高田馬場1丁目から狭山市北入曽へのブログ

2017年8月1日に高田馬場1丁目から狭山市北入曽へ越しました。

オレは猫だっ! Ⅱ

2019-08-16 09:26:15 | とかくこの世は

オレはまだ生きている。毎日毎日エサを探し歩いて、エサにありついて「ほっ」として夜は寝る。寄る年波には勝てない。暗くなると眠くてどうしようもない。話し相手がいるわけじゃなし、一家団らんなんてのにはほど遠い。もっとも家に飼われているネコなんて碌なもんじゃねえとバカにしてた。そう思ってもやっぱり身寄りがないっていう辛さを感じる時もたまニャあるんだ。つくづく野良ネコの悲哀を感じるね。それでも生きてる。ネコは自殺なんかできないからな。ネコが自殺したなんて聞いたことないだろ、そんなネコがいたら尊敬しちゃう。この間、自動車に轢かれたのを目撃したんだよ。自動車はそのまま行っちゃったけど、轢かれたネコは道路の真ん中でヒクヒクしてる。危ないから道路の脇に運んでやりたかったけど、オレにはそんな力がないし、「あっしには関わりのないことでござんす」っていう木枯紋次郎だから…。そのあとに一台の自動車が通りかかって、瀕死のネコの前でピタリと止まった。てっきりその若い男の運転手が移動してくれるのかなと思ったらそのまま動かない。もう固まって動かないんだ。すると散歩の帰りかなんかのヒマそうな爺さんが通りかかって、そのネコを運んだね。そしたら安心したのかそのネコは死んじまった。爺さんは棺桶代わりの段ボールに入れて、家の前に「ネコの棺桶」って書いておいといたら、役所から引き取りにきた。後から考えると、自分から自動車に飛び込んだのかもしれないね。人間は年に3万人近くが自殺してるんだって、ネコに伝染しちゃったのかな。いくら人間と同じネコになりたいっても、そんなバカなネコはいないと思うけどな。だいたいネコは絶望したり世をはかなんだりしないし、逆にいつも前向きだし昔のことを覚えていたりしない。まあ、のんきといえばのんきだね。

さてと、エサをあさりに行くかな。最近歯が弱ってせんべいみたいな硬いエサは食えないんだよ。どうしようもなくてたまに前にエサを出してもらったところへ行くんだけど、相変わらずその硬いエサを出す。食わないで帰ると「あら、ウチのエサは食わないんだね」って言うから、「食わないんじゃなくて、食えないんだよ」っても通じない。「いいよ、分かったよ、もっと旨いエサを出してくれるところへいきな」という。なんでわかんないのかな。人間って、年をとると考えることに余裕がなくなるんだね。ネコの気持ちをおもんばかるっていう想像力もなくなってる。最近、そういう人間が多くなっているよ。少なくとも、我々ネコにも分け隔てなく接してもらいたいね。そしたらネコと人間が中心の新しい世界が出来るような気がするんだ。それには人間もネコ並みに利口になってもらいたいニャア。

