一級建築士事務所 サトウ工務店

自然素材を使い省エネと快適性をデザインする 新潟の家

個性的な住まい、全て耐震等級3

2017年11月07日 | いくつかの現場のこと
各現場の進捗をなかなかお知らせできずに、申し訳ございません
手を抜いてまとめて報告させて頂きます

まず、新潟市西区では2棟が基礎工事中

一つは
V字型の中庭のある住まい。





V字型平面に加え工程差もある難易度の高い基礎。
でもこの基礎屋さんは文句も言わずサクサクと作っちゃいます
すご過ぎ

西区のもう一件は
五十嵐東の住宅です。





広めの敷地を活かしたほぼ平屋住宅です。
基本的に1階での生活が可能ですが、海側の眺望も期待して中2階を設けます。
のびのびとした室内空間と外部への広がりが特徴となります

次は新潟市西蒲区の河間の住宅




上棟後、あっという間に外回りを被って大工は内部造作に入っています。
内部の耐力壁は構造用合板です。



外周部の耐力壁には、モイスを使っています。
壁倍率が高いこともそうですが、防火や腐朽、透湿を考慮しての選択です。
もちろん他メーカーの面材や構造用合板より費用はかかります

そして、燕市井土巻の住宅
壁に内装用モイスが張られ、天井のシナベニアを施工中
弊社大工の腕の見せ所「突付け張り」です。




シナベニアは「目透かし張り」が一般的かもしれませんが
弊社では難易度の高い隙間を設けない「逃げ」のない「突付け張り」が標準。
そもそも壁のモイスも「突付け張り」ですので、弊社の大工としては普通の施工なんですけですね

そして来週には、新潟市中央区でもう一棟着工します。
こちらも、施工難易度は「超」がつきます



もちろん
これらの物件は全て耐震等級3をクリアしてます


にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村
ジャンル:
住宅
この記事についてブログを書く
« やっぱり夕景も・・・ | トップ | Worksにアップ、トップページ... »
最近の画像もっと見る

いくつかの現場のこと」カテゴリの最新記事