極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

ミュンヘン (2005) MUNICH 164分

2006-02-04 22:33:37 | 外国映画(映画館)
 1972年9月、ミュンヘン・オリンピック開催中、武装したパレスチナのテロリスト集団“黒い九月”がイスラエルの選手村を襲撃、最終的にイスラエル選手団の11名が犠牲となる悲劇が起きる。これを受けてイスラエル政府は犠牲者数と同じ11名のパレスチナ幹部の暗殺を決定、諜報機関“モサド”の精鋭5人による暗殺チームを秘密裏に組織する。チームのリーダーに抜擢されたアヴナーは、祖国と愛する家族のため他の4人の仲間と共に冷酷な任務の遂行に当たるのだが…。

 映画館 ★★★★

 1972年のミュンヘンオリンピックは当時小学校6年生の私にとって、初めてちゃんと記憶に残るオリンピックでした。その前の1968年メキシコは8歳だったしね。
平泳ぎの田口、バタフライの青木、男子バレーボール、体操団体4連覇と加藤沢男の個人総合、塚原の月面宙返り、レスリング、柔道などで日本は13個も金メダルを取ったんです。
 子どもの私にも、この「黒い九月事件」は鮮明でした。
簡単に説明をしますと
 「9月5日 パレスチナゲリラが選手村のイスラエル選手宿舎を襲撃。イスラエル選手団のレスリングコーチとウエイトリフティングの選手を殺害した後、9人を人質にした。救出は失敗し、銃撃戦の末、人質9人全員とゲリラ5人、警官1人が死亡する大惨事となった」
 ってことなんです。イスラエル側はこの報復として犠牲になった11人と同数のパレスチナ幹部を殺害する・・・っていう映画なんですね

 で・・・この映画、それこそ2000年以上にわたって繰り広げられているパレスチナとイスラエルの問題を、ユダヤ系であるといわれているスピルバーグ監督が作ったってことで、物議を醸し出し、ちょっとした社会問題まで発展しているみたいなんですが、先日発表された第78回アカデミー賞にも作品賞や監督賞にノミネートされています。内容的に、ちょっと難しい話かな?って危惧もしたんですが、アクション映画としてめちゃ面白かったです。もちろん主人公の苦悩ももりこまれ、人間ドラマとしても見所充分なんですが、160分以上の長編を一気に見せてくれます。

 「娯楽作品」としての部分が、さすがにスピルバーグはうまいんですね。めちゃ緊張する場面でもこちらがくすっと笑うようなシーンが幾度か出てきます。
 冒頭の「オリンピック村」でのテロのシーン・・・これは当時のニュース映像とこの映画の映像とが本当にうまく溶け合って、めちゃ迫力ある映像となっていました。
 この映画はもちろんイスラエル側からの視点で描かれてはいますが、どちらが正しいかなどとは答えが出せないかもしれません。もちろん日本の立場はイスラエル側なんですが・・・

 しかし・・・日本の映倫もよくわかりません
この映画は相当残酷だし、ヌードシーンもちらほら。。。
しかしPG12ってことで、12歳以下の子どもは大人と一緒なら見てもいい作品となっています。やはりこれはR15・・・すなわち中学生以下は見てはいけない映画としてもいいんじゃないかな?

コメント (15)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
« 単騎、千里を走る。 (2005)... | トップ | やっぱ・・・買っちゃいまし... »
最新の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おもかった・・・ (しぃちゃん)
2006-02-05 02:21:36
思ったよりは分かりやすかったけれど・・・

ず~~んと残る映画でした!!



160分が長くもなく感じられたのは・・・ところどころに国を思うだけでない、人間性を感じさせてくれたからではないのかと・・・

最後のシーンの”ツインタワー”印象的でしたね!!



爆破のシーンがまだ引きずってます!(笑)
よかった!! (はむきち)
2006-02-05 03:24:41
面白かった\(^o^)/

本当・・ハラハラ、ドキドキであっという間に時間がすぎました!!



