勾玉時間

日々は天からの贈り物

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

封印

2011-09-29 23:14:44 | 日記


なかなか参拝出来ない所があるものだ

縁があるのか無いのか わからない

春日大社はその筆頭と思う

 
念願かなってようやく二礼二拍手一拝 大祓い詞 

奉唱がこの度できた

魂の霊的つかえがいっきに解けた

同時に御蓋山(三笠山)の神々が風のように

降り注ぎ 地から湧いてきたのを身に覚えた

何かの始まりを開いて頂いた

と記憶できた。

コメント

真旅(またび)

2011-09-21 21:00:57 | 日記


自分の為に瞑想したことありますか 

自分の霊性の為に・・・です

自分は何をなして 何の為に 何処から来て

何処へ行こうとしてるのか・・・


自分の中へ  旅したことがありますか

「真旅」またびと言う言葉が万葉集の古語にあます


自分の中に

真旅してみませんか・・

目的地の旅ではなく 今自身のために



(飛鳥・白鳳時代の寺院の瓦 どこかメソポタミア風)
コメント (2)

神集(かむつどへ)祭

2011-09-19 21:54:51 | 日記
コメント

霊気が

2011-09-16 23:21:15 | 日記


藤原京に行ってきた
草むらに立つ朱の柱、現代アートのようにも見える。遠くは雲と山並みがとけあっている。手前のこんもりした森は天の香具山 雲と山並みの境を越えると吉野にいたる

奈良時代それ以前から吉野は聖地 香具山も畝傍山や耳成山と違い「天の」とつくので格別の聖地 それらが大極殿跡と一直線に並んでいる

近くで老人たちがゲートボールをしていた 神聖なパワースポットには似つかわしくないと思った 草むらに寝転び地面にすえた磐笛を吹いた

1300年前の神霊と見えた 持統天皇の霊気が降り注いできた
朱のメモリーの柱と山を覗きながら磐笛をふき続けると現代の古代人の騒ぎは消えた

 小さなレコンキスタ(聖地奪還)と思った
コメント

古代から続くこと

2011-09-14 00:03:36 | 日記
   

 魂の救いの始まりは霊性を高めることから

 特に新しいことではないので

 古代にも存在する

 グノーシス派やゾロアスターのなかにもある
          
 もちろん日本の密教の中にもある

 ただしそれらが宗教化すると 見失われる

 デリケートなこと

 スピリチュアルはスタート 交流 開花 原点 未来
コメント