極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

キングコングVSゴジラ (1962) 98分

2007-02-27 19:20:26 | 特撮大好き♪
 TTVの桜井と藤田は、TV番組の視聴率アップのため、スポンサー・パシフィック製薬の多湖部長の依頼で、“巨大なる魔神”を追って南海のファロ島を訪れた。その頃、北極海調査を行なっていた原潜シーホークは発光する奇怪な氷山と遭遇、その中からは休眠していたと思われるゴジラが現れた。


DVD ★★★★

 これはなかなかのコメディです(笑)
有島一郎扮するパシフィック製薬の宣伝部部長の姿はモーレツ社員という懐かしい言葉を思い出させ、今なお変わらない「宣伝マン」の姿をみせてくれます。

 数多くのゴジラ映画の中で、制作年代が古いにもかかわらず、この作品がどこか「垢抜けて」感じるのは・・・やはりこの有島一郎を中心とした「宣伝部」の仕事のシークエンスが都会を感じさせてくれるのかもしれません。

 また、女優陣も浜美枝と若林映子のふたり・・・この映画の数年後にボンドガールとして2人揃って登場することを思えば・・・って、確か007では二人が絡むシーンはなかったんだけどね(笑)

 この映画でのゴジラは通称「キンゴジ」と呼ばれ、歴代のゴジラの造形の中で「モスゴジ(モスラ対ゴジラでのゴジラ)」と並び人気を誇っていますが、正面から見た顔がなかなか爬虫類しています(笑)横顔と正面から見た顔の印象がこんなに違うのも珍しいかも。

 あと・・・この映画の素晴らしい部分は、その音響だと思います。
東宝のこの手の特撮映画のDVDは音響を擬似ステレオ化して「5.1リミックス」収録されていますが、この「キングコング対ゴジラ」はオリジナル音声がステレオなので、その音響効果は絶大です。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 2月公開の映画 (井戸端会議) | トップ | チキチキマシン猛レース »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
熱海城 (猫姫少佐現品限り)
2007-02-27 22:18:18
今度レポートしようと思っています。
秘宝館と共に、、、うぅぅ、、、
(。_。)ウンウン (しんちゃん)
2007-02-27 22:54:41
★猫姫ちゃん
熱海城はまるで子どもの喧嘩みたいな感じでつぶされたよね(笑)

コメントを投稿

特撮大好き♪」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

キングコング対ゴジラ 今年の160本目 (猫姫じゃ)
キングコング対ゴジラ   1962年。7年間ブランクのあとの3作目?でしょ? この間に、怪獣王ゴジラ っていうのがあるんだケド、これはゴジラ のアメリカ版。   7年間のブランクに、何があったのかはわかりませんが、 「お子ちゃまモンスターコ...
キングコング対ゴジラ (昭和37年・1962) (Godzilla and Other Assorted Fantastic Monsters)
キングコング対ゴジラ本多猪四郎 高島忠夫 藤木悠 東宝 2001-04-21 ゴジラ勝つか?コング勝つか?世紀の大決斗! パワーのキングコングか、放射能火炎のゴジラの勝利か!?世界をまたにかける大激...