極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

愛の流刑地 (2006) 125分

2007-01-13 18:01:47 | 日本映画(映画館)
 ある日、情事の果てに相手の女性を絞殺したとして一人の男が逮捕される。男は元ベストセラー作家の村尾菊治。被害者は夫も子どももいる女性、入江冬香。菊治は、冬香が殺してほしいと望んだからだと主張する。


映画館 ★★★

  寺島しのぶって、ほんとリアルなかんじなんだよね。スタイルは全然よくないし、顔もパーツパーツはいいんだけど、揃え方にしっぱいしたかな?って言うくらいの、言葉は悪いけど十人並みの顔。。。

 でも、その立ち居振る舞いや、垢抜けない服の着こなしなどを総合したら、めちゃ「生身」の女を感じます。そこが一番の彼女の魅力だと思う私です。今、生活感のある生身の女性を演じられる女優さんがあまり見当たらないところにも彼女の個性がとても光ります。

 で・・・この映画
殺したい、殺されたいほどの恋愛を経験していない私にとっては、あまりにもヘビーで、その一番重要な部分が共感できるか否かでこの映画は評価が変わると思います。

 男はずるい・・・男の私ですらそう思うんですが、寺島しのぶの情熱と本気度と徐々に変貌する肉体の反応に思わず腰が引けてしまうトヨエツに、メチャ共感しちゃいます(笑)

 「ヽ(ーー )おぃおぃ・・・そこまでするか?」って思いが彼に見えるんですが、男と女の愛し方はこれほどまでに違うのかな?って思いました。

 ただ・・・原作は渡辺淳一なので、もちろん「男本位」に物語は書かれています。そこのところは勘弁してくださいね(笑)

 それにしても・・・
長谷川京子と豊川悦司は、やっぱこちら側に伝わってこないんだよなぁ・・・それもまた個性なんだろうけどね。

 そそ!思わず笑っちゃうのは、トヨエツがいきなり「方丈記」をそらんじるんです。誰もいないのに(爆)

 そういえば渡辺淳一の作品に「うたかた」ってのがあったなぁ(^^;



コメント (32)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
« ラブシーンの掟  石川三千... | トップ | ファイナル・デッドコースタ... »
最近の画像もっと見る

32 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感! (かくれ)
2007-01-13 21:02:56
寺島しのぶの魅力は「生身」の女を感じさせるところってことに同感!

そりゃ、もし実際にそのへん歩いてたら、うゎっと思うオーラ出してるとは思いますよ。ド素人の我々の中にいたら。
でも、スクリーンの中では、何か生身って感じる。
体温を・・・ (しんちゃん)
2007-01-13 22:05:27
★かくれちゃん
生々しい体温を感じる女優さんです。

かくれちゃんもこの映画観てね
女友達と観るのをお勧めします(笑)
事件として扱いました (PGM21)
2007-01-14 08:51:50
何時もお世話になっております。

まあ寺島しのぶは元々女優になるために生まれてきた方ですからね。スタイルと言われちゃうと厳しいですよね・・・DNAは最高の素材ですけれどね。
この作品は何故この事件に至ったのか?をテーマに観ましたので性的絵写はある意味その延長線上で観ていました。結局ああいう経緯に至った原因はどこかにある訳でその部分を確り捕らえる事ができればその結末に至った経緯はわかりました。
結論は良くないが、気持ちは良く解る作品でした。
わざと (しんちゃん)
2007-01-14 09:25:57
★PGM21さん
この映画の彼女は、わざと下品なスタイルに見えるように着こなしているようにしか思えなかったもんで(笑)白のワンピース・・・メチャ変だったもん(笑)

やっぱ過失でも殺しちゃダメってことだと(笑)
観に行かなくっちゃ~♡ (奈央眠)
2007-01-14 09:46:40
もう始まっているんですよねぇ…。
観に行きたいなと思いつつ、シフトが合わず
時間がないil||li _| ̄|○ il||li 
今週の火曜日に、行くつもりだったんだけど
シフト交替してあげちゃったからなぁ(苦笑
しばらくやっているだろうから大丈夫かな?

