静かな劇場 

人が生きる意味を問う。コアな客層に向けた人生劇場。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

人生五十年 下天のうちを比ぶれば

2009-12-10 20:33:51 | Weblog
「人間五十年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり……」

織田信長が出陣の際に謡ったといわれる謡曲「敦盛」の一節です。共感する人が多いことからも分かりますように、だれしも人生を夢のように感じる瞬間がある。でも、それは「夢のように」はかないという意味であって、この現実が、構造的に、夢みたいだと分かってのことではないと思います。
分かっていれば、戦場など行かなかったでしょうから。

さて、
私たちは素朴に、自分の前に無限大の空間が広がり、そこに悠久の時間が流れている、そういう「時間」と「空間」を基軸とした世界が実在しているという感じをもっています。理屈はどうあれ、そのようにしか思えないのです。

でも、それのどこがいけないのか。
時間も、空間もちゃんと実在している。だから、今、私たちにそれがありありと感じられているのじゃないか、と言われる方もありましょう。でも、昨日書きましたように、夢を見た時、そこにもやはり「ありありとした」空間が広がり、時が流れていたはずです。ということは、私たちの心は、いくらでも私に「世界」を現わしてみせることができるのです。だから、その「ありありとした」という感じも、〃実在〃を証明する根拠にはなりえません。

さて、

夢は「意識」の乱舞といわれます。
意識には「夢」といわれる世界を、自身に現わす働き、作用があるということです。
夢は「意識内」に現れた、実在しない虚構の世界ですから、目が覚めると同時に消えてしまいます。

では、夢から覚めた、この「現実」と呼ぶ世界はどうなのでしょうか。

夢は、完全に自分だけの世界ですから、「意識が生み出した意識の中の世界」として、説明も理解も容易いのですが、この「現実」という世界が私に現れてくるのは、もっと複雑な構造で説明も難しくなっています。

ですが、結論から言えば、この現実世界とは、「意識」よりも深層にあって、私たちには知覚することのできない「阿頼耶識」の生み出した、やはり夢みたいな世界ということです。

万人に共通した、絶対的な時間も空間も本当は実在せず、それらは各自の共業(共通した業のこと)が生み出したもの。一つの世界を共有しているという錯覚の中で、各々が関わりあって夢見ている。いや、夢を現実と思って暮らしている。ということです。
ぼんやりとしたイメージでも、そう自身に問いかけ、振り返ってみてはどうでしょう。

夢で、宝くじに当たったと大喜びしていても、夢から覚めれば、くだらぬことに浮かれていたと自嘲するほかありません。
同様に、人生もまた夢の如し。とすれば、金が儲かったといって喜び、勉強ができた、仕事が成功したといって人に自慢し、恋人がいる、結婚した、子供が生まれたといって喜び、家が建ってご満悦でいるのも、それが夢中の出来事とすれば、何とつまらぬことではありませんか。

確かに、生きていくのに必要、大切なものではあるでしょうが、人生の目的と呼べるものではありません。その証拠に、それらはいつまでも幸せの形をしてはいないのです。

砂に書いた文字が、書いたあとから消えてゆくように、どんな幸せも、つかんだあとから消えていく。人生自体が〃夢〃ならばそれも当然かと。こんなことをいつまで続けるつもりなのでしょう?臨終ともなれば、何らかの爪跡を残したはずのこの「世界」丸ごと消えてゆくというのに。

だから、蓮如上人もおっしゃっています。
「人間はただ夢・幻の間のことなり、後生こそ永生の楽果なり」
「人間は五十年・百年の間のうちの楽しみなり、後生こそ一大事なり」
「それ人間の浮生なる相をつらつら観ずるに、凡そはかなきものは、この世の始中終、幻の如くなる一期なり」

もし、人間に本当に救われたということがあるならば、それは、夢の世界でいかに大喜びしたか、感謝できたか、ということではなく、この迷いの夢から「覚めた」といえることのはずです。

いつの時代、どこの世界にもいろんな宗教があり、それぞれに「私は救われた!」という体験談が付きものですが、たとえ本人がどんなに喜んでいても、救われたか否かは、その喜び具合では決まるのではありません。夢から覚めないうちは、夢を夢とは語れません。どういう意味合いでその人は「救われた」と言っているのか、語る内容から、その体験の質や深さは、自ずと計られるというものでしょう。

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夢の世を夢見て暮らす夢人が…… | トップ | 変わる心が、変わる世界に »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事