コメント

オレは猫だーっ

2019-03-12 15:03:36 | 近況

オレは猫だ。名前なんかあるわけがない。ときどきを餌をくれる老人たちがいる。オレのことを「タマ」とか「シロ」とか言うが、たぶん前に飼っていた奴の名前なんだろうな。そういえば「ポチ」っていうのもいた。犬じゃねえのにな。たぶん前に犬を飼っていたけど、そいつが死んじまって、今も忘れられねんで犬の名前を呼ぶんだろな。この爺さんの分身だったんだろな。オレも情にほだされっちまうところがあるからつい「ワン」って言いたくなるんだよ。それで「ニャン」とも「ワン」ともつかねえ「ニャワン」って言ったんだよ。そしたらその爺さん何て言ったと思う。この猫、気持ち悪いだって、化け物だとも言ったよな。良かれとしたことが、そうじゃねえことが世の中にはいっぱいあるんだよ。あの爺さんも感情の機微ってのを知らねえんじゃないかな。いい歳して子供みたいなこと言ってどうすんだよ。まあ、ああこういう手合いにはあまり係わらねえようにしてるんだよ。さてと、まず餌を調達しなきゃならねんだ。いつも出してくれるところに顔をだすか。冬だっていうのに今も網戸を出してる。それがオレには都合いいんだけどね。その網戸に両手の爪でひっかくんだよ。すると中から出てきて「今日も来たのかい」とか何とか言いながら餌を出してくれる。自慢じゃないけど、餌の皿はオレ専用なんだよ。何でも趣味で陶芸をやってて、何回やってもうまくできないってこぼしてるからオレが使ってやってるっていうわけ。餌を食っちまったら用はないんだけど、オレのことじーっと見つめるんで、勢いっぽいのオレなりの愛想を笑いをしてやるんだ。すると「満足したかい、またお出で」って言うんだよ。オレだって、こんな煎餅みたいな餌じゃなくて缶詰の高級キャットフードを出してくれるところがあればそっちに行っちまうんだけど、今日はあいにくと、缶詰おばさんがいなかったから、この煎餅おばさんとこへ来たっていうわけ。オレだって必死なんだ。食い物にありつけないと、すきっ腹抱えて夜を明かすことになる。それは辛いもんだよ。よく今まで死なずに生きて来たと思うよ。これからも艱難辛苦あるけれど、オレはオレなりの生涯を全うするしかねえんだよ。オレよりももっと辛い思いしてる人がいるんだってね。猫仲間に聞いたんだけど、8年前の東日本大震災とか九州とか中国地方とか地震とか水害で大変なんだってね。「オリンピック」ところじゃねえって言ってたよ。それにしても大変だ。

 

コメント

高田馬場から北入曽

2017-09-07 09:30:24 | 近況

仕事場を高田馬場1丁目から狭山市北入曽へ7月末に越してきました。馬場から電車で約45分。この45分がとてつもない距離を感じます。あと3つ先の駅が川越です。今や通勤圏になります。朝の電車は座って来れます。帰りの電車は途中から座れます。朝はまだ寝ぼけ眼で、帰りはぐったりした身体で、行きも帰りも座席に座って眠れます。たまたま座れない不幸に見舞われた時も、つり革にぶら下がって眠ることができます。日中、少しでも眠ると元気が回復します。遠くから通勤する人たちは、だから元気なんです。新天地での仕事は何故か落ち着かないです。朝、昼、夜と真上を自衛隊機が飛んでいます。日毎に飛び交う飛行機が多くなっています。これも北朝鮮のせいなんでしょうか。10年以上前、自衛隊機が入間川に墜落した事故がありました。この時は数時間に渡って狭山市は停電になりました。墜落の時に送電線を切断したからです。墜落する際にパイロットは市中に落ちると甚大な被害が出るので入間川に向かったそうです。だから停電ぐらいの被害で済んだんですね。多分、そのパイロットは死亡したと記憶しています。あとは至って静かです。時折、市の広報がスピーカーから流れてきます。市の行事とか防災関連の案内などです。最近多いのは尋ね人案内と身元不明者発見のお知らせです。また豆腐売がやってきます。昔ながらのラッパを吹きながら、若い男性が「とーふぃー、とーふぃー」とラッパの音に合わせて声を出して自転車を漕いでいます。も少し落ち着いたら地元に密着したここをしたいと思っています。もう故郷はここしかないので〜。(写真は自衛隊機)

 

 

 

 

コメント

桜咲きました

2017-04-04 17:34:17 | 日記

遅まきながら桜が咲きました                                  

 桜の開花宣言が3月22日、それを待っていたように寒い日が続いて桜はつぼみのまま硬直してしまいました。そして4月に入って春らしくなると、ゲートが開かれた馬が飛び出すように一斉に桜が咲き始めました。「桜なんてものはパッと咲いてパッと散るからいいんだよ、これがいつまでも咲いててごらんよ、いつが春なんだかわからなくならあな」という落語のように日本人には心に響いてくるもんなんですね。忠臣蔵の討ち入りは12月14日ですが、その原因となる浅野内匠頭の切腹が3月です。映画や芝居で、桜舞い散る中での切腹は絵になりますね。

