極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

凪待ち (2018)124分

2020-10-23 19:14:18 | 日本映画(DVD・TV)



 ギャンブル依存症で、定職にも就かず無為な毎日を送る木野本郁男。恋人でシングルマザーの亜弓とその娘で高校生の美波のためにもとギャンブルから足を洗い、亜弓の故郷・石巻に移り住み人生をやり直す決意をする。実家では末期がんに侵されながらも漁師を続ける亜弓の父・勝美がひとりで暮らしていて、ご近所の小野寺が何かと世話を焼いていた。そんな中、郁男は印刷会社で働き出し、再起に向けた新生活がスタートする。ところがある日、亜弓と衝突した美波が夜になっても戻らず、心配でパニックになった亜弓に八つ当たりされた郁男は、彼女を車から降ろし、置き去りにしてしまう。その後、亜弓は何者かに殺され、遺体となって発見される。責任を感じ、次第に自暴自棄となっていく郁男だったが…。


 WOWOW ★★★

 基本、こんな映画は嫌いです。
単純にタイトルの「凪」を待っていたわけです。
ようするに最終的には無風状態になって波風立たず落ち着くんだということは予想できます。

 しかし・・・なかなか「凪」になりません。
何回もチャンスが有るのに、全く落ち着きません。

 最後の最後に亜弓を殺した犯人は捕まりますが、その後もなかなか落ち着きません。

 ただ
映画が終わってからの世界で、この3人はゆっくり確実に「家族」になっていくんだと期待は持てます。

 いや? やっぱ無理なのかな(笑)

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 午前0時、キスしに来てよ (... | トップ | 朝が来る (2020) 139分 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日本映画(DVD・TV)」カテゴリの最新記事