知的障害・発達障害  個性と可能性を伸ばす

エレファース(武蔵境・東中野・西国分寺・国立北口・国立・所沢・越谷・相模原・津田沼・国分寺・荻窪・秋津・八王子・拝島)

造形リトミック研究所

発達支援教室 Elephasエレファース [ 株式会社 SEOLEO ]
***造形リトミックメソッド*** ~音楽+造形+教科+IT+αの統合アプローチ~
〒186-0002 東京都国立市東3-13-21  電話 042-573-0830

1130.~決めつけないで・・~

2013-02-28 06:30:38 | 「ケースに学ぶ」
1130.~決めつけないで・・~
「知的障害児者、発達障害児者 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 発達支援教室エレファースでは、療育の毎日のようすをエレファースブログでご紹介しています。
それを広く皆さまと共有できますように、本ブログでは Elephasブログにワンポイントメッセージを加えさせていただいています。

 ・・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・
日々を大切に過ごすためのささやかな糧となればと思います。



◇ワンポイント・メッセージ◇

~Elephasブログ『Yくん、ひらがな書字もOK!』(2月28日)~小学1年生のYくんは、ひらがなの読みはすらすらできるのに、なかなか書きたがらないという時期がありました・・・~


このYくん、就学されて間もなく1年。今では書き順も止めはねも完璧にすらすら書けるそうです。
Yくん、がんばりましたね。講師も、親御さんもがんばりました。しかも、楽しく・・・。

きょうのElephasブログで、講師はこう書いています、
「しかし、書くことに対しては失敗を嫌がる気持ちが強く、・・・」.


なぜ書きたがらなったのか、その分析が大切です。自己認知の高いお子さんは、失敗を嫌います。その意識が、挑戦する気持ちを抑えてしまうことが多々あります。そこの心理を理解することがとても、大切です。ならば、失敗させないようにワークを工夫するなり、環境を整えてあげればよいのです。

分析をしないで、「Yくんは、書字が苦手です」と決めつけてしまうことが、講師として最も避けたいことです。
決めつけは、マイナス思考。分析は、プラス思考。

このプラス思考が、良い成果を上げたのですね。



発達支援教室Elephas・造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp
コメント

1129.~間違え直し~

2013-02-27 05:55:13 | 「指導のポイント」
1129.~間違え直し~
「知的障害児者、発達障害児者 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 発達支援教室エレファースでは、療育の毎日のようすをエレファースブログでご紹介しています。
それを広く皆さまと共有できますように、本ブログでは Elephasブログにワンポイントメッセージを加えさせていただいています。

 ・・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・
日々を大切に過ごすためのささやかな糧となればと思います。



◇ワンポイント・メッセージ◇

~Elephasブログ『ピンクのノートとピンクのペン』(2月27日)~その日一日の感謝や喜びを探して書きつけるノートを作りました・・・~

感謝と喜びを探す、それも良いですね。


ひとりの生徒さん、一日の良かったことと、良くなかったことを日記のように書いていらっしゃいます。そんなスタイルの日記帳があるのですね。もうずいぶん続けていらっしゃるようで、その規則的な生活スタイルはすばらしいものです。

また、良くなかったことも書くことのできる心の土壌、それを支えるご家庭のサポートにもすばらしいものを感じます。

たとえ計算問題一つでも、自分が間違えたことを受け入れられないという段階がよく見受けられます。
そんな段階では、間違えをこちらが気づいていてもやり過ごしてあげることもあります。
間違えを受け入れ、平常心で直せる段階に至るまで少し待ってあげているのです。