新河岸川 

 さて4月2日に埼玉県川越市の新河岸川沿いの桜は川にしなだれかかるように咲いています。まだ三部咲きといった程度でしょうか。しかし待ちきれなかった人たちで賑わっていました。宴会を開いている人もいます。そんな客を当て込んでの露店も出ています。人が集まるところには商店が自然発生します。しかし人がいないところには店ではなくて、猪や猿やタヌキたちが山から下りてきて人の家に入り込んでいます。原発事故で避難していた人たちが、6年も経って避難解除になったから戻れと言われて、はいそうですかと簡単には言えません。そんな事情も知らないで、忖度もできない人間は顔を洗って出直したほうがいいですね。

 4月4日の狭山市の不老川の桜です。まだ満開とはいきませんが、やっと咲いてもいいのかなと問いかけをしているようです。

     

同じ日の高田馬場の戸山公園はかなり咲き誇っていました。ここは走り回る子供たちの声や昼間から宴会で楽しんでいる人たちでにぎわっていました。

 桜が咲くころは、黒い上下のスーツを身にまとった女性や紺のスーツの男性の新入社員が徒党を組んで街中に輩出してきます。こんな風景も桜とは無縁ではないようです。桜が散って1カ月もすると会社を辞める新入社員がいるそうです。希望に満ちて入った会社が実際は違うということはよくあることで、そこで辞めるか辞めないかが思案のしどころだろうと思います。誰でもが希望の持てる世の中になってもらいたいですね。せつに子供たちの未来にそれを祈ります。

コメント

拝啓 鳥越俊太郎様

2016-07-26 17:23:05 | とかくこの世は

拝啓 鳥越俊太郎様

 東京都知事選は自民党候補は票が割れて、断トツで貴殿が当選すると思っていたのが25日現在で小池、増田両候補を追いかけているといいます。

 いま、自民党に勝たせてはダメなんです。安倍政権から今日まで何もいいことはなかった。金持ちにとっては良いことづくめだったかもしれないけれど、99%の金持ち以外には福祉は削られ、生活は苦しくなる、子供たちの学ぶ環境も悪くなる一方で何もいいことがなく、ますます追い込まれているのが実情です。先の参議院選挙に続いてまた自民党に勝たせてしまったら真っ暗闇です。若者は未来への希望は閉ざされ、目先の生活に追われ、借金取りから逃げまわり、強盗をしてでも借金を返そうとする。それが強盗殺人などの凶悪犯罪につながっていきます。そんな凶悪犯を捕まえてみれば普通の若者であったり、気弱ないじめられっ子であったり、見るからに哀れをもよおすようなものたちです。一方、死にたいけど自分で死ねないから国に殺してもらおうと、大量殺人を犯してしまう。そんな社会は断ち切らなければいけません。だから自民党に勝たせてはダメなんです。

 鳥越さんの陣営は準備期間が少なかったせいもあるんだろうけど、自民党の二候補ほどには確固としたアピールが見えてきません。「NHKをぶっ壊す」というだけの候補者もいますが、インパクトはあります。元労働大臣は東京オリンピックを適正な予算立てをして元総理大臣の組織委会長を退陣させるといい、横田基地を返還させるとか、的を絞った訴えははっきりしていて、共感できるかどうかは別にしてもその言葉は脳裏に響いてきます。

 鳥越陣営は野党共闘にしては迫力が乏しい。クリーンさや真面目さを訴えるのはどこの陣営でもやっていることだから新味はありません。この際、思い切った訴えをすべきではないでしょうか。東京オリンピックの返上、築地市場移転の見直し、小中高学校の無料化など、今困っている人たちの言葉を代弁して実現させることが第一ではないでしょうか。自民党の二候補には絶対に負けないでください。節にお願いいたします。

 

コメント