TINKERBELL BLOG

茨城県取手市「美容室アトリエティンカーベル」ティンカーベルのスタッフを身近に感じていただければ嬉しいです

開店26周年

2014年08月27日 | Weblog
今朝、お花が届きました。
松戸のミヤザ○さん、毎年毎年ありがとうございます(^^)
今月28日で丸26年を迎えるティンカーベル、もう26年かぁ…
あと何年出来るかな(^^;)

さて、開店記念日が来ると思い出すのが『24時間テレビ募金』。
実は今年も募金箱を設置してあります。すでに沢山の募金が入っております。皆様の優しいお気持ち、お預かり致します。
今年は9月7日日曜日につくばイオンにて募金を完了させる予定です。引き続き、皆様の善意をよろしくお願い致します。

う~ん…
お花のいい香りが(^^)
コメント (8)

僕らの夏休み 最終日

2014年08月21日 | Weblog
はい、ラスト1日です。
ずっと天気が悪かったので、行けないかもしれなかった大雪山旭岳、ラストの日になんとか行けました。
慌てさせるとロクなことがないので、前日までに荷物の梱包を済ませておきます。
当日は早起きなんですけど、これまた適度にしておかないと後でグッタリされるかもしれませんしね。
晴れてくるのが10時頃だというので、それに合わせて登山口に到着します。なんとか展望も望め、素晴らしい景色。このまま山頂までもってくれればいいなぁーと。
ところが、思いのほかのんびりし過ぎてガスが上がって来ちゃいました。見えるんですけど、スッキリじゃない(^^;) 食事を済ませてそれなりに盛り上がって、さあ下山です。
これなら問題なく帰れるな…。
そころがまたまたのんびりし過ぎて、けっこうギリギリになってしまいました。
なんせ、北海道入りを新千歳にしたものですから(さっぽろ朝市に行きたかったから)、その後レンタカーで旭川まで移動したのです。その方が安く早く北海道入り出来たということも一つの理由ですけど。
つまり、下山後新千歳まで200km以上車で走らなければならないのです。
慌てて荷物を片付け、車のナビをセットしてビックリ!なんと到着時刻が飛行機が飛び立つ5分前なんです。
1時間は時間を詰めないとまずい。
まあ、ナビはゆっくりめの設定になっていると思うので、もう少し早く着くとは思いますが…。
九州以来です、こんなに焦ったのは。捕まらないように飛ばしまして、ギリギリセーフ(笑)
温泉も無し、食事も機内でお弁当でした(笑) ハラハラしたけどすごく楽しい4日間でした。お客様方、ご迷惑をおかけ致しましたが、明日から平常通り営業させていただきます。
皆様のお越しを、心よりお待ち致しております。
コメント (2)

僕らの夏休み5

2014年08月20日 | Weblog
のんびり起きました。
のんびり朝食をとりました。

そういえば、楽天イーグルスの選手達も同じホテルでした。そして星野監督と同じエレベーターでした。
溜め息ついてました。腰痛いんですかね…。
お大事にしてください。

朝食バイキングでは、選手達は食べ物に気を使っていましたね。たんぱく質やグレープフルーツ(抗酸化作用や細胞の若返り作用があるみたい?)を中心に食べてました。って人が何食べていたっていいじゃないですか(笑)

女房が耳の調子が悪く、天気も悪いので今日は女房は耳鼻科へ。そのあと科学館に行きました。
旭川の科学館は『サイパル』といって、なかなか面白いと思います。
体験型のものが多く、案内してくれる方々もお話好きでこんなこと来館者みんなにやっているとしたら、ものすごく大変です。
でも、僕らと一種の同じ感覚なのかもしれませんね。僕らも朝から閉店まで、それぞれのお客様相手に同じような話をしたりします。それでもイヤにならないのは、それぞれ反応が違うからなのでしょうか…?
ニコニコしながら楽しそうに話かけてくれます。すると、こちらも喜ぶわけです。たぶんそれを見て役に立った感覚が嬉しいのでしょうね。
おかげさまで、楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました(^^)

そして今晩はジンギスカンを食べに行きました。
旭川出身のお客様にいろいろ聞きました。ジンギスカンなら『大黒屋』で!と、力強く勧めてくれました。
ちゃんと開店前に行きました。
開店の17時にはすでにほぼ満席。
すごいです。
そして店内はあっという間に煙幕攻撃で、視界は画像の通りです。
美味しいのですが、息苦しいです(^^;) 北海道の人は根性あります(笑)
コメント

僕らの夏休み4

2014年08月19日 | Weblog
天気予報は8時ごろから雨。
今日は大雪山ハイキングはやめたんです。そして旭山動物園に行って来ました。
その前に…

家族はゆっくり寝て、起きたら朝食バイキングを食べて、荷造りして(ホテルをチェンジします)チェックアウトします。その時間までに僕だけ十勝岳に登ってきました。
ふだんは雨の登山はしません。
ですが、北海道まで来て多少の雨なら登ってみようと思いました。幸い大崩れするのは昼過ぎからだという予報なので、降られても大したことないと判断しました。
あとは現地の匂いを嗅いで判断することにしました。
午前3時起床、4時45分登山口をスタート。意外なほど景色も望め、数時間後、雨が降るとは思えないほどです。
予報がダメなせいなのか、登山者もほとんどいません。
山頂へ向かうのは前にも後ろにも僕だけ。雨が降る前に、そしてチェックアウトする前に登り切ってしまいましょう。それにしても、北海道の山は美しい。残念ながら花はほとんど終わっていて、秋の花が少し咲いているだけでした。ここは活火山です。今も前十勝岳はガスが出ていて入山禁止です。その薫りを嗅ぎながら稜線に出ます。
久しぶりに時間に追われて呼吸が荒くなる登山をしました。しかし、山頂を目の前にしたところでいよいよ雨が降り始めました。仕方なくレインウエアに身を包みました。
風も強まってきました。予報より早く崩れてきたようです。山の天気はそういうもんです。只今午前6時。