そんな段階を越えると、「あっ、ごめん。間違えた」と、抵抗なく間違えを直せるようになります。
その頃には、消しゴムとも仲良しになっています。

消しゴムは自分の間違えをきれいに直させてくれるのですから、力強い味方です。

よくできたときに褒めることと同時に、間違えたとき、良くない行動にどう対応するかも
講師にとって、親御さんにとってとても大切なところですね。



発達支援教室Elephas・造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp

コメント

1128.~学習意欲、生かすも否かも~

2013-02-26 06:26:49 | 「ケースに学ぶ」
1128.~学習意欲、生かすも否かも~
「知的障害児者、発達障害児者 個性と可能性を伸す!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 発達支援教室エレファースでは、療育の毎日のようすをエレファースブログでご紹介しています。それを広く皆さまと共有できますように、本ブログでは Elephasブログにワンポイントメッセージを加えさせていただいています。

 ・・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・
日々を大切に過ごすためのささやかな糧となればと思います。



◇ワンポイント・メッセージ◇

~Elephasブログ『やる気いっぱい!』(2月26日)~この寒さの中もがんばって通ってこられる生徒さん、そのやる気のパワーがこちらにも伝わってきます・・・~

生徒さんはみな、どんな寒さにも負けないほどの”やる気”を持っています。

この”やる気”、さらに生かすも否かも学習環境次第です。
ある生徒さん、言葉数こそ少なけれど、「やりたい、やりたい」と学習意欲を見せます。

彼との学習は、かれこれ20年。宿題もかなりの量をコンスタントにこなしてきます。
書き重なる鉛筆の跡、紙のしわ、紙に残る食べ物のしみ、指の跡、のりの跡、犬の毛・・・。

生活と一体となって、宿題の冊子が戻ってきます。

「こんなにがんばったのね」とびっくりするほどですが、いつも「やりたいやりたい」と意欲を示します。

ご家庭は、”宿題は必ずやる”という点においては厳しくとも、休日には存分に遊びもあり十分に時間をかけてあげていらっしゃるようです。厳しさにも代償があるから、気持ちも続くのでしょう。

彼の意欲は、一向に衰えません。

最初はどなたももっている学習意欲、ストレスを与えず、大切に育てていきましょう。


「はたちを過ぎても、まだ伸びるんですね」という親御さんの声は、私たち講師にまた新たな意欲を与えてくれます。


発達支援教室Elephas・造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp

コメント

1127.~自分の言葉で・・・~

2013-02-25 06:36:06 | 「指導のポイント」
1125.~自分の言葉で・・・~
「知的障害児者、発達障害児者 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 発達支援教室エレファースでは、療育の毎日のようすをエレファースブログでご紹介しています。
それを広く皆さまと共有できますように、本ブログでは Elephasブログにワンポイントメッセージを加えさせていただいています。

 ・・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・
日々を大切に過ごすためのささやかな糧となればと思います。



◇ワンポイント・メッセージ◇

~Elephasブログ『先生、おにきりじゃないよ。』(2月25日)~講師が「おにぎり」の濁点をとってわざと「おにきり」と書いたら、Rくんはこんなふうに指摘してきました。「えんぴつ」も同じように「えんひつ」と書いてみせると、・・・~

Rくん、濁音も半濁音もかなり確実になってきたようですね。
自分で間違えを発見して、自分で言えたことがポイントです。

自分の間違えを先生から指摘されたのと比べ、
先生の間違えを自分が指摘できたのですから、気持ちもゆうゆうゆとりですね。

でも一番のポイントは、自分の言葉で表現できた(能動)こと。
この発見と言語化の機能に意味があるのです。

「おにきりじゃないよ。おにぎりだよ」が
「きに、てんてんつけるんだよ」となれば、さらに言語化の機能はアップです。

違いをはっきりと言語化できているからです。


Rくん、これからがますます楽しみです。就学までのひと月をていねいに大切に過ごしてくださいね。



発達支援教室Elephas・造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp
コメント

1126.Elephas ホリデーブログ ~ちがいが、わかる~

2013-02-24 18:31:52 | 生活
1120.Elephas ホリデーブログ ~ちがいが、わかる~
「知的障害児者、発達障害児者 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

オレンジバイキング。
ネーブル、はっさく、グレープフルーツ。日曜日の朝は少しゆとりがあって、あそび心。
似ているものを同時に味わってみると、ちがいがよくわかります。

ほうれん草と小松菜。買い物を頼んだとき、お子さんはわかりますか?

