極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

ただ、君を愛してる (2006) 116分

2006-11-12 16:20:41 | 日本映画(映画館)
 大学入学式の日、誠人は幼い容姿の個性的な女の子、静流と出会う。人と接することが苦手で大学生活になかなかなじめない誠人だったが、静流とは自然と打ち解けることができた。写真が唯一の趣味の誠人といつも一緒にいたい一心で自分もカメラを手に取る静流。そして2人でキャンパス裏の森へ写真撮影に出かける日々が続く。

映画館 ★★★

 「男女間で友情は成り立つかな?」
 なんて言ったのはあんたやん!ってめちゃ突っ込んでた私です(笑)もちろん、この映画でのヒロインはめちゃ可愛いので、そんなことはどうでもいいんですが(笑)ラブラブ光線にもめげずに、彼女のことを抱けなかった彼がよくわからないんですが(笑)最近の若い男の子ってこんな子が多いのかな?

 終始彼女のペースで物語りはすすみ、優しすぎるのかバカなのかよくわからない彼って肝心な時に
「ん?」「なに?」しか言わないんだもんね(笑)

 彼のキャラ設定は・・・まあ、納得できるんです。
彼の女性への、そして他の人への「距離感」を段々うずめてくれたのは彼女なんですよね。

 でもね・・・彼の立場・・・確かに鈍感で優しいのかバカなのかよくわからない彼だけど、彼の立場でこの映画を見たら、ヒロインが自分勝手に思えて仕方がないんです。もちろん、ヒロインの気持ちも痛いほど分かるし、成長したら死んでしまう・・・この映画の中で言うならば、恋愛をして女性ホルモンの分泌が盛んになれば、死期を早めてしまうという難病なので・・・その割にはお母さんは子供を一応二人授かったらしいけどね。

 彼の立場なら、すべてを告白してもらって、生きている限り一生懸命彼女を愛した上で、最期を看取りたいよね?そのことで死期が1年2年早まるのかもしれないけれど・・・やっぱこれは男の勝手かな?愛した人には一日でも多く生きて欲しいっていうのも本音かもしれないね。

「今私とHしたら・・・確実に死期が早まります」なんていわれて
「抱いて・・・」なんて迫られても、腰が引けちゃうか(^^;

 しかし、そういったことも彼はまったく知らないで数年、彼女を待って過ごしてきたんだもんね。彼の気持ちの持って行き場が無いのがとても可哀想だったなぁ

 しかし、とても綺麗な映画で、ヒロイン宮崎あおいも本当に可愛かったなぁ・・・あの「立ち入り禁止」の森は二人にとっての「エデンの園」だったんだね。

 「鶴の恩返し」や「竹取物語」も思い出した私です。「人魚姫」ってのもあったね(笑)

コメント (8)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« お尻ペンペンしたくなりました | トップ | TANNKA 短歌 (2006)... »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
男の側かぁ・・・。 (じゃすみん)
2006-11-12 18:34:45
NANAのときもそうだったね。やっぱり男からみるとそうなんだろうか。
私は結構男っぽい性格だから 反対にこういうふうな性格うらやましいって感じで。
あっ、しんちゃんって どっちかというとあおいちゃんタイプだったりして?
もちろん (しんちゃん)
2006-11-12 19:04:41
★じゃすみんちゃん
「虹の女神」でもこの映画でも男が情けなくってさ(笑)もちろん、相手のことを嫌いどころか好きなんだよね?で、それ以上進むつもりはない・・・

やっぱ今の男の子ってこんな感じなのかな?
主導権を女性が握るようになって、男の子も大変だよなぁ・・・

たとえばこの映画の主人公。
薬のにおいがきついからって神経質になるって発想は、イマドキなのかもしれないなぁ

 宮崎あおいはめちゃかわいいやん(笑)
もちろん女の子はみんなかわいいと思うけど(爆)
私も・・・ (Qchan)
2006-11-12 22:12:13
どっちかと言うと誠人目線で見ていたんだけどね・・・
だったら・・・ (しんちゃん)
2006-11-12 22:15:59
★Qちゃん
彼がかわいそうだったでしょ?(笑)
彼女の決意も可哀想なんだけど。。。
ちゃんと告白して貴重な二人の時間を過ごすって手段はなかったのかなぁ?
なんだか (kossy)
2006-11-13 00:40:27
若い男だったら半年もすれば結構忘れてしまうと思うのですが、いかがなものでしょうか。
この映画と「虹の女神」を観る順番が違っていたら、また評価にも影響したかもしれません・・・
設定は確かに似てるけど (しんちゃん)
2006-11-13 00:53:10
★kossyさん

この映画を観たあとなら「虹の女神」がいかにリアルなお話だってことを感じました。

ただ、虹の方は彼はヒロインの死を「普通」にとらえてましたよね?

