極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

サスペリア  (1977)SUSPIRIA 99分

2021-04-10 18:06:18 | なつかシネマ



 バレリーナを目指すスージーはアメリカからドイツのバレエ学校に留学するが、到着早々、奇妙な出来事が次々と起こる。さらに、天井から大量のうじ虫が落ちてきたり、盲目のピアニストが盲導犬に噛み殺されたりと不可解な事件が続発。やがて、この学校に隠された恐ろしい秘密が明らかになり……。


 WOWOW ★★★


 1970年代は「エクソシスト」「オーメン」「ゾンビ」「キャリー」「悪魔のいけにえ」「ハロウィン」「13日の金曜日」←之は1980年(笑) など、オカルトやホラー、スプラッター映画がたくさん作られ、またシリーズ化された作品も多いです。

 「サスペリア」も当時「決してひとりで見ないでください」という惹句がうけて、大ヒットした作品ですが、久々に「ちゃんと」観ました。実は数年前にこの1977年度版「サスペリア」のリメイクが作られ、WOWOWで新旧の放送をしたわけですが、新の方は余り興味がないので観るかどうかは不明です(笑)

 久々に観て感じたことは、お話が無茶苦茶ってことと、それに相反するように映像がすごいのと、「ゴブリン」によるずっと耳に残る音楽です。どのシーンもほとんど真っ赤な映像と音楽だけでお話のいい加減さを補ってあまりあるものがあります(笑) そして忘れちゃいけないヒロインを演じたとても可憐でキュートなジェシカ・ハーパー・・・って、実は彼女このときはすでに27歳くらいですって。エマ・ワトソンを思い出しました。

 それにしてもグロさも格別で、なんと言っても一番グロいのは「蛆虫」だと思います(汗)

コメント   この記事についてブログを書く
« 私たちはどうかしている 安... | トップ | ネタがない(汗) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

なつかシネマ」カテゴリの最新記事