一級建築士事務所 サトウ工務店

自然素材を使い省エネと快適性をデザインする 新潟の家

コの字プランの白い家

2015年07月06日 | コの字プランの白い家
三条市内でもう一つ新しい現場がスタート!

地縄を張って



地鎮祭を行いました。



出来立てホヤホヤの分譲地で南側が道路の区画。

いわゆる一般的には「良い」と言われる南向きの土地である。

南側が道路ですと、南側に隣接して建物が建たないので日当たり良好な敷地と言えます。

当然、南側に大きな窓を設けてのびのびと・・・?? とは、簡単には行きません。

前面(南側)が道路ということは、人や車の往来がありプライバシーが阻害される。

普通に計画してしまうと、分譲地によくある「せっかく南側にリビングの大きな窓を設けたのに、日中でもカーテンを開けられず照明を付けて暮らす」といった破目に。

「日当たり良好!」とされる南向きの土地を購入しても、プランによってはかえって暮らしにくい家になる事も少なくない。

では、どうすれば良いか? 大丈夫 答えはたくさんある。 コートハウス、2階リビングなど・・・敷地条件やご予算に応じた解決策が考えられる。

今物件では、スタンダードにリビングの窓を道路からセットバックして距離をかせぐ方法を選択。



道路境界からリビングの大きな窓まで10m以上を確保。 さらに庭の東西を建物で囲う様な間取りとし、結果的にコの字のプランに。

あとはフェンスや植栽があれば、プライバシーをしっかり確保しながら南側の良好な日差しをリビングに取込む事ができます。



プランを作る時のちょっとした配慮が、暮らしに落ち着きと心地よさをもたらすのです。 すなわち「ぱぱぱっとプランを作る」というわけには行かないのです。

と、言うことで・・・ プランの提出をお待たせしているお客様、もうしばらくお待ちください・・  大変申し訳ございません。

ジャンル:
住宅
この記事についてブログを書く
« モイスの質感 [目透かし]と[... | トップ | 建て方作業中、モノコック構... »
最近の画像もっと見る

コの字プランの白い家」カテゴリの最新記事