たまたま妹と話をして、その時点で気が付いて、しかしたぶん立ち直りははやいと思うけど。



こちらの方は物語としては秀逸かもしれません。映画らしいファンタジーと捕らえることも可能\です。

ただ…やはり彼は被害者だなあって気持ちが強くて(笑)

「据え膳」食わなかった罰をお返しされているような気もします。

ヒロインの心中はすべて判明してから私たちに響きますが、やはり彼の立場では恐くて手がだせないと思いました。

そうなってくると、一番可哀相なのは、あの憧れの君なのかもね(笑)
私も・・ (はむきち)
2006-12-01 19:39:50
しんちゃん・・始めはあおいちゃんの目線で映画を観てたけど、だんだん彼の目線になってきて・・
ほんま・・あおいちゃん・・ちょっと勝手やん!!って思ってしまったし、最後彼はあの待ってた2年間は???な感じにならなかったかなぁ~って思ってめちゃ!!可哀想に思ってしまったわ~顔(T_T)(T_T)
最初の夜に・・・ (しんちゃん)
2006-12-01 20:38:32
★はむきっちゃん
「えっち」してたら渡米前に死んでたかもなぁ(^^;

 ほとんど「ファンタジー」だったと思うのね。
「かぐや姫」や「鶴の恩返し」を思い出したよ

 男が可哀想過ぎます(T^T)

コメントを投稿

日本映画(映画館)」カテゴリの最新記事

11 トラックバック

不覚にも涙・・・。「ただ、君を愛してる」【ちょっと編集追記】 (海外ドラマが好き♪)
今日は1日。映画の日だったので 「ただ、君を愛してる」っていう映画を観てきたよ。 予告編もいい感じだったし、この間テレビで玉木くんが話してたし、観てみたかったの。
【劇場鑑賞117】ただ、君を愛してる  HEVENLY FOREST (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
生涯ただ一度のキス ただ一度の恋 『ねぇ、誠人。あのキスのとき、少しは、愛はあったかな・・・』
ただ、君を愛してる (なんちゃかんちゃ)
「いま、会いにゆきます」の市川拓司の原作を、玉木宏と宮崎あおい主演で映画化した切ない恋物語。2003年に公開した「恋愛寫眞 Collage of Our Life」のアナザーストーリー
『ただ、君を愛してる』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
メガネっ娘に、萌えっ! 小首を傾げる、“んっ?”って、表情に萌えっ! 再三の暴走失礼しました。m(_ _)m 恋する事の瑞々しさ、キラキラと輝く様な生の一瞬、一瞬を切り取った様な、ピュアで爽やかで、メガネっ娘に萌える(もう良いって!)映画「ただ、君を愛し ...
ただ、君を愛してる (ネタバレ映画館)
宮崎あおいが演ずるアラレちゃん。難病らしいけど、則巻博士の手抜きでしょ・・・
『ただ、君を愛してる』 (京の昼寝~♪)
生涯ただ一度のキス ただ一度の恋恋をすると、死んでしまう・・・。   ■監督 新城毅彦 ■脚本 坂東賢治■原作 市川拓司(「恋愛寫眞 もうひとつの物語」小学館刊)■キャスト 玉木宏、宮崎あおい、黒木メイサ、小出恵介 □オフィシャルサイト  『 ...
ただ、君を愛してる (C'est Joli)
ただ、君を愛してる’06:日本 ◆監督:新城毅彦「レガッタ」「アルジャーノンに花束を」(共にTV)◆出演:玉木宏/宮崎あおい/黒木メイサ/小出恵介/上原美佐/青木崇高/大西麻恵 ◆STORY◆ストーリークリスマスのNY。誠人は、なにも言わず姿を消した大切な ...
ただ、君を愛してる (いろいろと)
  出演  玉木宏、宮崎あおい、黒木メイサ        小出恵介 ほか 大学
【劇場映画】 ただ、君を愛してる (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 大学入学式の日、誠人は幼い容姿の個性的な女の子、静流と出会う。コンプレックスのため、人とうまく付き合えない誠人だったが、彼女とは自然に打ち解けることができた。静流も誠人といつもいっしょにいたい気持ちから、カメラを手にするようにな ...
ただ君を愛してる (勝弘ブログ)
http://www.aishiteru.jp/index.htmlいま会いにゆきますの市川拓司原作宮崎あおいさん、、すごいです。役者としてもそうですが何をやっても様になるというか「初恋」では自転車のパンクを直すシーンがよかったですし今回
ただ、君を愛してる (はむきちのいろいろ日記)
大学入学式の日、誠人は幼い容姿の個性的な女の子、静流と出会う。人と接することが苦手で大学生活になかなかなじめない誠人だったが、静流とは自然と打ち解けることができた。写真が唯一の趣味の誠人といつも一緒にいたい一心で自分もカメラを手に取る静流。そし ...