寺島しのぶさんは、大好きな女優さんです^^
来月、香川照之さんとの舞台を観て来ます♪
これもちとドロドロ?っぽいのかもしれませ
んけど、いいんです!観たいものは観るって
ことでね。。。って、一人納得してる私^^;
しんちゃんも一緒に観に行こうよって、無理
じゃんね(^w^) ぶぶぶ・・・
ヾ(@^▽^@)ノわはは (しんちゃん)
2007-01-14 13:42:24
★奈央眠
まあひと月は間違いなく公開してると思うよ。
寺島しのぶのね・・・「逝く」ところがすごくリアル(爆)

いいのか?こんな事かいても?(爆)
こんにちは♪ (あかね)
2007-01-15 11:51:47
TBさせて頂きました♪
確かに寺島さんリアル。。。
そしてハセキョーが何か違和感だった私です

ちょっとだけミステリ度を期待しすぎてました(笑)
ハセキョーが悪いんじゃなくって(笑) (しんちゃん)
2007-01-15 12:09:43
★あかねちゃん
どうしても役者さんに批判の目が行っちゃうんだけど、あんな服装やキャラをハセキョーに演じさせたのは監督(笑)
ただし・・・セリフ回しはホントへたくそだったけどね(笑)

ある種一番エロかったのはハセキョーの胸の谷間と脚かも知らないなぁ(笑)(◎_◎;) ドキッ!!としたもんね(笑)
トオル (kossy)
2007-01-16 12:26:15
法廷での証言はどの俳優も涙ながらに訴えてましたけど、一番インパクトのあったのが仲村トオルの「忙しいんだよっ!!」でした(笑)
俺も医薬品業界にいたもんだから、かなり響いてきましたです。
彼こそが・・・ (しんちゃん)
2007-01-16 12:33:08
★kossyさん
一番の被害者でしょうね
そして残された3人の子どもね

