極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

ハチミツとクローバー(2006) 116分

2006-07-30 19:15:09 | 日本映画(映画館)
 浜美大に通う純朴青年、竹本。彼は花本研究室で知り合った森田、真山、あゆら先輩美大生たちと騒がしくも楽しい学園生活を送っていた。そんなある日、花本先生の姪のはぐみが入学してくる。可憐な容姿に似合わぬダイナミックな絵を描くはぐに、竹本は一瞬にして恋に落ちてしまう。

映画館 ★★★★

 結局原作は第二巻途中までしか読まないで見に行った私
でもね、これって映画はなかなか良かったよ(=^_^=)
CM出身の監督なので、一つ一つのエピソードの羅列しかできない・・・って言うイケズな見方も出来ますが、私は、そのシーンそのシーンで監督の伝えたいことがちゃんと描かれていた気がします。

 主演は一応「嵐」の桜井クンってことなんですが、彼が一人浮いてるんです。彼だけが現実で、ある種私たちの目線なのかもしれません。この彼の違和感こそが監督の狙いとするならば、めちゃ適役だったと思います。

 映画の中の「青春」はもどかしいくらいなんですが、今時の「冷めた」恋愛事情っぽいし、今の若者はこんな感じでお互いに気を使いながら恋愛してるのかな?なんて思っちゃいますが、まさにこの感じは今時なんだろうなぁ(笑)

 伊勢谷友介の映画は数本見ていますが、この役が一番しっくり着たように思えますし、蒼井優もめちゃ透明感あふれてて良かったです。

 さて!原作最初から読まなきゃね(笑)

コメント (15)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« 町会盆踊り2日目 | トップ | 笑う大天使(ミカエル)(2005... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (野花)
2006-07-30 22:20:16
TVでおすぎだったかピーコだったか分かんないけど(笑)

この映画は桜井くんが居たからこそ成立した映画だなんて言っていたよ

だけど、今時セックスのセの字も無い映画なんて

信じられないでしょ~~

って例のおかま口調で言っていました(笑)

漫画はすごい売れ行きのようだね



みなちゃんとかは漫画で読んだりしているのかしら

我娘のブームは「デジモン」で、毎晩見せられています((((_ _|||))))ドヨーン

透明感 (kossy)
2006-07-30 22:42:34
こんな大学生活ができるのなら、もう一度経験したいものです。

俺的には関めぐみが一番良かったと思うのですが、あの場面で「好き」と言われたら・・・もどかしい(笑)
一箇所だけ (しんちゃん)
2006-07-30 22:49:20
★野花ちゃん

キスシーンが・・・しかもそれもあやふやで(爆)

まあ、今の若い男の子たちの「オス」の部分が去勢されてるって感じがよく出てました(笑)



原作は私が買って・・・ヾ(@^▽^@)ノわはは

娘はぜんぜん興味が無いみたいです(爆)

私は今宵から読むつもり~(笑)



★kossyさん

関めぐみのひたむきさが彼には恐かっただろうし、重荷だったんだろうなぁ(^^;

で、この先どうなるのかは知らないんだけど、ずっとこんな感じなのかも(笑)



そもそも芸大でなにを教えるのかな?って思いがすごくしたよ。

主人公と真山は「職人」で他の人は「芸術家」

その違いがとても面白かったです
なんかさ (Qchan)
2006-07-31 17:15:37
もどかしいと言うか、冷めた恋愛事情と言うか、

そうだよなぁ~って感じでスーっと流れていったのよね・・・

私的にはどれもまともに見えたけど・・・

ひとつ気に入ってるところが、ガラクタ置き場みたいなところで

はぐちゃんと伊勢谷友介がペンキを投げつけるように描きなぐっていて

最終的には手で描いてたとこが好きだったな~♪

(。_。)ウンウン (しんちゃん)
2006-07-31 18:25:08
★Qちゃん

あまりびっくりするようなお話じゃなく、淡々としたドラマだったよね



あのシーンはなかなかいいよね(^^;

ギャラリーも拍手したりしてね



やっぱ桜井君が「はみご」になっちゃうのかなぁ(^^;コミック読み直してるんで楽しみなんだけどね(笑)
この映画好き\(^o^)/ (はむきち)
2006-08-01 16:01:04
この切ない感じとか、言葉とかがヤラレちゃいました!!