えのきとしめじと舞たけ。

木綿豆腐と絹豆腐。

たしざんとひきざん。

かけざんとわりざん。

つくりが同じで偏のことなる漢字。

似ているものは同時に見せて、ちがいに気づかせてあげましょう。

※グレープフルーツもはっさくのようにひと房ごとに分けて皮をむいて食べると、
一滴の果樹ももらさずムダなく楽しめます。むきやすくて、むくのも楽しい。よかったら、どうぞ・・・。



発達支援教室Elephas・造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害 Elephas/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp
コメント

1125.Elephas サタデーブログ ~「怖いもの、なまはげの経験」~

2013-02-23 21:07:28 | 生活
1125.Elephas サタデーブログ ~「怖いもの、なまはげの経験」~
「知的障害児者、発達障害児者 個性と可能性を伸す!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

男鹿半島、『なまはげ柴戸まつり』のようすがテレビで放送されていました。
子どものころからなまはげの存在はニュースで知っていましたが、東京に住んでいた私は秋田との距離を感じて安心していたのか怖いと思った覚えはありません。

でも地元の子どもたちにとっては相当怖いもののようです。それはそうですよね。
牙や角の生えたものすごい形相の鬼が大きな刃物をもって間近によってきて、子どもによっては抱き上げられ、
耳元で「ウォー!」と叫ばれ、お話の世界のものと思っていた鬼がこの世界に来てしまったのですから、
こんなに怖いことってないでしょう。

子ども達の怖さを思うと、見ているだけでこちらも本当に怖くなります。

この経験の後、子ども達はどんな心理状態になるのでしょう。
予想もつかず心配ですが、特に問題を聞いたこともないので、大丈夫なのでしょうが。

でも、どうして大丈夫なのでしょうか?

子どもであっても、どこか現実の世界での出来事とは違うことであることを知っているのでしょうか?
それを感覚的に感じているのでしょうか?

私たちが映画や小説の世界が現実ではないと知りながらも、臨場感をもって感情を起伏させるのと同じように。

祭りは異次元の世界で、恐怖もそこだけのこと。夢から覚めるように、元の世界に戻れば親御さんに守られ安心を回
復できるのでしょうか。だとしたら、この経験を通して親子のつながりはいっそう強いものとなるのかもしれません。

しかし、現実ととなり合わせにある異次元の世界が身近にあるだろうことも感覚的には知っている、
そのあたりのことと人間の想像力は関連しているのかもしれません。

とにかく、子どもたちのあの恐怖のリアリティには、私もびっくりしました。



発達支援教室Elephas・造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害 Elephas/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp
コメント

1124.~学んだことは・・・~

2013-02-22 06:24:18 | 知るを楽しむ
1124.~学んだことは・・・~
「知的障害児者、発達障害児者 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 発達支援教室エレファースでは、療育の毎日のようすをエレファースブログでご紹介しています。
 それを広く皆さまと共有できますように、本ブログでは Elephasブログにワンポイントメッセージを加えさせていただいています。

 ・・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・
日々を大切に過ごすためのささやかな糧となればと思います。



