小鳥と猫とわたし

保護ねこグループさんから我が家にやってきた2匹のネコ、音楽、鳥や植物、本、毎日のあれこれを綴りたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ストックホルムでワルツを

2016-09-15 22:53:24 | 本・映画

今週、人に勧められて、
スウェーデンのジャズシンガー
モニカ・ゼダールンドの半生を描いた
映画「ストックホルムでワルツを」
を観ました。

ジャズシンガーを夢見て、昼は電話交換手、夜はクラブ(?)でジャズを歌う
シングルママのモニカ。

チャンスを手にして、ニューヨークに行くものの、あえなく撃沈。

スウェーデンに戻ってきて、自分らしい歌を模索するうちに、英語でなく母国語のスウェーデン語でジャズを歌うようになり…


ストーリーより、劇中でモニカを演じる
シンガーソングライターのエッダ・マグナソンの歌が、素晴らしかった

モニカが初めてスウェーデン語で
出した歌は
"Walking my baby back home "
スウェーデン語で
"Sakta vi gå genom stan"


どこでこの曲を耳にしたんだろう…
と考えてみたら、ナット・キングコール
でした。

同じ曲なのに、
モニカ(エッダ)が歌うと、
フワフワ、シュワシュワした
スウェーデン語の音が気持ちのよい、
ソフトなスカンジナビアン・ジャズ
になっていました。

サントラも聴いてみようかな♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北欧ドライブと三匹のこぶた | トップ | 秋の夜長に映画 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

本・映画」カテゴリの最新記事