも確かにいるんですが、私はその方向性は間違っていないと思います。

 で・・・この映画が本当の意味で最後の悪役ゴジラなわけで、その破壊シーンやモスラをいたぶる姿にはホント憎たらしさを感じますが、その対比としてもモスラの美しさや幼虫モスラの可愛らしさ・・・本来メチャ気色悪い造形なのに、どうしてモスラは可愛く感じるんでしょうね(笑)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« うれしいひなまつり | トップ |  確かに私が「セコい」です(... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
NG?? (猫姫少佐現品限り)
2007-05-26 02:38:41
こんばんは!
あれって、マジ、NG??
ホントに人間的で、すでに愛嬌さえありますよね。
あたしはあの顔見ても、コワイとは思えない、、、
もしかしてこの映画のコメディーリリーフは、
ゴジラなんじゃ、、、
あのリアクションは・・・ (しんちゃん)
2007-05-26 07:02:52
★猫姫ちゃん
城を壊してしまったのももちろんNGなんだけど、あのこけ方はやっぱ人間だもんね(笑)

この映画の主演はやっぱモスラでゴジラが完全に悪役に徹しているのはこの映画だけじゃないかな?

最初の「ゴジラ」は悪役じゃないもんね(笑)

コメントを投稿

特撮大好き♪」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

モスラ対ゴジラ (昭和39年・1964) (Godzilla and Other Assorted Fantastic Monsters)
モスラ対ゴジラ宝田明 本多猪四郎 星由里子 東宝 2003-04-25 マッハ3の巨蛾か!ミサイル重戦車のゴジラか! 空・海・陸を揺がす世紀の激斗、いま決戦!  世界的なスター怪物"キングコング"と...
モスラ対ゴジラ 07120 (猫姫じゃ)
モスラ対ゴジラ 1964年(東京オリンピック )  本多猪四郎 監督  円谷英二 特技監督  田中友幸 制作  伊福部昭 音楽宝田明 星由里子 小泉博 藤木悠 佐原健二 ザ・ピーナッツ 田崎潤 田島義文 オープニング、タイトルバックは台風8号で荒れ...