まあ、どうしても主人公側の立場に立ってみてしまいますが、ホント酷い話です。

コメントを投稿

日本映画(映画館)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

36 トラックバック

「愛の流刑地」愛無き宣告が愛する人に死を懇願させた悲劇の事件 (オールマイティにコメンテート)
「愛の流刑地」(R-15指定)は渡辺淳一原作の恋愛小説で2004年11月から2006年1月まで日本経済新聞で掲載されて愛ルケブームを起こした作品を映画化したものである。「愛しているから殺した」という恋愛究極のテーマに賛否両論もあり、愛するからこ ...
「愛の流刑地」:東京運輸支所前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}鮫洲の運転試験場、みんないちどはお世話になるところ。 {/kaeru_en4/}18歳越えれば運転免許は取れるけど、免許を持ってりゃいいってもんじゃないよな、車の運転も恋の運転も。 {/hiyo_en2/}恋の運転?なに、その、奇妙な表現。 {/kaeru_en4/}文学 ...
愛の流刑地 (シュフのきまぐれシネマ)
愛の流刑地 (試写会)@TOHOシネマズ・六本木ヒルズ ? のっけから、おぉ!となってしまうよなシーンとトヨエツの脱ぎっぷりと見せっぷりの良さに吃驚 またかい?って思うくらいにやたらとまっぱで絡むので大サービスね。なんて思っちゃうくらいです ...
「愛の流刑地」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
2007年の初映画ネタです。 コマ東宝で昨日公開した「愛の流刑地」を観て来ました。 中年の作家と、愛を知らない人妻が心と体を互いに深く求め合い、 究極の愛情を構築する大人のラブストーリー。 “愛ルケ”現象を巻き起こした渡辺淳一原作の同名のベストセラーを ...
愛の流刑地 / 映画 (あかねのたわごと☆本日記)
昨夜、映画『愛の流刑地』を観てきました♪ STORY:「本当に愛しているなら、わたしを殺して」夏の日の明け方。都内のマンション。女の声に誘われて、男は首に手をかけた―。映画の始まりは、男が女を殺害する場面で幕を開ける。男・村尾菊治は作家であり、専 ...
【2007-6】愛の流刑地 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
私は選ばれた殺人者なのです・・・ もう、だれにもさわらせない
愛の流刑地 (八ちゃんの日常空間)
評価の分かれる映画でしょうか。失楽園を越えるのは難しいかも知れませんが、富司母娘の演技が二人の親子の縮図のように濃縮されていて、それだけでも見ごたえは十分です。狙っているとはいえ、見事なまでに花開いているといった感じです。
愛の流刑地 (ネタバレ映画館)
いいか、よく聞け。過失致死と嘱託殺人の弁明によって、被告人は一気呵成に沈んでいくんだ!
愛の流刑地 (月影の舞)
いやあー、豊川ファンとしては、 豊川さんのからみを見たいような 観たくないような……複雑な気持ちなんだけど、 見届けなければと。 「愛ルケ」パンフ 最初に激しいからみシーンがあって 殺害という衝撃シーンで幕開け。 そして、裁判シ ...
愛の流刑地(ちょこっとネタバレ) (海外ドラマが好き♪)
噂の?愛の流刑地を観てきた。会場に入るのがギリギリだったので ちょっとあせってしまった。 思ったとおり、会場は一杯だったよ・・・。
愛の流刑地 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
現代を生きる、すべての大人の女性に捧げる、“究極の純愛”ストーリー~ 中年の作家と、愛を知らない人妻が心と体を互いに深く求め合い、究極の愛情を構築する大人のラブストーリー。男と女の深遠な愛を描いた渡辺淳一の同名恋愛小説を、TV界で活躍してきた鶴 ...
愛の流刑地 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
現代を生きる、すべての大人の女性に捧げる、“究極の純愛”ストーリー~ 中年の作家と、愛を知らない人妻が心と体を互いに深く求め合い、究極の愛情を構築する大人のラブストーリー。男と女の深遠な愛を描いた渡辺淳一の同名恋愛小説を、TV界で活躍してきた鶴 ...
映画「愛の流刑地」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
冬香と菊治、オープニングでいきなり一糸まとわずのくんずほぐれつ、夫婦仲は既に壊れているとはいえ、お互いに子供もいる身なのに愛欲の炎に身を焦がす 男は村岡菊治(豊川悦司)、ベストセラー作家ながらもう何年も新作に手がつかない、女は入江冬香(寺島 ...
「愛の流刑地」映画館レビュー 僕は映画で感動した。 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
僕は今年はじまってまもないのにこんな映画に出会えて幸せだ。必然的に撮られ 、必然的に素晴らしいから、僕は必然的に感動したのだ。
『愛の流刑地』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『愛の流刑地』情報! 連載中から話題の渡辺文学、早くも映画化! 『愛しているなら、私を殺して』? 究極の愛の果てに 男と女が選んだ道とは… ★review★ 本作は、渡辺淳一の同名ベストセラー小説の映画化 映像化したのはTVドラマの演出家 ...
映画:愛の流刑地 舞台挨拶・ティーチイン試写会 (駒吉の日記)
愛の流刑地 女性限定試写会(有楽町朝日ホール) 「わたしをめちゃくちゃにしてください」 あ、あぶな~!昨日「モンスター・ハウス」の試写会が当たってなければコレが今年最初の試写会になるところだった・・・ でも当選してよかった~(アメブロさん感 ...
愛の流刑地 (future world)
最後は何故か・・ウルッときてしまいました。。。 前評判ではかなりハードだと聞いてはいたが・・・ 何人もの主演女優候補がオファーを断りやっと決まった寺島しのぶ、 当初決まっていた役所広司もなかなか相手役が決まらず業を煮やし降板、そして決まった ...
