静かな劇場 

人が生きる意味を問う。コアな客層に向けた人生劇場。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

真宗界の崩落の歴史(13) なにが変わった

2010-06-17 21:21:48 | Weblog
前回、前々回のエントリーで、太平洋戦争時と、石山戦争時代の浄土真宗の違いを比較してみた。

石山戦争の時代にはあった、あの不惜身命の恩徳讃の精神が、なぜ、近代以降、見られなくなったのか。

答えは明瞭である。

教えていることが変わったからだ。

教えが変われば、当然、聞き求める者の姿勢も変わる。

三世因果を認めず、後生の一大事を説かず、死後の浄土も地獄も否定し、往生の肝腑である「一向専念無量寿仏」の教えまで捻じ曲げ、その上「善をするな、勧めるな!」の大合唱で、かつての浄土真宗の同行と同じになれるものだろうか?

今日、東西本願寺で、正しい親鸞聖人の教えが説かれているなら、戦時中のことを今さらほじくり返して、あれやこれや言う必要もないことである。だが、種々の圧力に屈し、教えが曲がったまま今日に至り、正しい親鸞聖人の教えを説くと、浄土真宗であるはずの人たちに、〃後ろから刺される〃という今日的状況がある以上、昔ながらの本来の姿を取り戻すため、教えが変わっていった経緯を書こうと思うのである。
コメント   この記事についてブログを書く
« 真宗界の崩落の歴史(12)... | トップ | 聖道・外道におもむきて »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事