私はこの重さがたまらなく好きですね。。

主人公の最後の方の壊れそうな気持ちがたまらなかったです。。



この映画でこの事件のことを知ったのですが、色々知れてよかったです。。







(。_。)ウンウン (しんちゃん)
2006-02-05 08:50:06
★しぃちゃん

パレスチナとイスラエルのことについてみんな分かってるって前提での映画だからね

宗教と国家が絡むとどちらにも「正義」があるのでこの問題は永遠かもしれません

1970年代半ばには「飛び鳥を落とす勢い」のWTCビルだったね。キングコングも1975年のリメイク版では登っていました(^^;



★はむきっちゃん

スリルとサスペンスに満ちた映画でした

電話機爆弾のシーンは本当にドキドキしましたね(^^;

「殺人者」と「良きパパ」の部分の使い分けがエリック・バナのナィーヴなキャラにはうってつけだったかも

ただし・・・妊婦相手にちょっとあれは・・・ヾ(@^▽^@)ノわははさすがの私も引きました(爆)



やっぱあのシーンも含めてR15だよね(笑)
ツインタワー (kossy)
2006-02-07 01:07:09
リメイク版『キングコング』ではビルからビルへと飛び移ったコングだったけど、あの2本のビルってどのくらい離れていたんでしょうか。



あ、冒頭シーンだけ見たい!
ヾ(@^▽^@)ノわはは (しんちゃん)
2006-02-07 01:24:41
★kossyさん

どうやら寝ちゃったみたいね(笑)

冒頭はテロリストたちが間抜けに選手村へ侵入するシーンでした。どこかの国の選手たちが策を乗り越えるのを助けてあげるんだよ(笑)



どのくらい離れてたんだろうね?

50m以上は離れてるんじゃ?



よかった (shoegirl)
2006-02-08 00:31:35
なるほど、スピルバーグはユダヤ系なんですね。

でも、どちらの味方もしていなくて

アブナーの苦悩と人殺しのばからしさに焦点をしぼっていたと思いました。

そうでなければもっと重くて見ていられないかもしれません。

監督が訴えたい所がそこなんだと思うので

映画作品として楽しめるし、気重になっても安心していられるのだと思います。
珍しく・・・ (しんちゃん)
2006-02-08 00:48:58
 ★shoegirlちゃん

彼の映画でほとんど初めてじゃないかな?

あんな生々しいラブシーン



 あれこそがこの映画で訴えたい部分じゃないかな?って気がしました



 祖国のためイデオロギーのため殺戮を繰り返す主人公・・・そしてその彼にも守るべき新しい命の誕生・・・皮肉な話ですよね
そうだ!! (shoegirl)
2006-02-08 00:53:52
あのシーン、忘れていました。

あれはちょっとな~~~

ま、エリックバナだからいいけど、

もしキアヌ様だったら号泣でした。

本当に出産前日までしてる人達を知っているので

尚の事ナマナマしかった・・・。
ヾ(@^▽^@)ノわはは (しんちゃん)
2006-02-08 07:53:43
★shoegirlちゃん

しかも。。。妊婦相手にあんなに汗かくくらいだもんね(笑)



