知的障害・発達障害  個性と可能性を伸ばす

エレファース(武蔵境・東中野・西国分寺・国立北口・国立・所沢・越谷・相模原・津田沼・国分寺・荻窪・秋津・八王子・拝島)

3045.~言葉~

2019-01-11 06:26:53 | 表現

3045.~言葉~

「知的障害・発達障害をもつ生徒さんの 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

発達支援教室エレファースでは、療育の毎日のようすをエレファースブログでご紹介しています。それを広く皆さまと共有できますように、本ブログでは Elephasブログにワンポイントメッセージを加えさせていただいています。

 ・・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・日々を大切に過ごすためのささやかな糧となればと思います。

 ~今日のElephasブログ:「マスにぴったり!」(1月11日)~

おはようございます。越谷教室の御供です。

12月、クリスマス前のことです。

「だれがプレゼントをとどけてくれるの」というテキストの問いに

Mさんは「サンタさん」と答えましたが、解答欄は7マス。

「サンタさんね。サンタクロースっていうわね」と、絵かき歌での歌詞も確認しました。

こんどは「サンタさんクロース」と言いながらマスを数えましたが、マスがたりません。

「先生、”さん”はどこ(に書くの)ですか?」

「お名前の最後に書きましょう。」

 

口頭で楽しく取り組んで、「口答」を積み重ねてきましたが、「書く」ことも楽しめてきたMさん。解答欄にぴったりに書くことが楽しい様子です。

平仮名全部を書けるように、とご入会なさったMさん、片仮名も書けるようになりました。

今は漢字にも積極的取り組み中です。焦らずに、でも着実に進んでいきましょう。

 

発達支援教室Elephas(エレファース)

 

 ◇ワンポイント・メッセージ◇

解答のマスに言葉や文がぴったり当てはまると、すっきりしますね。「答えが合っていた」という安心感と、ある種の快の感覚です。それを楽しみに、国語のワークがますます進みそうですね。

それにしてもMさん、Mさんには「サンタさん」という言葉が長年なじんできた言葉なのですね。ですから、どうしても”さん”が必要。Mさんの言葉「サンタさん」には、クリスマスを楽しみに待つ気持ち、これまでのクリスマスのいろいろな思い出が込められているのでしょう。呼び名は、その人とその対象との関係性を表します。呼び名に限らず、意味を持つ言葉とはそういうものですね。

 

発達障害の方のための塾(エレファース)

>>お問い合せ

 

 

 

ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
« 3044.~継続する~ | トップ | 3046.~言葉を繰る~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

表現」カテゴリの最新記事