今日のニュースを英語で読もう!

今日の英字新聞のニュースです。主に国内ニュースで高1が読めるレベルです。

太宰治の涙の手紙、発見される

2015-09-08 13:56:29 | 日記
Letter by Dazai pleading for Akutagawa Prize found


A letter written by Japanese literary legend Osamu Dazai (1909-1948) pleading for his mentor to award him the Akutagawa Prize has been found some 80 years after it was written.

----------------------

plead   嘆願する
prize   賞
literary  文学の
legend  伝説的人物
mentor   指導者
award   賞を与える


【訳】

太宰治の芥川賞を嘆願する手紙、発見される

日本文学のリジェンド太宰治が彼の助言者で賞の選考委員に芥川賞を嘆願する内容の手紙が、それが書かれてからおよそ80年後に見つかった。


【解説】


今日の構文は高1にはちょっと難しいとおもいます。

まずは見出し。
英文を正確に読むには「動詞」をきちんと把握することです。

見出しには、「pleading」と「found」の2つの動詞っぽいのがあります。
どちらが動詞なのかを意識してください。

「Letter by Dazai」で(太宰による手紙)

「Dazai pleading」で(太宰が懇願している)と訳してしまいそうですが、
「pleading」は現在分詞です。 現在分詞とは「動詞から分かれた形容詞」ですから、「懇願している」という意味になり、前の「Dazai」を修飾します。

「pleading for Akutagawa Prize」(芥川賞を懇願している)→太宰の手紙

「found」を(見つけた)と訳してしまうと(太宰の手紙)→が→(みつけた)
となり、意味がとおりません。


ここは、「新聞の見出しにだけ許されるbe動詞の省略」で、「is」が省略されていて、「is found」(みつけられた)になります。(太宰の手紙が見つけられた)


本文の「written」も先ほどの現在分詞と同じく、「動詞から分かれた形容詞」である「過去分詞」です。

「written」で(書かれた)の意味です。

「A letter written by Japanese literary legend Osamu Dazai」までで、
(日本文学のリジェンド太宰治によって書かれた手紙)

「pleading for his mentor to award him the Akutagawa Prize」
(彼に芥川賞を与えることを彼の助言者に懇願している)→太宰によって書かれた手紙

「has been found」(見つけられた)

「some 80 years after it was written」
(それが書かれた後、約80年に)→ 見つけられた
コメント   この記事についてブログを書く
« ザハ・ハビド氏、新国立競技... | トップ | トヨタ、新型プリウスを発表 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事