一級建築士事務所 サトウ工務店

自然素材を使い省エネと快適性をデザインする 新潟の家

月岡のゼロエネハウス 付加断熱工法や木質化も

2013年09月12日 | NEWプロジェクト

三条市月岡にて 住宅のゼロエネルギー化推進事業に採択された物件の着工です。

Cimg0163

太陽光発電や省エネ機器の搭載などに加え、付加断熱工法による断熱強化を行う事で 超高性能住宅とするプロジェクトです。 高性能グラスウールを屋根に350㍉ 壁に210㍉ たっぷり充填します。

もちろん 長期優良住宅の認定も取得して耐震性、劣化対策、維持管理への配慮などトータルでのバランスも大変良い設計です。

しかも・・・ 建築物の木質化(日本だけでなく世界的な動きでもある)にも配慮。 躯体をはじめ内外装にまで地域材をふんだんに使っています。

Photo

ゼロエネの補助金、木材利用ポイント、越後ふるさとの家事業の補助金、など合計すると215万円以上の補助金を利用する事になります。

N1

大ホールの中に入れ子状のBOXが点在する町並みの様なLDK。 とっても楽しい意匠もこの住宅の特徴です。

さぁいよいよ着工です。 とっても大変な工事ですが 出来上がりだけではなく 作る過程もとっても楽しみです。

ランキングの応援お願いします。クリックしてね。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« やっぱり木の経年変化って気... | トップ | 構造的にも意匠的にも難しい... »
最近の画像もっと見る

NEWプロジェクト」カテゴリの最新記事