◇ワンポイント・メッセージ◇

~Elephasブログ『やいかがし』(2月22日)~「やいかがし」、生徒さんと学んで初めて知りました・・・~


「やいかがし」、私もこの名前を知ったのは、ここ1~2年のことです。
忘れないように、何回も書いてみました。

節分の時、イワシの頭にヒイラギの葉を添えて家の入口に挿してオニを追い払うものですが、
漢字で書くと「焼嗅」(焼い嗅がし)。

臭気の強いものを焼いて、その臭いを嗅がせて驚かす、という意味合いだそうです(大辞泉)。
オニ除けだけでなく、麦畑を荒らすイノシシにも用いられたそうです。

良かったら、誰かに教えてあげましょう。

人に教えると、自分の記憶はいっそう確かなものとなります。
記憶を再生し、自分のことばで表現する、という高次の機能を使うからです。

生徒さんと新しいことを学んだとき、、
「お家で、~にも教えてあげてね」とよく言い添えます。

どうぞ、学習したことをご家庭でも話題になさってみてください。

やいかがし・・・。


発達支援教室Elephas・造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp
コメント

1123.~羹に懲りて・・~

2013-02-21 22:11:14 | 生活
1123.~羹に懲りて・・~
「知的障害児者、発達障害児者 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 発達支援教室エレファースでは、療育の毎日のようすをエレファースブログでご紹介しています。
 それを広く皆さまと共有できますように、本ブログでは Elephasブログにワンポイントメッセージを加えさせていただいています。

 ・・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・
日々を大切に過ごすためのささやかな糧となればと思います。



◇ワンポイント・メッセージ◇

~Elephasブログ『雪で休室・・』(2月21日)~去る2月6日は、前日からの雪の予報のため教室はお休みとなりました。
 親御さんも心配されていて、休室のご連絡に「安心しました」と言っていただけました・・・~


覚えていらっしゃいますでしょうか?
2月6日水曜日はその1週間ほど前から雪の予報が出ていて、前日も変わらずに積雪が予報されましたので、
5日の段階で教室はお休みにすることと決めました。

1月14日月曜日のあの大雪の経験があったからです。忘れもしません、成人の日のことでした。
翌日の朝刊には、雪の中式場に向かう振り袖姿の方々の写真が大きく載っていました。
多摩地区でも8cmを超える積雪。たしかあの日は雪の予報はなく、気がつくと窓の外では屑々と降りつづく雪、といった感じでした。

羹に懲りてなますを吹くではありませんが、14日の雪に懲りて6日はあわてて休室に踏み切ったところ、
雪はいっ時うっすらと地面を白くした程度で終わりました。
さらに申し添えれば、前日から車にチェーンまで巻いて準備しておいたのです。

「まあ、落ち着いてチェーンの練習ができて良かった」とは、負け惜しみでしょうか、ストーリーの合理化でしょうか。

これなら、教室できたのに・・・。

2月6日の振替として、3月20日(水)に振替授業を行います。祝日ですが、該当の方はどうぞお間違えのないように
お出で下さい。お待ちしています。


発達支援教室Elephas・造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp
コメント

1122.~心理を探ると~

2013-02-20 07:26:09 | 「ケースに学ぶ」
1122.~心理を探ると~
「知的障害児者、発達障害児者 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 発達支援教室エレファースでは、療育の毎日のようすをエレファースブログでご紹介しています。
それを広く皆さまと共有できますように、本ブログでは Elephasブログにワンポイントメッセージを加えさせていただいています。

 ・・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・
日々を大切に過ごすためのささやかな糧となればと思います。



◇ワンポイント・メッセージ◇

~Elephasブログ『集中の秘訣は?』(2月20日)~それは、生徒さん一人一人異なります。そこが興味深いところです・・・~


今朝のElephasブログでは、授業集中の生徒さんごとの秘訣を講師が3つ紹介しています。
そのうちの一つがおもしろい!

「授業の前にちょこっと講師を笑わせてみる」

・・・なんでそれが集中の秘訣?

その心理を推測してみるに、そこで講師との良好の関係を確認しようとしているのではないでしょうか。
もしくは良好の関係を築こうとしているのでしょう。
そのことで自分の気持ちも軽くなり安心感を得て、「さあ、勉強」という段取りなのではないでしょうか?

