我が家の天使と悪魔

愛犬、アクアの成長日記

石垣島 ~最終日~ 10/19

2015-11-12 | 石垣島
 の長女Eちゃんが数年前から沖縄の彼と本島で生活しています
来沖の際は都合を合わせ飲んで~ってやってますが
今回はトランジットで(那覇)空港に立ち寄るだけ
そしたら、なんと父会いたさに彼と石垣まで来ちゃったんですねぇ 親子愛♪
んで、昨夜は居酒屋(みぃーふぁいゆー)で合流

「私、飲んでも全然酔えないの」なんてバカくさい事を言ってる の目は焦点あわず
まだ宵の口って時に、いつものごとく潰れ、仕方なく1次会にてホテルへ退散
あとの4人( オット )は2次会カラオケへと繰り出したのが24時
 が部屋に入るのを見届け、物足りなさを感じながらも就寝

起きてビックリ、オットの姿がなく、ベットに寝た形跡もなし
どーやら朝方2人で帰ってきて、寝た子()を起こし またまた酒盛りしたようだ
ダイビングが終了したオットも旅先での楽しい酒に調子こいたのでありんすね
私に怒られまいと行動するオット は動けない程の二日酔い
どいつもこいつも何しに来たんじゃい!1

朝からお日様が顔を出し、やっと沖縄らしさを感じる最終日
ハイテンションなのは私だけ

二日酔いに加え寝不足の3人、今日は私がドライバー

絶対外せない観光スポット、石垣島を代表する名所 ~川平湾~ 

 
 
 

めちゃめちゃキレイです 本島なんて目じゃないわぉ~。離島サイコー
潮の流れが強いため遊泳禁止(遊泳禁止区域多いです)

 
 

鍾乳洞、展望台、灯台、唐人墓、観光スポットいろいろあれど、飲んだくれの3人は観光どころではないよう!
止まる度にトイレに駆け込む
座っているのも辛そうな
平常心を保ってるようでかなり眠そうなオット
何しに来たんじゃい!2

いかんせん新米ドライバーは慣れない道が怖いんです
ってなわけで、近隣のビーチ、初日に訪れた米原ビーチ へと勝手に決めちゃって走行

 

今日はわたくし泳ぎます 魚を追いかけ泳ぎます
奴らは、空を海を風を楽しむことなく、ただただ眠ります

 

何しに来たんじゃい!3

空港に向かう途中で飛び込んだ昔ながらの定食屋さん
バス停の真ん前にあるから「のりば 食堂」と言うらしい
オリジナルのウコンを練り込んだ麺真っ黄色。が有名で地元ではもちろん観光客にも人気だとか
 が注文したけど、トイレに行ったり来たりでほとんど食べてなかったね......失礼なヤツだょ

 

の娘カップルと合流し同機で那覇まで 帰りも那覇経由
彼女らも二日酔いでずーーーーっとホテルで寝てたとか
最後です...........何しに来たんじゃい!4

 

予定通りPM22時頃着 今回も楽しい楽しい旅でした


心配していた24号、25号 2つの台風の影響もほとんどなく
島時間に癒されながらの3島めぐり
あっちゅう間の夢時間
現実に戻りたくない~と騒いでも
どーにもなりゃしない
沖縄に移住
そんな夢、見ている私















 



 
 

コメント

石垣島 ~竹富島~ 10/18

2015-11-09 | 石垣島
再び高速船にて竹富島へ 
周囲9㎞、マップがなくても回れる人口300人前後の和気あいあいの島 

到着後、マイクロバスに乗り込み5分、水牛車のりばへと移動
人が歩くスピードよりも遅い水牛車に乗って集落を練り歩くツアーです(所要時間30~40分)
私達が乗った 結(ゆい)くん9才 (人間=27才) 体も大きく頑張り屋さんだとか

 

なんと、我が長男と同じ名前 由布島の往路のゆいちゃんに続いて.........
縁があるんですね。なんだ親近感が湧いて、可愛い

 

町並みや家屋、これぞ沖縄!!
3つの集落があって、東は「あいのた」 西は「いんのた」  南は「なーじ」と呼び
集落全体が木造赤瓦と白砂が撒かれた沖縄古来の姿に感動と癒を感じながら
ガイドさんの島の歴史や石垣のつくり、三線の弾き語り、異国情緒あふれる風景

 

白砂が撒かれる理由は、夜でもハブ(へび)が発見しやすいように と言う昔の人の知恵で
住民の毎朝の掃除でその美しさを維持してるんだって

 

集落の道はとても狭く曲がり角は水牛車が1台通るのがやっと
それでも彼等達は内輪差を考えてぶつかることなく上手に回ります
3歳児ほどの知恵があるようです、コドドンと同じです!!

