知的障害・発達障害  個性と可能性を伸ばす

エレファース(武蔵境・東中野・西国分寺・国立北口・国立・所沢・越谷・相模原・津田沼・国分寺・荻窪・秋津・八王子・拝島)

3040.~分かる、ということ~

2019-01-05 06:58:55 | ケースに学ぶ

3040.~分かる、ということ~

「知的障害・発達障害をもつ生徒さんの 個性と可能性を伸ばす!」: 造形リトミック・発達支援教室 Elephas(エレファース)

発達支援教室エレファースでは、療育の毎日のようすをエレファースブログでご紹介しています。それを広く皆さまと共有できますように、本ブログでは Elephasブログにワンポイントメッセージを加えさせていただいています。

 ・・・・明るく、楽しく、さわやかに・・・日々を大切に過ごすためのささやかな糧となればと思います。

 ~今日のElephasブログ:「真剣に、楽しく」(1月5日)~

あけましておめでとうございます。西国分寺教室の今村です。

小さい生徒さんへの年賀状に「ことしも たのしく いっしょに べんきょうしましょうね」と書きました。

支援級に通う小学2年生のHくんは、数の学習が進まない…と昨年春に入会されました。足し算のやり方も引き算のやり方もHくんに一番合った方法と出会えずに取り組み続け、分からない気持ちがどんどん膨らんでしまっているような状態でした。

それが今では、計算の仕方を自分で声に出して解説しながら取り組み、確実に習得しました。かけ算も歌に合わせてどんどん覚えていきます。

真剣そのものの姿は、まさに楽しく勉強する姿です。頑張る姿から楽しさがあふれ出しているように見えます。

 生徒さんがにこにこの笑顔で学習することだけが楽しい姿ではない…、本当に分かることが楽しいのだ…と再認識いたします。

 今年も全ての生徒さんの授業で“楽しさ”を目指していきたいと思います。

 発達支援教室Elephas(エレファース)

 

 ◇ワンポイント・メッセージ◇

「頑張る姿から楽しさがあふれ出している」、まさに本物の“楽しさ”ですね。

教科学習の後のご褒美や、別のお楽しみのために頑張るのではなく、教科学習そのものが楽しくて自ずと頑張れる、理想的な学びです。

その頑張りには充実感も伴い、ますます学習態勢は整っていくことでしょう。これから中学年を迎えるにあたり、教科学習との付き合い方がどのように定まっていくか、ひとつの分かれ目です。

Hくん、安心して進んでいってください。楽しみですね。

 

発達障害の方のための塾(エレファース)
>>お問い合せ

 

 

 

ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
« 3039.~よい学習サイクルを~ | トップ | 3041.~穏やかに坦々と~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ケースに学ぶ」カテゴリの最新記事