すばらしい知恵です。

「お母さん、おこってない?」「ぼくのこと、好き!」と顔色を伺うこどもの心情にも共通のものがあります。

それほどに子どもは、安心感や和やかな空気を求めているのですね。




発達支援教室Elephas・造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp
コメント

1121.~ワニに出会ったら~

2013-02-19 06:24:45 | 「楽しい」からの出発
1121.~ワニに出会ったら~
「知的障害児者、発達障害児者 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 発達支援教室エレファースでは、療育の毎日のようすをエレファースブログでご紹介しています。
それを広く皆さまと共有できますように、本ブログでは Elephasブログにワンポイントメッセージを加えさせていただいています。

 ・・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・
日々を大切に過ごすためのささやかな糧となればと思います。



◇ワンポイント・メッセージ◇

~Elephasブログ『たくさんの大好き』(2月19日)~乗り物大好きのRくんは、干支の学習をきっかけに動物も大好きになり、
いま特にお気に入りなのがワニ・・・~


造形リトミック『歌唱造形』でいろいろなテーマに触れていくと、それが将来につながる趣味となることもあります。
また逆に、好きなものと『歌唱造形』のテーマとが重なることによって、いっそうその興味や関心が深まることもあります。

いずれにしても、対象への興味や探求心を育てることが『歌唱造形』の目的のひとつにあります。

テーマについては、講師も本当に楽しみながら取組みます。そのことによって生徒さん方の興味を引き出すことが
できます。生徒さんの興味に講師が引っ張られ、テーマの魅力について改めて知ることもあります。


歌唱造形で何かに出会ったら、どうぞご家族ご一緒に楽しんでください。
ワニが大好きになったら、たとえば熱川のワニ園もいいですね。
本屋さんで、ワニを絵本を捜してみるのもいいでしょう。
カラフルないろいろなワニに出会えることでしょう。




発達支援教室Elephas・造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp

コメント

1120.~努力の量を知る~

2013-02-18 06:15:37 | 「指導のポイント」
1120.~努力の量を知る~
「知的障害児者、発達障害児者 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 発達支援教室エレファースでは、療育の毎日のようすをエレファースブログでご紹介しています。
それを広く皆さまと共有できますように、本ブログでは Elephasブログにワンポイントメッセージを加えさせていただいています。

 ・・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・
日々を大切に過ごすためのささやかな糧となればと思います。



◇ワンポイント・メッセージ◇

~Elephasブログ『こんどは家族の名前を!』(2月18日)~自分のお名前が書けるようになったSくん。
「こんどは家族の名前を書く!」とがんばっています・・・~


Sくんは、ノートの名前欄に自分で名前を書いてきたそうです。
とても小さなスペースに一文字一文字一生懸命に書いたことが見てとれる、と講師は言っています。

文字を書き始めの子どもは、まだ指先の動き(巧緻性)が十分ではありません。それに加え、文字の形態や書き順にも
神経を使わなければなりません。言ってみれば一文字書くことも、子どもにとってはかなりのハードワークなのです。

しかし「書きたい!」という意欲がそのハードワークもこなさせたのでしょう。
この文字への意欲と興味を失わせないことがとても大切です。

すべての学習においても同じことが言えます。
Sくんもやがては、文字を書くことにそれほどの労力は要さなくなるでしょう。
しかし、その次の課題、また次の課題において、同じような興味と意欲を持つことができるように、
講師は子どもの行為にその努力の量を感じることが求められます。

行為のハードさを知れば、そのハードさを軽減するようなプログラムも用意できますし、
学習の量の適度な加減もできます。適切な評価も可能となります。
それがあってこそ、無理のない楽しい学習へとつながるのです。



発達支援教室Elephas・造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp
コメント

1119.Elephas ホリデーブログ ~ことば、感性をのせて~

2013-02-17 21:05:19 | 表現
1119.Elephas ホリデーブログ ~ことば、感性をのせて~
「知的障害児者、発達障害児者 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

