静かな劇場 

人が生きる意味を問う。コアな客層に向けた人生劇場。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

人生の目的 考

2011-07-26 18:41:20 | Weblog
トルストイも言っているように、驚くほど当たり前のことなのに、驚くほど忘れ去られていることがある。「よくも人間はこれが眼に入らずに生きられるものだ――これこそまさに驚くべきことではないか!」(『懺悔』)

それは「死ぬ」ということだ。

難しくて考えられないのではない。本当はだれもが分かっていることなのだ。

だが、この重い事実にあまりにも鈍感な心が、人生の目的の誤解の温床となっている。

こちらは人生の目的と言っているのに、非難してくる人は、目標や生き甲斐のことだと思って言ってくるのだから、最初から話がかみ合っていないのである。
自分に理解できる程度に話を矮小化して、そんなものありえない、おかしい、私は自分の頭で考え、自分の意思で生きていると自慢げに非難してくるのだから、伝えることの難しさをただ思うばかりである。

そりゃ目標や生き甲斐が、みんな一緒だったら変だろう。だれが考えたって。
そんな程度の話ではないのである。
コメント   この記事についてブログを書く
« いちご同盟 | トップ | お久しぶりです »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事