おもろ話
その日の牛ちゃんの気分次第で所要時間が変わるそうです
止まっては歩き、歩いては止まっての繰り返しで55分かかった子もいれば
何をそんなに急ぐんだーーって7分で終わった子もいたそうです
我が息子(笑) 結くんは、気分が乗っていたようで大きいトイレタイムやお決まりのホース水浴び
ガイドさんに指示(怒られる)されることなく至ってマイペース good 

 
   島のほぼ中心にある展望台「なごみの塔」からの景色、時間がなくて行けなかった

 
ゆっくりと流れる島時間を満喫した後、カイジ浜 別名:星砂の浜へ 

 

皆さん、何をしてるか?って言うと

 

砂にてのひらをつけて付いた砂の中から星砂を見つけているんです

 

でもね、知ってました? 星の砂って有孔虫の死がいなんですよー

バツグンの透明度 

 

 

島民には「急いで」「早く」「時間がない」ってな言葉はないんでしょうね

ゆったりと流れる風、美しい海、澄んだ空気が人も動物も変えてしまうんですね

1日で3島めぐり、駆け足観光、そこそこ満喫することが出来ました

物足りなさがまたの来島につながりますからね

次回はもっともっともーーーーっと島時間を満喫するぞ~~~

魅力あふれる竹富島でした





コメント

石垣島 ~由布島~ 10/18

2015-11-07 | 石垣島
 時々  時々

水牛車に揺られて海を渡る風景、誰しも一度は目にしたはず
必ずと言っていいほどツアー観光に組込まれている定番スポット
水牛車が待つ発着場所へと移動、観光客を今か今かと本日の出勤牛たちが待機

 

西表島から400m、砂で出来た周囲2.15㎞ 海抜1.5mの小さな島
本島では見ることが出来ない熱帯植物が生い茂り数々の動物が生息しています
昼間は観光客で賑わうけど定住者は数名(水牛の世話人と管理人程度かな)

 

西表おじぃ夫妻と共に再建に貢献した水牛、大五郎と花子の子孫が今では40頭余り
大事な大事な観光資源となっているのです

島に渡るには水牛車か歩いて渡るしかないようです(水牛15分、歩き5分)
ま、必要に応じて自転車や車も往来するようですが......
満潮時でも大人の腰ほどの深さなので歩けない事はないですけど通行料はとられます¥600  水牛車¥1,400

1頭1頭名前がついていて、2才頃から調教を始め、早い子は半年、通常1年位でデビューするそうです

寿命は30年、人間で言うと90才、現役で水牛車をひけるのは15~20年位
私達を運んでくれた ゴンタ18才、人間で言うと54才、大きな身体に太い角、中堅どころ働き盛り

 

出勤シフトが決まっていて、ノルマは1日4~5往復
定員は15~20名 大きさや力量で乗せる定員が決まるわけです
ガイドのおばぁが三線の弾き語りで「涙そうそう」を披露してくれました。感激

上陸後、島の説明や水牛の話、歓迎のレイを掛けてくれてお決まりの写真撮影
出来たてホヤホヤの写真売りを横目に食事処へ急ぎます

 

食後は園内散策
手入れが行き届いている園内には、当時栄えていた頃の小中学校の跡や旧井戸
ブーゲンビリアガーデンに蝶々園と南国気分を満喫
   
  


奥にあるマンタ浜
ココのカフェ/由布島茶屋さんのジェラードがおススメのようですが
なんせ乾杯しながらの食事だったので別腹も満腹状態
天気が良ければ小浜島や石垣島が見渡せる絶景ポイントだとか

 

休憩や非番な牛がゆったり過ごす憩いの場

 

小さい島ですが、一回りもできないほど観光時間が短い
1日に3島めぐりはかなりきついものがありますね.......HISさん聞いてます?

