一級建築士事務所 サトウ工務店

自然素材を使い省エネと快適性をデザインする 新潟の家

毎年恒例『今年の抱負3つ』

2021年01月03日 | 建築
新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします


(事務所からの冬景色)

いよいよ2021年がスタートしました。
毎年恒例『今年の抱負3つ』を掲げておきます
 
 
まず
『ギアを2段上げる』です。そう、スピードUPです。
歳を重ねるごとに1年間が短くなっていく。という実感
特に去年はコロナの影響で日常や仕事のスタイルなどが一気に変化(進化)

歳を重ねるごと、ゆっくりジックリ構えて… なんて間違っていました
歳を重ねるごと、スピードアップしていかなくちゃいけなかったのです。

ここ数年、たくさんの先輩方と知り合い強烈な刺激を受け、その方々に追い付きたくてもどんどん離される
そう、スピード感が全く違う事に気付きました。
定年間近、いや定年をむかえる方でさえ、全くスピードが落ちていない 
追いつく事も、背中を見る事もできるわけがなかったのです

そこで、今年はギアを2段くらい上げて、スピードUPしてみます。
どんな風景が見えるのか楽しみです


次に
『より良い住まいづくりに全集中
零細工務店である弊社は、営業やマーケティングは不得意かもしれない、
しかし、ものづくりには絶対の自信がある
 
契約をとるため、営業成績を上げるため、お客様の顔色をうかがいながら、忖度しながら、
素人(お客様)主導の住まいづくりをするのではなく、
プロとして本当に良いと思う住まいを提供していきたい。  
 
弊社では、熊本地震の半年前から既に5年以上 耐震等級3を標準としてきました。
温熱面でも今ではHEAT20のG3レベルにまで高まっている。
品質面でも自社大工を始め協力業者のおかげで超ハイレベルに。
デザインだって、まあ、そこそこ自信はある。
 
しかし、ここに満足せずもっともっと極めたい。
より良い住まいづくりに全集中して高みを目指したい。
 
 
そして、もう一つ
『偶然の確率を高める』です。
ラッキーは自分でつくる。って事です。今更気が付きました
 
近年「サトウはラッキーだね」って言われる事が増えたので、
その理由を自分なりに因数分解して解いてみました
 
例えば、昨年、偶然たまたま受注したようにみえる中規模木造の案件については、実は、、
① 10年前から施主様との信頼関係を築いていた。
② 5年前にウッドハブさんを訪問。中規模木造の相談先を作っていた。
③ 1年前から大型パネルを採用。少人数でも中規模の施工が可能となっていた。
などいくつかのカードがそろっていた事で、受注に結び付いたのです。

カードが1枚や2枚ではダメだったかもしれない。
たくさんのカードがそろう事で、偶然の確率が上がったんです。

日頃から興味のある事ややりたい事、そして人との縁を大切に丁寧につなげていくと、
知らず知らずのうちに手持ちのカードが増える。
そしてチャンスが来た時に、手持ちの中から最適なカードを切るだけでいいのだ。

偶然だと思われていた事は、本当は必然だった事に気が付いた。
今年はこの事を意識して、『縁』を大切にそして積極的につなげていきたいと思います。


そんなこんなで既に2021年がスタートしてます。
弊社の仕事始めは5日ですので。一瞬で5日/365日が経過します。

つまり、1年の1/73があっという間に経過することになっちゃいます
ホント!? 計算違い? ヤバ~イ
 
何はともあれ、今年はスピード出しまくりの年にします。
本年もどうぞよろしくお願いいたします


[サトウ工務店のHP]
[みんなの会HP]
[佐藤高志FaceBook]
[サトウ工務店FaceBook]
[サトウ工務店instagram]
[住学FaceBook]
[住学FaceBook(アカウントなくても閲覧できます)]
[みんなの会(プライベートグループ)]


ここも↓ポチっと
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村