愛の流刑地 (future world)
最後は何故か・・ウルッときてしまいました。。。 前評判ではかなりハードだと聞いてはいたが・・・ 何人もの主演女優候補がオファーを断りやっと決まった寺島しのぶ、 当初決まっていた役所広司もなかなか相手役が決まらず業を煮やし降板、そして決まった ...
愛の流刑地 (シネ・ガラリーナ)
2007年/日本 監督/鶴橋康夫 <TOHOシネマズ二条にて鑑賞> 「この男はずるい。よって懲役8年」 <物語について> 「殺して」と訴えるほど女を追い詰めたのは、男。そこんとこ菊治はちゃんとわかっているのか。そこまで愛した女なら、なぜ共に苦悩してや ...
愛の流刑地 (勝弘ブログ)
http://www.airuke-movie.com/index.htmlあなたは死ぬほど人を愛したこと有りますか?この映画の名台詞かもしれませんがそういう経験が無いのでorz(?)検事役の長谷川さんかなり怖いかも。ゆれる以降、裁判ネタの映画が
愛の流刑地(映画館) (ひるめし。)
もう、だれにもさわらせない
愛の流刑地 (CINEMA DEPOT's BLOG)
DEPOTのおすすめ度:★★★☆☆ 公開日:2007年1月13日 配給:東宝 監督:鶴橋康夫 出演:豊川悦司,寺島しのぶ,長谷川京子 鑑賞日:2006年1月13日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】 ある朝、情事の果てに女性を絞殺した村尾菊治が ...
この恋愛を永遠のモノにする為に・・・。『愛の流刑地』 (水曜日のシネマ日記)
中年作家と人妻の恋愛を描いた作品です。
愛の流刑地 (ひとり・暮らす・楽しむ-chihanaの場合。)
公式サイトはこちら。 見ちゃいました~(o・∀・o)ポッ でもでも~ トヨエツがいいんですぅ~ 寺島しのぶがいいんですぅ~ トヨエツ演じるかつてベストセラー作家が恋をしていく様子、 作品中にも登場しましたが、まさに「少年のように」ときめいて ...
愛の流刑地 (ひとり・暮らす・楽しむ-chihanaの場合。)
公式サイトはこちら。 見ちゃいました~(o・∀・o)ポッ でもでも~ トヨエツがいいんですぅ~ 寺島しのぶがいいんですぅ~ トヨエツ演じるかつてベストセラー作家が恋をしていく様子、 作品中にも登場しましたが、まさに「少年のように」ときめいて ...
「愛の流刑地」観てしまった! (ぱるぷんて海の家)
この絶対観に行かないと固く誓ってたのにぃ。 なのに友人に無理矢理連れて行かれてしまった。 「愛の流刑地」通称「愛ルケ」の呼び名で2005年春頃から秋にかけて日本経済新聞に連載された。ビジネスマンが朝の通勤電車で隠れるように愛読していて話題になった小説でも...
愛の流刑地 (Schicksal)
愛の流刑地を見てきた。 村尾菊治(豊川悦司)は、恋愛小説のベストセラー作家。ここ最近新作を出せず、妻子とは別居中の45歳。 入江冬香(寺島しのぶ)は、菊治の作品「恋の墓
愛の流刑地 (ミオのブログ)
愛の流刑地『愛の流刑地』(あいのるけいち)は、渡辺淳一の長編小説。2004年11月1日から2006年1月31日まで、「日本経済新聞」朝刊に連載。2006年に幻冬舎から刊行された。略称は「愛ルケ(あいるけ)」。新聞掲載時の挿絵は小松久子が担当。かつては売...
『愛の流刑地』 (京の昼寝~♪)
もう、だれにもさわらせない     ■監督・脚本 鶴橋康夫■原作 渡辺淳一(「愛の流刑地」幻冬舎刊)■キャスト  豊川悦司、寺島しのぶ、富司純子、長谷川京子、陣内孝則、仲村トオル、佐藤浩市、佐々木蔵之介、貫地谷しほり、余貴美子、高島礼子、津川雅...
★「愛の流刑地」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日二本立て鑑賞の1本目。 日経新聞で連載されてた・・っていう官能?法廷サスペンスなの??。 経済新聞には縁もなく、小説も読まないので、もっぱら劇場の予告編から推察。
愛の流刑地 (なんちゃかんちゃ)
「失楽園」の渡辺淳一が朝刊紙に連載した恋愛小説を、ドラマ演出歴40年の鶴橋康夫が映画化。豊川悦司と寺島しのぶが、不倫愛に落ちる作家と人妻を熱演
愛の流刑地 (きむきむのうーろん日記)
近所の映画館で、映画『愛の流刑地』をみてきました。 この作品は、昨年1月末まで日本経済新聞に連載されていた ものでして、私も毎日欠かさず読んでおりました。 そんなわけで、上映開始前から気になっていたこの作品の鑑賞が やっとかなったワケです。 私は映画...
『愛の流刑地』 (銅版画制作の日々)
もう、だれにもさわらせない 昨年「やわらかい生活」で共演した豊川悦司と寺島しのぶが再びコンビを組んだ、『愛の流刑地』を観てきました。日本経済新聞で連載された、渡辺淳一の小説だそうで、読者は経営者、サラリーマン、そしてOLの間で「朝の話題は愛ルケから」とい...
『愛の流刑地』 (Sweet* Days)
原作:渡辺淳一 CAST:豊川悦司、寺島しのぶ 他 STORY:小説家の村尾菊治(豊川悦司)は人妻の入江冬香と愛人関係にあった。ある朝村尾は、情事の果てに冬香の首に手を掛け殺してしまう・・・ 元々見る気は無かったんだけど、友人がえらく涙したった事で一応...
愛の流刑地 (はむきちのいろいろ日記)
ある日、情事の果てに相手の女性を絞殺したとして一人の男が逮捕される。男は元ベストセラー作家の村尾菊治。被害者は夫も子どももいる女性、入江冬香。菊治は、冬香が殺してほしいと望んだからだと主張する。一方、事件を担当する女性検事・織部美雪は調べを進めるうち、...
愛の流刑地 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『もう、だれにもさわらせない』  コチラの「愛の流刑地」は、「失楽園」の渡辺淳一の原作が日本経済新聞で連載され「愛ルケ」現象を巻き起こした来年1/13公開になる映画化なのですが、試写会で観てきちゃいましたぁ~♪  今回の試写会は、公開を1ヶ月後に控えた...