蒼井優ちゃんのフワ~~ッとした感じがとても可愛かったなぁ~♪



最後は泣いちゃいました(笑)
うんうん (しんちゃん)
2006-08-01 18:38:05
★はむきっちゃん

もう少し面白くないのかな?って思ってたんだけど、いい意味で期待を裏切られて満足の私です



癒されるよね・・・特にあの先生のキャラがいいなぁ

いつもニコニコしててさ。余裕があって。
まだ、文句いうてる。 (Ageha)
2006-08-02 15:35:36
原作のほうは

「片思いにこそ意味がある」的な話で

話が進まないからこそ切ない。

本来こんなにも、もどかしい中途半端な状態を

胸キュンドラマにするために

ギャグとシリアスが極端で、

言われてみたい台詞の

オンパレードだったりするんですな、これが。



映画は原作のパステルトーンというか

もうピュアな部分をいっしょうけんめい出そうとしてて

それはそれで解ったつもりだったのですが

・・・なんていうか、

「恋愛が進展しないこと」にイライラした段階で

あーダメだと自分は思ってしまったわけで。

何より真山が・・・(やめときます・・笑)
o(*^▽^*)oあはっ♪ (しんちゃん)
2006-08-02 20:54:07
★Agehaさん

私は2巻途中まで読んだ状態で見に行ったんだけど、映画は映画ですごくよかったよ



原作の「よさ」がまだわかっていない状態で見たからかもしれないけれどね



ども!僕も原作読んでません!! (てれすどん2号)
2006-08-03 00:51:12
でもすごい入り込んで観ることができました。蒼井優、かなりみとれてしまいましたよ(笑)ほとんどが、役にウマクなりきっていたと思います。