この映画PG12なんだって・・・

ホント映倫の基準は分からん(爆)
なるほど~・・・ (Qchan)
2006-02-11 23:33:29
私はあのシーンは違う意味で受け止めてた。

きつい決断を迫られて・・・身の置き所がないと言う、

それに対する心の安定感と言うか、そう言うのを求めてのことだと思ってた。

あと、もしかしたら、最後の別れになるかもしれない、

我が子を見ることもできないかも知れないと言う

焦燥感にかられてとか、

そういう意味に取ってた、、、。

コメントを投稿

外国映画(映画館)」カテゴリの最新記事

34 トラックバック

ミュンヘン (ネタバレ映画館)
 また爆弾の量を間違えちゃったよ・・・ってシャレにならないんですけど・・・  イスラエルとパレスチナの仁義なき戦い。復讐が復讐を呼び、際限なき憎しみが連鎖する。ご存知のとおり、スピルバーグ監督はユダヤ人であるけど、どちらが悪いなどといった次元の映画ではな
ミュンヘン (Akira\'s VOICE)
事実以上の驚きは無い。 でも,響くメッセージは胸に刺さる。
ミュンヘン (とにかく、映画好きなもので。)
  1972年の9月5日、ミュンヘンオリンピックの最中。  パレスチナゲリラ \"黒い九月(ブラックセプテンバー)によるイスラエル選手団襲撃事件が選手村で起こる。  結果、選手、コーチを含めた11名が全員死亡した。  これに対抗して、イスラエル
Munich (遠慮無く…書くよ!)
久々に骨太の映画を観た思いでした。胸が苦しくなりましたけど・・・。色んな見方ができる映画です。Espionageモノのとしてもかなりのリアリティーを持ってますし、パレスチナ問題
『ミュンヘン』・・・3時間はあっという間でした (★shoegirl★)
スピルバーグがこの映画を通じて何を一番訴えたいのか、 そこのところをshoegirlはなんとほぼ1日中考えてしまいました。 次回の映画コラムのネタにしたいというところもあって、 とりあえず自分の中でパンパンになるまで 映画『ミュンヘン』について考えてみたのです。 色々
★「ミュンヘン」 (ひらりん的映画ブログ)
公開初日のナイト・ショウで観てきました。 スピルバーグ監督の映画という事で、夜中にしてはまずまずの入り。 原題は「MUNICH」。 2005年製作のサスペンス・ドラマ、164分もの。
ミュンヘン・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
久々に本気のスピルバーグは、やはり凄い。 暗殺者になる使命を受け入れる事で、永遠の重荷を背負ってしまった一人の男の長く悲しい心の旅を描く、ある種のロードムービー。 「ミュ
映画のご紹介(92) ミュンヘン (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(92) ミュンヘン- こんなこと言っちゃいけないけど 彼のエンターテーメント的な映画が 懐かしいなあ 2006年第78回アカデミー賞主要5部門ノミネート(作品、監督、編集.
映画のご紹介(92) ミュンヘン (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(92) ミュンヘン- こんなこと言っちゃいけないけど 彼のエンターテーメント的な映画が 懐かしいなあ 2006年第78回アカデミー賞主要5部門ノミネート(作品、監督、編集.
ミュンヘン (はむきちのいろいろ日記)
1972年9月、ミュンヘン・オリンピック開催中、武装したパレスチナのテロリスト集団“黒い九月”がイスラエルの選手村を襲撃、最終的にイスラエル選手団の11名が犠牲となる悲劇が起きる。これを受けてイスラエル政府は犠牲者数と同じ11名のパレスチナ幹部の暗殺を決定、諜報機
『ミュンヘン』 2006・2・5に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『ミュンヘン』  公式HPはこちら  ENTTER SITEでFlash版 ●あらすじ 1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピックの選手村で、パレスチナゲリラ(黒い九月)のテロにより、イスラエル選手団11人死亡した。イスラエルの機密情報機関(モサド)は、報復の
ミュンヘン鑑賞 (*+She Said+*)
この前『ミュンヘン』を観てきました ストーリー 1972年のオリンピックで11人のアスリートが殺された。 深い哀しみの中、政府がくだした決断は<報復>── この映画は史実に基づいた物語である。 1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中、パレスチナ...
ミュンヘン (八ちゃんの日常空間)
本年度映画鑑賞50作目。うち劇場観賞25本目。 スピルバーグが正攻法できっちり作って狙っている作品。 どれだけの賞を取れるか見もの。 事実に基づく切なく悲しい映画だ。
「ミュンヘン 」 Munich (俺の明日はどっちだ)
頭脳警察の PANTA が、♪ 銃を取って叫べ! あるいは、♪ さようなら世界夫人よ と歌っていたあの頃、連合赤軍の浅間山荘事件が起きて心情的に多くの人たちの中に70年安保の終焉を感じ、またイスラエルのテルアビブ、ロッド空港での日本人ゲリラ奥平剛士、安田安之、岡本公
ミュンヘン (悠雅的生活)
報復が齎す孤独と苦悩
ミュンヘン (Alice in Wonderland)
本日は朝から首が痛く夕方になっても治らなかったのだけど2時間44分のミュンヘンを観に来ました。話に盛り上がりはなかったものの平和ってなんなんだろう?正義ってなに?と悩まされる映画でした。ただ中東問題やパレスチナ問題などの知識のなさに少し凹んでしまいまし...
【劇場鑑賞12】ミュンヘン(MUNICH) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