帰りの水牛は、デビューしたての ゆいちゃん 4才  (人間=12才)
小さいながらも頑張って引いている姿が可愛かった
さらにガイドのあんちゃんもデビューしたてのようで話どころか三線も轢けず
後方から来たベテランガイド、おじぃの三線で癒された

 

ツアー客が多いと三線の重奏が聞けてラッキーだけどぶつかるんではないかと
ヒヤヒヤもん しかし彼らも(これで飯食ってます)プロですから

角の生え方で男女を見分ける
どーーだ、と横に広がっている角は男 (戻って後ろ姿のゴンタ君見てください)
控え目に後ろに傾いている角は女 (憩いの場はほとんど女)

魅力たっぷりな由布島でした まだまだ観光は続きます

次に向かうは竹富島


 









コメント

石垣島 ~西表島~ 10/18

2015-11-06 | 石垣島
お待たせいたしやした 画像、移行、成功、やっと

時々

初日の昨日は朝から乾杯三昧、旅の疲れに睡眠不足
早目に就寝したので、目覚めも良く、6時半に朝食
一番と思いきや宿泊客の皆さんも観光を控えてるのでしょう......満席です

7時40分、ホテル前集合
オプションツアー:西表島・由布島・竹富島・3島周遊1日観光へ出発
 別行動でオットは1日ファンダイビング 

 

石垣港にて

 

 ワンコイン¥500を支払い2階席でゆったり

  

高速船で40分、竹富島を横目に小浜島と黒島の間を通って西表島/仲間港到着
日本最南端の八重山諸島にある本島に次ぐ2番目に大きな島
台湾からわずか200㌔、ちなみに東京からは2,100㌔

早速、西表島観光の目玉 仲間川マングローブクルーズへGO
海水と淡水が混じりあう汽水域に生育するヒルギ類の森林のことをマングローブと言い
日本のマングローブは600ha、その25% 160haを占める広大なマングローブ林を遊覧ボートで観光です
団体向けは随時出航していますが個人向けの出航は少ない様なので要確認

仲間川を挟んだ手前が海で奥が川

 

オヒルギ、マヤブシキ、ヤエヤマヒルギ、台風などで倒れても枯れても保護区域なので撤去できないとか

 

上流、折り返し点の船着場には満潮時だけ上陸し見学ができる【サキシマスオウノキ】を間近で見学

 

昭和57年に発見され、年々名声をあげ今では西表島の象徴的スポットになっているとか
樹齢約400年以上、根が板のようになっているのが特徴。 巨大、圧巻、一見の価値あり
かつてこの板根を切りだして船の舵や建築材に使用したけど現在は観光の対象

  

仲間川に棲息する巨大しじみ、手のひらサイズ。身は小さく不味いらしい

 

そして、西表と言ったら希少動物イリオモテヤマネコも有名、西表島しか生息しない野生のネコ
現在100頭、頭胴長50~60㎝ 体重3~5㌔。ちょうどアクア位の大きさだよ
今では島民でも看板でしかお目にかかれないほど激減していて絶滅の危機状態だとか
ほとんどが、エサを求め道路を横断中に事故にあってしまうようです

 

期待以上の西表島観光

次に向うは、小さな島由布島に上陸

まだまだ続く











コメント

石垣島 ~ソラシドエアー~

2015-10-28 | 石垣島
後先考えず、娘に便乗して携帯乗り換え
石垣の画像、前携帯の中
全て移行されるものだと勘違い、あーーー勘違い
画像移行に戸惑って が遅れます

オットから送られてきた画像でオマケ話


那覇空港から石垣島まで1時間、白と緑の機体デザインが印象的なソラシドエアーに初搭乗
宮崎県に本社を置くスカイネットアジア航空
スカイマークと似ていることからソラシドエアーと言うブランド名に替えたと言う話

 

ANAとの共同運航便で路線は主に羽田・名古屋・九州・沖縄・沖縄離島
内装は通路を挟んで3席づつ、ゆったりした座席配置で快適 

 

ピッチも広く、CAの対応も良く、小さい機体なので少し心配したけど、ほとんど揺れもなく
スープが美味しいソラシドエアー

 