コメントを投稿

日本映画(映画館)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

21 トラックバック

ハチミツとクローバー (ネタバレ映画館)
『頭文字D』の主役の車はハチロクだが、この映画の略はハチクロ。『NANA』のハチは宮崎あおいだが、この映画のはぐみは蒼井優だ。と、ろくでもない書き出しになってすみません。
ハチミツとクローバー (なんちゃかんちゃ)
人気グループ、嵐の櫻井翔や、話題作への出演が続いている俳優の伊勢谷友介、女優の蒼井優らが切ない片思いを熱演。人気少女マンガが原作の、甘く切ないラブ・ストーリー
【劇場鑑賞74】ハチミツとクローバー(honey and clover) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人が恋に落ちる瞬間をはじめて見てしまった 僕は、この日のこと、この日から始まったことの全てを忘れ決して忘れないだろ う 僕は、自分が彼女のために出来ることの少なさ、小ささに、愕然としていた 僕が彼女のために出来ること・・・
映画:ハチミツとクローバー (駒吉の日記)
ハチミツとクローバー@シネマライズ 「人が恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった」 全員片思い。好きな人に何ができるかを必死で考えて、笑ってくれたり一緒にゴハンしたら一日にやにやしてしまう、キラキラなストーリーでした。 何かをしてくれたから、好 ...
ハチミツとクローバー (はむきちのいろいろ日記)
浜美大に通う純朴青年、竹本。彼は花本研究室で知り合った森田、真山、あゆら先輩美大生たちと騒がしくも楽しい学園生活を送っていた。そんなある日、花本先生の姪のはぐみが入学してくる。可憐な容姿に似合わぬダイナミックな絵を描くはぐに、竹本は一瞬にして恋 ...
「恋愛寫眞」のような映画。~「ハチミツとクローバー」~ (ペパーミントの魔術師)
レディースデイの梅田ガーデンシネマ。10:10。 整理券を発行しますということだったんで 初日はやめたんですが、水曜日なんで30分まえには到着。 圧倒的に女性客だったんですが、ラブ☆コンよりも かなり年齢層が上。(笑)今回は安心して混じりました、 ...
芸大生が原作読まずに観た「ハチミツとクローバー」(+ちょっとゲド戦記(笑)) (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ )
まさに期待を裏切られた、良い意味で。邦画の良さを、芸大の良さを、恋の良さを、ストレートに感じた瞬間だった。ハチミツとクローバー、原作の漫画ファンでもないし、公開場所も時間も少ない(近畿は梅田ブルグへ急げ)が、是非お勧めしたい一作である。 邦画 ...
ハチミツとクローバー (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <シネマライズ> 監督:高田雅博 原作:羽海野チカ 脚本:河原雅彦 高田雅博 うーん。観終って正直微妙なキモチでした。 映像はキレイ。 ストーリーはよくまとまってる。 配役もナカナカ。というか蒼井優チャンは存在感も演技もずば抜けて ...
ハチミツとクローバー「天才変人5人による恋愛模様も問題ありの数々・・・」 (オールマイティにコメンテート)
「ハチミツとクローバー」は人気漫画「ハチミツとクローバー」の実写版でとある美大に通う変わり者5人の美大生による恋愛群想起である。話題のある映画だったが、シーンの数々で首を捻るシーンもあり、恋愛模様も変わり者たちによるものでかなりの理解度を求めら ...
映画・ハチミツとクローバー (halftime ハーフタイム)
今日は、父と一緒に映画を見に行ってきます☆ 父は毎週土曜日に映画を見に行っています。 いつもは一人で…。先週は「日本沈没」を 見に行きました。そして、あらすじを 私に話す!! 「みなみ、日本は沈没しかけたが、 最後まで残ったのは○○○だった。 ...
ハチミツとクローバー(映画館) (ひるめし。)
恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった 恋をした それだけのことなのに 世界はまぶしい CAST:櫻井翔/蒼井優/伊勢谷友介/加瀬亮/関めぐみ 他 ■日本産 116分 昨年「NANA」がヒットしたため?なのか知らないけど、今年も少女漫画の実写化の映画が多いな~。 ...
ハチミツとクローバー (欧風)
土曜日に「八戸フォーラム」で観た映画、1本目は「東京フレンズ The Movie」でしたが、2本目に観たのがこの、「ハチミツとクローバー」。去年少女漫画を映画化した「NANA」が大ヒットしましたが、NANAに続くのはハチクロだ!とかいうニュースをちらほら ...
映画「ハチミツとクローバー」 (teeter-totter)
2006年7月22日公開 ジャンル:青春 製作年:2006年 製作国:日本 配給:アスミック・エース エンタテインメント 監督:高田雅博 音楽:菅野ようこ 出演:櫻井翔/蒼井優/伊勢谷友介/加瀬亮/関めぐみ 堺雅人/西田尚美 「草原をつくるには クローバーと蜜蜂がいる ク ...
ハチミツとクローバー (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 観客がマバラなせいか、季節外れの半袖シャツのせいか、まるで冷凍室に閉じ込められたようにクーラーが冷たい。 この映画の原作は少女マンガらしい。そしてそれとなく始まり、それとなく終わってしまった。始まりもなく終わりもない感じだ。 ハチミツと ...
ハチミツとクローバー (八ちゃんの日常空間)
ラブ・ストーリーというより青春映画といった感じだが、どうしても櫻井翼をフィーチャーしたアイドル映画の粋を越えていないような気がする。 とはいうものの、「美術」と「青春」を上手くミックスして片思いの切なさをきれいに表現している。簡単にあきらめて次 ...
魔法のコトバ (藻、たくさんの日々。)
目黒シネマで二本目に観たのは、「ハチミツとクローバー」。 原作コミックのファンで、ずっと観たいと思っていたのです。 ようやく実現。 観終わっての感想は…、 映画オリジナルの部分もあったりして、 まあまあよかったかなと思います。 ただ、最後は ...
ハチミツとクローバー (海外ドラマが好き♪)
映画館で観そびれたもの。やっとレンタルで。
「ハチミツとクローバー」 素直な恋ごころを忘れたくない (はらやんの映画徒然草)
大学はデザイン系でした。 映画の中で描かれているように学内のそこかしこで、誰かが
DVD『ハチミツとクローバー 』 (みかんのReading Diary♪)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産) (2006/日本) 美大に通う竹本は、ある日、一心不乱に絵を描く少女・はぐみに恋心を抱く。彼女は大学の教授・花本の親戚で、天才少女とうわさされる転入生だった。はぐみのことが頭から離れない竹本...
ハチミツとクローバー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『恋をした それだけのことなのに 世界はまぶしい』  コチラの"ハチクロ"こと「ハチミツとクローバー」は、7/22公開になった羽海野チカ原作の人気少女マンガの映画化です。美大に通う男女5人が繰り広げる全員片想いの切なく甘酸っぱい青春ラブストーリーですっ♪ ...
ハチミツとクローバー (Yuhiの読書日記+α)
羽海野チカの同名コミックを映画化した青春ラブストーリー。監督は高田雅博、キャストは櫻井翔、伊勢谷友介、蒼井優、加瀬亮、堺雅人他。 <あらすじ> 浜美大に通う竹本(櫻井翔)は、ある日、一心不乱に絵を描く少女・はぐみ(蒼井優)に恋心を抱く。彼女は大学の教授...