日曜日に街に出ると、子どもの感覚的な言葉が自然と耳に飛び込んできます。

レストランで、焼き立てのパンを前に親子の会話。

お母さん:「アツアツよ!」
女の子 :「あついの、だーいっきらい~!」
お母さん:「ほかほかよ!」
女の子 :「あったかいの、だーいすき~!」

3才くらいの女の子ですが、「アツアツ」「ほかほか」「あつい」「あったかい」
ちゃーんと使い分けているんですね。

その声の元気で明るいこと。
「だーいっきらい~!」「だーいすき~!」
感性、感覚が言葉にしっかりと乗って、身体からリズミカルに飛び出してくる、といった感じです。

乳児のときには、母親語といって通常よりも抑揚のある言葉がけを母親は本能的に行っていますが、
子どもが言語を獲得すると、いわゆる「大人語」とでも言えばよいのでしょうか、
通常の話しぶりに変わっていきます。

乳児の時ほどの抑揚は成長と共に必要がなくなるとしても、
私たち大人も表面だけではない、感性を伴った言葉を持ち続けたいものですね。
言霊という言葉もありますように。

子どもの言葉を育てる環境としても、そんな意識を持たれること、おすすめです。


幼児の言葉から大いに学びます。




発達支援教室Elephas・造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害 Elephas/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp
コメント

1118.Elephas ホリデーブログ ~本当に楽しいためには~

2013-02-17 07:37:28 | 「ケースに学ぶ」
1118.Elephas ホリデーブログ ~本当に楽しいためには~
「知的障害児者、発達障害児者 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

「算数が得意な子の脳はどこが違うのか」医学博士加藤俊徳氏の論(プレジデントファミリー)に学びました。
頷きながら日々の教育現場で行い感じてきたことの確認ができた、と言っても良いかもしれません。

どうぞそれぞれにお読みになってみてください、ここで要約してずれが生じてはいけませんので。


しかしポイントだけをあげさせていただくと、
「算数の問題を解く回路をつくる。しかもそれを繰り返し行うことで、その回路が太くなり応用も可能となる。」

だから、”楽しく”学習を進めることが大切なのですね。
楽しくなければ、子どもははじめから問題に向かおうとしません。
ましてや、繰り返し行うことなど問題外!となってしまいます。

これでは脳の回路が太くなるどころか、回路を作ることさえ難しくなってしまいます。

逆に、算数の教科書を見るだけでイライラするようになってしまうと、
イライラし爆発する脳の回路ばかりが太くなってしまいます。

”楽しく”というと、「かんたんなことをさらっとやりましょう」と思われがちですが、実はそうではありません。
ま、生徒さんにとってはそれでもOKです。
しかし講師にとっては、イライラ回路が形成されそうな生徒さんにも
「これならできそう!」「なんだ、これ?!」とモチベーションを高め、興味をそそる教材を用意することが必要で
すから、時にそれはハードワークかもしれません。

しかしそれが楽しくなると、生徒さんと本当の意味での”楽しい”を共有することができるのです。



発達支援教室Elephas・造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害 Elephas/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp
コメント

1117.~工作、よりシンプルに~

2013-02-15 07:11:32 | 表現
1117.~工作、よりシンプルに~
「知的障害児者、発達障害児者 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 発達支援教室エレファースでは、療育の毎日のようすをエレファースブログでご紹介しています。
それを広く皆さまと共有できますように、本ブログでは Elephasブログにワンポイントメッセージを加えさせていただいています。

 ・・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・
日々を大切に過ごすためのささやかな糧となればと思います。



◇ワンポイント・メッセージ◇

~Elephasブログ『工作で笑顔!』(2月15日)~高校生のSくんも工作を心から楽しんでいます。
Sさんの緻密性や器用さが活かされて・・・~


工作は、リアルに作れば作るほど出来上がりに感動があります。

昨晩テレビに、発砲スチロールで石のお地蔵さんをつくる職人さんや
十分の一サイズのミニチュア和家具を作る職人さん、
和菓子の素材や技法でうな重やお弁当を作る職人さんが紹介されていました。

何れも、驚きの目を見張るほどの見事な出来栄え!
どの職人さんも真剣な目つきで取り組んでいましたが、
細かく神経をめぐらせた分、完成時の達成感や満足感はいかばかりかと思います。

造形リトミックの工作(=創造造形)もそれを目指したいものです。
それに加え、プロセスがいかにシンプルであるか、
またいかにベーシックな技法のみで完成できるかが、創造造形のポイントです。

だれもができる工作をどの生徒さんとも楽しめることが、講師にとっての楽しみです。
完成した時の生徒さんの笑顔もイイですね!






