花好きグランマの独り言

いつの間にか大好きな季節到来。
控え目な花、地味な花など山野草が大好き。
まるで私のよう? 孫も登場します。

振り返って

2017-12-01 20:14:03 | 旅行

 

紅葉の名所と言われている東福寺と永観堂、どちらも期待通りの美しい紅葉でした。

永観堂の拝観料は1000円でしたから、高いクラスになります。

およそ400円位から600円、800円、1000円の拝観料を二人分を支払います。

 

初日、東福寺、伏見稲荷大社、石峰寺、東寺。

2日目、銀閣寺、法然院、霊鑑寺、真如堂金戒光明寺 、永観堂、南禅寺。

3日目、金閣寺、仁和寺、龍安寺、大徳寺、二条城。

4日目、清水寺、高台寺、八坂神社、知恩院、三十三間堂。

 

21か所を巡って、拝観料無は線を引いている5か所だけでした。

法然院は境内の紅葉見物だけは無料、お堂に入るには拝観料が必要です。

2人分だと結構な金額になる拝観料でした。

 

 


2日目の永観堂、拝観料を支払ってワクワクしながら中に入ります。

 

 

永観堂の多宝塔からの眺めです。

燃えるような赤い紅葉が多い華やかな永観堂でした。

 

 

2日目の最後に訪れたのは南禅寺。

 

着物姿の若い女性の姿があちこちで目立つ京都観光。

若い男性の着物姿も増えてビックリでした。

男女とも殆どは若い外国人がレンタルして着ていると思われる。

派手でピラピラな安物の着物を着ても当人は嬉しそう。

一組3000円也~のレンタル料金を見れば、良い着物が着られる訳がない。

きっと一度は着物を着て歩きたい、写真を撮りたいという憧れなのでしょう。

 

着物を着て運動靴で歩いている姿あり~

着物に人気があるのは嬉しいことだけど・・・

良し悪しは判断できない外国人ではあるけれど、日本の着物文化がこんな姿でいいのかなと複雑な心境でした。

外国人目当ての商売が繁盛し潤っているのでしょう。

 

そんな中で上の写真南禅寺では、珍しくきちんと綺麗に着こなした二人の若い女性。

着物の趣味良し、すれ違った時に聞こえた会話は日本語でした。

日本の若い女性たちでした。やっぱりね!!

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 京都雑感 | トップ | されど師走 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅行」カテゴリの最新記事