諭吉 特殊ノート

空間認識☆時系列情報処理☆色彩感覚☆相対音感☆行動心理☆共感覚

あらゆる事象を紐とく

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

悪魔の証明 (世田谷一家殺害事件)

2017-04-17 08:47:59 | 記事
悪魔の証明 (世田谷一家殺害事件)


✴︎このページは筆者の個人的な想いや意見が軸になっています
あくまでも個人の主張なので
推理目的の人や興味のないかたは読みとばして差し支えありません

記事一覧



以下本文

「悪魔の証明」

この事件で一つ

不思議だったことがある
オカルトじみたはじまりに興ざめさせてしまうとしたらあなたは誠実な人なのでしょう(筆者にとっては本望です)


筆者が不自然な違和感だけを手探りで払いのけ辿り着いたある疑問



この家
洗濯機ってどこにあるの…?



事件に関連する膨大な情報のなかに
家庭的なこの洗濯という言葉は
犯人の遺留品には何度も洗濯した跡がある
というところだけだった


ここから読み取れるのは犯人をまもろうと考える誰かの存在

もし犯人が一人暮らしの独身男性だったとしても
服を洗うという習慣はどこから生まれるかを想えば

そこまで育てた何者かの存在があったはず




もし犯人に家族がいたならと想像するときっと…

共感覚として洗濯物の柔らかい香りが脳裏を巡ります


さて一家殺害とつけられたこの事件
家を丸ごと一つ舞台にしているのにもかかわらず
この家庭的な洗濯機というワードがなく

事件初期に作成された間取りの資料にもどこにも洗濯機がない


探してようやく目につくのは
中二階から二階へあがる小さな階段の先左扉奥

恐らくこの場所に洗濯機はあるようです

そしてもう一つ触れられてない場所を模型から探す

バルコニー…

気づいた人もいると思いますが
バルコニーは主に洗濯物を干す場所

他に触れられてない場所は?
あれ洗濯した衣類をしまう場所は?

タンス…


これもほとんど触れられていない


存在しないことを証明することのむづかしさを例えた
「悪魔の証明」
という言葉を知っていますか?


筆者はここにきてこの意味とまったく反対の
いや斜向かいくらいの場所にあるような違和感に包まれてしまいました

あってあたりまえのものがない

仮になかったんだよと言われても
いやあったでしょと即座に返してしまいそうな


なぜ触れないのか
それは事件と関係ないからでしょ
と簡単に答えがきまるかもしれませんが

筆者はこの事件と関係ないはずのことが
むしろ証明のされない悪魔の存在を裏付けているような気がしてならないのです

(因みに二階へあがる階段の真下はデッドスペースになっていて車庫と隣接している)



読んでる人には
釈然としないかもしれませんが
筆者にはもう書くことが見つからないので

そろそろまとめたいと思います

いつか事件が解決するなら個人的には

自首であって欲しい(この場合正確には出頭ですね)

と思っています

殺人事件の時効がなくなった
現在
誰かを守りたいという気持ちに気付いて
考えかたを改めることを
その生涯をかけて償い知ることを

願います

総合考察はこちら
総合考察 世田谷一家殺害事件 犯人の行動



記事一覧

『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« このブログについて | トップ | 疑わしきは罰せず (世田谷... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

記事」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事