発達支援教室Elephas・造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp
コメント

1116.~身体をしっかりあたためて~

2013-02-14 21:02:00 | 受験に向けて
1116.~身体をしっかりあたためて~
「知的障害児者、発達障害児者 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

 発達支援教室エレファースでは、療育の毎日のようすをエレファースブログでご紹介しています。
それを広く皆さまと共有できますように、本ブログでは Elephasブログにワンポイントメッセージを加えさせていただいています。

 ・・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・
日々を大切に過ごすためのささやかな糧となればと思います。



◇ワンポイント・メッセージ◇

~Elephasブログ『横須賀で雪だるま』(2月14日)~今年は例年になく寒い日が続いています。横須賀でも雪が降り、場所によっては雪だるまや雪合戦も・・・~


「冬来たりなば春遠からじ」、毎年しみじみと思う言葉ですが、今年はいっそうそれが心に沁みてあたたかい春を待ち望んでいます。

でもこの寒さ、決して苦痛ばかりではありません。
身支度さえしっかりと整えれば、空気の冷たさが肌に心地よくも感じられます。

そうです、身支度を整え体が寒く無ければです。身体が寒くなければ、冷たささえ気持ちよく感じられるのです。

日々に生じる様々な出来事においても同様です。

同じ出来事でも、耐えられないほどに感じられることもあれば、
「う~ん。でも・・・!」とか「よし!」と受けいれ越えていく力を発揮できることもあります。

都立高校の試験日が23日です。あと9日。教室の生徒さん方も受験されます。
思いは複雑、不安が募ってくることもあるでしょう。

でも、これまでがんばってきたことの発揮し時です。
この不安な時期をじっと越えていくことができますように、
励まし過ぎず、また悲観もさせずに、サポートしてあげましょう。

「元気で試験を受けられるように、おいしいものいっぱい作るね」なんていう声掛けはいかがでしょう。

それぞれの思いで、心をしっかりと温めてあげてください。冷たい風にも向かっていけますように。



発達支援教室Elephas・造形リトミック研究所
>>発達障害 知的障害/エレファース
公式サイト http://www.zoukei-rythmique.jp/

>>お問い合せメール info@zoukei-rythmique.jp
コメント

造形リトミック研究所

株式会社 SEOLEO 発達支援教室Elephas
〒186-0002 東京都国立市東3-13-21
  042-573-0830
*国立教室は、国立市、立川市、国分寺市、小金井市、府中市、日野市、小平市、三鷹市、武蔵野市、昭島市、調布市、田無市、青梅市、渋谷区、中野区、世田谷区、新宿区、文京区、江東区、北区などからいらしています。
*相模原教室は、相模原市、八王子市、町田市、川崎市、横浜市、海老名市、多摩市、小田原市、千代田区などいらしています。
*所沢教室は、所沢市、東村山市、狭山市、入間市、川越市、日高市、練馬区、豊島区、新宿区などからいらしています。
*越谷教室は、越谷市、川口市、草加市、八潮市、岩槻市、足立区、久喜市、さいたま市などからいらしています。
*津田沼教室は、習志野市、船橋市、千葉市、松戸市、港区、浦安市、佐倉市などからいらしてます。
*横須賀教室は、横須賀市、横浜市、逗子市などからいらしています。

まずは、体験授業にいらして下さい!


http://www.zoukei-rythmique.jp/archives/taiken/