飛行機が苦手な私ですが、離陸しスープ飲んで、一息ついたら着陸のアナウンス
あっちゅう間の空の旅 快適♪ 快適♪♪

 

ANAやJALより良い印象をうけました


コメント

石垣島 ~いざ出発~ 10/17

2015-10-23 | 石垣島
HIS:夏のぶっ飛び石垣島3日間 ¥49,900

6時出発が.............6時に 起こされた
寝坊ですよ!寝坊!! 
玄関までお迎えに来てくれたが、部屋は真っ暗、ノックしても返答なし、オットは電話に出ないし
あわてて私の携帯へってなわけです。ハイ 
5時、5時15分、5時20分とアラームセットしたんですけどねー
さらに も で起床。彼女も寝坊!! 

そんなこんなで、30分遅れで出発
そこそこ道路も混みだす時間帯、羽田7:50分発の✈になんとか搭乗することができた
  (が寝坊したら、今回の旅はなかったでしょう

日程変更、予約の取り直しで直行便もトランジットに(那覇空港にて) 乾杯

 

ほぼ予定通りお昼過ぎに石垣到着 
レンタカーに乗り込み、食事処を探し石垣港方面へ
いい感じの食堂発見
 

またまた乾杯 はてさて?今日、何回目の乾杯でしょう~ 
機内でも3人で盛り上がっていましたから........私?.....寝てました

 

一番人気のお魚フライ定食を頂きました。八重山そば付。美味かぁ~ 

 

まだまだ泳げそうな日射しの下
一番メジャーなシュノーケリングビーチ米原ビーチ へGO--♪ 

駐車場無料、トイレ&シャワー有、キャンプ場が併設されているのでけっこう広いしキレイ
波打ち際に熱帯魚がうじゃうじゃいるけど、沖まで出るとリップカレント(離岸流)が発生するため
公には遊泳禁止のビーチだとか(メジャーなビーチだけど遊泳禁止のビーチ

 

見て!この透明度!! 噂通り!!! めちゃめちゃキレイ

 

接近中の2つの台風、まだまだ距離はあるようですが海岸線を吹く風は強いです
それでもオット・ は泳ぎます。を追いかけ泳ぎます
私は、薄いグリーンと濃いブルーのグラデーションを見ながら癒されながら

 

小一時間遊んだでしょうか?物足りなさを感じながらホテルルートイングランティア石垣
港へ行くにも徒歩圏、真ん前にはコンビニ、大浴場あり♪ 狭くてスーツケースが広げられないって以外NO問題!
 
 

石垣に来たなら必ず行けってな位有名な居酒屋ひとし、2週間も前にTELしたけど予約で一杯
自社漁船で新鮮な魚を~ってのに魅かれ、第2候補の海人居酒屋 源(総本店)予約

メインであろう、お刺身の盛り合わせと石垣牛あぶりにぎり
5点は定番、右上と左下のソレって赤だの青だのってなカラフルな魚でしょうか
キッコー〇醤油で頂いたらさらに美味しかったかも!?
皆が絶賛するにぎりは、タレの好みで左右されるのでは? 私的には☆1つ半ってとこかな!?

 
 

アバサーの唐揚げ、ジーマミー豆腐の揚げ出し、ゆで豚サラダ(ゴーヤちゃんぷる、ソーメンちゃんぷる)
どれも可もなく不可もなく、美味しく頂きましたが、ソーメンちゃんぷるだけは不味かった
沖縄でソーメンちゃんぷるのファンになり来沖中は必ず食べる1品
残念なことに、見た目も食感も粉っぽく所々団子?玉?になってて箸でちぎって食べました
これは許せん、これだけは許せん

     

ひとし~~~行きたかったぜ!次回はぜひ



深酒することなく、明日の観光に備え大人しく早々と就寝

まだまだ続く、石垣旅行記


 









コメント

お世話になります ~石垣島~

2015-10-16 | 石垣島
毎年恒例、飲み友との沖縄旅行

台風24号、25号、ダブルで接近している中、明日から2泊3日で初石垣

無事、定刻通り石垣に着くのか?

石垣から帰ってこれるのか?

心配

それでも元気に行ってきまーーす
コメント