1972年ミュンヘン・オリンピック 世界は11人のアスリートが 殺されるのを目撃した この映画は、その後の物語である。
ミュンヘン (なんちゃかんちゃ)
 1972年ミュンヘンオリンピック、11人のアスリートが殺されるのを世界は目撃した。これはその後の話である
ミュンヘン (映画で綴る鑑賞ノート)
お互いが銃を向け合い、身動きが取れなくなったときに、 先に銃を下ろすのは、とても勇気がいることです。 助かる保障など、どこにもありません。 アクション映画にありがちな、ワンシーンがとても印象に残りました。 かりに、目の前の敵を倒したとしても、 憎しみを、より
■〔映画鑑賞メモVol.9〕『ミュンヘン』(2005/スティーヴン・スピルバーグ) (太陽がくれた季節)
~「第20回冬季トリノ五輪開催記念」(^^)あれこれ―その2:ああ、ミュン篇(^^) →その1:ああ、トリノ五輪篇~僕のメダル獲得予想は「金3、銀3、銅4」は、こちら! →その3:ああ、名古屋篇~ストーンズ「名古屋公演」行くか行くまいか...は、(※後刻!)
社会派超大作「ミュンヘン」見てきました (よしなしごと)
 30個目のアカデミー賞受賞なるか?スティーブンスピルバーグの「ミュンヘン」を見てきました。
ミュンヘン (Imagination From The Other Side)
1972年のミュンヘン・オリンピックで起きたパレスチナ・ゲリラ\"黒い九月(ブラック・セプテンバー)\"によるイスラエル選手殺害事件とその後のイスラエル暗殺部隊による報復の過程を描いたサスペンス・ドラマ。 原作は、暗殺部隊の元メンバーの告白を基にしたジョージ・ジョ.
ミュンヘン (toe@cinematiclife)
第78回 アカデミー賞 作品賞、監督賞 ノミネート作品 1972年のミュンヘンオリンピックで実際に起きた事件を元に描かれたこの映画。 その事件は、「オリンピック選手村で11人のイスラエル代表が殺された」というものであり、犯人はパレスチナ人だった。 当時、生まれたばか
『ミュンヘン』 (ストーリーの潤い(うるおい))
「今はいがみ合っている者同士でも、人間的なコミュニケーションを続ければ、いつかはそれが、殺し合いの抑止力になる」 そう感じさせられるシーンがいくつも。
映画「ミュンヘン」 (いもロックフェスティバル)
この映画の背景を知るには、パレスチナとイスラエルの歴史、ならびに(この映画には
「ミュンヘン」 (共通テーマ)
1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中に起きたイスラエル選手団襲撃事件。選手11名は全員死亡。モサドはゲリラ11名の殺害を企てる・・・ 「わたしは正しいのか?」。 スピルバ
ミュンヘン   -劇場- (坂部千尋のsparrow diary)
   ミュンヘンを観終わってお家に帰った千尋に「私も超観たかったのに{/ee_3/}{/hiyo_cry2/}」と大声で訴えるマミー{/niwatori/}よく考えたらマミーは、学生運動世代で、ミュンヘン事件もリアルタイムでニュース見てて、そういやおまけにエリック・バナのファンでした{/fac
ミュンヘン   -劇場- (坂部千尋のsparrow diary)
   ミュンヘンを観終わってお家に帰った千尋に「私も超観たかったのに{/ee_3/}{/hiyo_cry2/}」と大声で訴えるマミー{/niwatori/}よく考えたらマミーは、学生運動世代で、ミュンヘン事件もリアルタイムでニュース見てて、そういやおまけにエリック・バナのファンでした{/fac
ミュンヘン (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 164分 監督 スティーヴン・スピルバーグ 原作 ジョージ・ジョナス 脚本 トニー・クシュナー 、エリック・ロス 音楽 ジョン・ウィリアムズ 出演 エリック・バナ 、ダニエル・クレイグ 、キアラン・ハイ ...
憎しみの渦 (藻、たくさんの日々。)
タイトルの表現が適切かわかりませんが… 昨日観た映画をレビューしてみましょう。 まず、「ミュンヘン」から。 黒い九月への報復作戦のメンバーに選ばれた主人公。 初めはためらいつつ、殺人を実行していきます。 ついには、自分もターゲットにされ ...
スティプン・スピルバーグ監督『ミュンヘン』再考 (詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記))
監督 スティプン・スピルバーグ 出演 エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、キアラン・ハインズ、マチュー・カソヴィッツ、ハンス・ジシュラー  この映画のキイワードは料理である。料理が殺しと家族を結ぶ。殺し-料理-家庭がシンクロして映画に深みがでる ...
ミュンヘン (シネマ通知表)
2005年製作のアメリカ映画。 全米週間最高6位、興行成績$47,403,685。 スピルバーグ監督が、ミュンヘンオリンピック開催中に起こった、パレスチナゲリラによる11人のイスラエル選手団襲撃事件と政府の報復を描いた問題作。暗殺チームのリーダーに任命されたアヴナーは、...
ミュンヘン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『わたしは正しいのか?』  今日は2/4公開のコチラの映画を観てきました。1972年9月5日にパレスチナの武装テロ集団”ブラック・セプテンバー(黒い9月)”によるミュンヘンオリンピック事件に端を発した事実を基に描いた映画です。  コチラの事件は、全米に中継さ...
映画評:ミュンヘン (写真と映画のブログ)
1972年9月5日未明。 ミュンヘン・オリンピック競技場内の選手村に、“黒い九月”と呼ばれるテロリスト集団が侵入した。 “黒い九月”...