一級建築士事務所 サトウ工務店

自然素材を使い省エネと快適性をデザインする 新潟の家

「篭場の(ほぼ平屋)住宅」上棟、超高性能、薄型の軒先

2018年11月09日 | 篭場の(ほぼ)平屋住宅

三条市で「篭場の(ほぼ)平屋住宅」が上棟となりました

延床面積が24坪ととっても小さい住まい
でも超高性能

耐震性能はいつも通りに耐震等級3をクリア
断熱性能は付加断熱によりHEAT20のG2グレードを余裕でクリア

小さいけれどギュッと詰まった住まい
「小さな巨人」って感じかな・・
山本キッド?内村航平?(例え方が間違ってるかな)

ちなみに、敷地が狭いわけではありません。
200坪超と敷地には十分な余裕があります

そんな住まいの建て方工事です。

ロフトタイプの小さな2階があるほぼ平屋の大屋根構造。



登り梁は、断熱材をキッチリタップリ充填するために、ワザワザ大きな梁サイズで揃えてある。



屋根面は厚合板で水平構面をガッチリ固める。



2次防水と通気層を作る。



屋根材の下地となる野地板を張る。これで大工の屋根工事は完了。



今物件の外観は、この伸びやかな大屋根がポイントになるので
超薄型の軒先となる様に構造が工夫されています。



母屋は出さずに、スッキリとした印象の軒先を作ります。



優秀で屈強な大工さんのおかげで、建て方2日目で耐力面材のモイスもある程度張る事が出来ました



もちろん、現場監督(私)の段取りが良いのは言うまでもありません

上棟式後にはお餅まきも行いました。
「ご近所の皆さんこれからよろしくお願いいたします
の意味も込めて。




いつも現場の職人にお気遣い頂いている施主様には大変感謝しております。
職人も私も、楽しくやりがいのある仕事をさせて頂いております。

引き続き今後ともどうぞよろしくお願いいたします


[住学]のFBページ出来ました。「いいね!」をよろしくね。
FBアカウントがなくても閲覧できるよ。

[住学]のFBグループページです。

[佐藤高志]のFacebookです。

[サトウ工務店]のFacebookです。

[サトウ工務店]のinstagramです。

ここも↓ポチっと
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村
ジャンル:
住宅
この記事についてブログを書く
« 住学第五回を終えて、住学効果 | トップ | 「住学第6回」参加者募集! »
最近の画像もっと見る

篭場の(ほぼ)平屋住宅」カテゴリの最新記事