心細い気分で山頂をゲット。よし、早めの下山を心がけよう…。
すると、山頂でレインウエアを今更ながらに着込んでいるご夫婦2人組あり。なんだかこんな日に登る奴は僕ぐらいなのかと思っていたので、ちょっとホッとしました。
ご婦人方は縦走してきたらしく、下山の道案内を僕に頼りたいと言ってきました。さらに車で白金温泉まで送って欲しいと…。
それは構わないのですが、僕にも予定があるので、下山のスピードか同じようなら送りますよ(^^) と言って下り始めました。
20分程で影も形も確認出来なくなるほどはるか後方に遠ざかってしまいました。申し訳ありません。どなたか他の人をお探しください(^^;)

雨は時折強弱を繰り返しています。
すると、あとから何組かのパーティーが上がって来ます。
うーん…
今日、この時間から登るのはどうしてですか?僕が焦って登ったのは天気が崩れるからです。皆さんは天気のことを知らないわけではないですよね?風も強くなり始めていますよ?
今までは大丈夫だったと思います。でも、もしかしたら今日は違うかも知れませんね。僕は登る前も登っている途中も敏感に危険な匂いをかぎ続けていましたよ。僕がビビっているだけなのでしょうか…。

画像は十勝岳昭和噴火口越しに見た美瑛岳です。
コメント (1)

僕らの夏休み3

2014年08月19日 | Weblog
バーン!
と熊です。
いきなりお目見えしたのに、意外にも冷静でした。
ま、それも当たり前なんですけどね。(笑)

ここは旭山動物園です。(^^)
天気が悪いので、家族での大雪山ハイキングはお預けです。
雨のおかげで、動物園もすごく混んでいる感覚もなく、隅から隅まで楽しむことが出来ました。
今でこそこれだけ有名になった動物園ですが、来てみると小さな見た目普通の地方にありがちな動物園です。
おそらく、何もしなければあっという間に落ちぶれてしまうところだったでしょう。
目に付いたことがあります。随所に配置された係員の方々が、小さな手帳にコチョコチョ何かメモしているのです。ちょっとメモしちゃまたメモしています。
おそらく、お客さんの反応をメモしてるんだと思うんです。なるほど…。こういうことの中から、アイデアが浮かんでくるのでしょうね。スタッフ皆さんで話し合って、立場を越えて意見を述べあうのです。(想像できますね)
動きのある動物たちの観察もさることながら、職員さんたちの動きも僕にとっては非常に興味深かったです。
自分たちの仕事(作り上げたもの)が、認めてもらえてそれが形になって(お客さんの歓声とか…)現れたとき、仕事に対する自信と喜びが生まれるのかも知れませんね。

楽しかったです。
ただ檻の中の動物を見るだけではない刺激がありました。こんなに小さな動物園で特別な動物がいるわけでもないのに、僕らが知らなかったことを教えてくれたことにただただ感動するのみでした。
いい勉強をさせていただきました。
コメント (2)

僕らの夏休み2

2014年08月18日 | Weblog
丼兵衛さんで二時間近く待って、海鮮丼を思い切り堪能した僕らは、札幌時計台やさっぽろテレビ塔を見たあと、一路旭川へ向かいました。
JALパックで予約したホテルにチェックインしてから、送ってあった登山用品を取り出して翌日の準備をしました。明日は大雪山旭岳へ家族で登ります。家族で登るなんて筑波山以来です。
ちょっとゆっくりしたあと、市街に繰り出してみました。買い物するにしても、同じ日本そう変わりはおりません。見ただけでおしまい。
ホテルの人に聞いたラーメン屋さんで旭川ラーメンをいただいてみました。
とりあえず、旭川は醤油だということなので、それを。
旭川ラーメン大賞を受賞した『まつ田』さんに行ってみました。
醤油系は僕にはさほどではありませんでした。そのかわり、たった一枚頼んだ餃子が生まれて初めてのパーフェクトな美味しさで、結局おかわりおかわりで4皿食べてしまいました。こんなこと初めてでした。
帰り道に子供たちにケラオケをせがまれ、1時間半ばかりですが唄わせてホテルに戻りました。
先ほどチェックしたら、明日の天気予報が思わしくないので、明日は旭岳には登らないかもしれませんね。
そうしたら、旭山動物園ですかね~(^^;)
コメント (2)

僕らの夏休み1

2014年08月18日 | Weblog
お盆休みも終わり、皆様方におかれましてはご旅行、ご帰省、ご法事などお忙しくご活躍されたことと思います。
そして皆様が通常の生活に戻られたら、次は私どもの夏期休暇となります。
夏休みは恒例の4日間、山田はどうやら毎日海に通うみたいです。たまにはいつものポイントではなく、サーフトリップなんいうのもやってみると面白いと思うんですけどね~。
彼は自分のテリトリーとリズムを変えないタイプですね(^^)
一方僕はもちろん家族サービスです。今年は全員が僕の休みにうまく合いまして、思い切って北海道に行く事になりました。
実は家族で大雪山にも登ってみることになっています。天気がもってくれるといいのですが…。
僕の一番楽しみにしているのはもちろん山、北海道の山は独特です。自然が素晴らしいですからね。女房と子供たちは美味しいもの(^^;)だそうです。

そんなこんなで飛行機で一時間強、新千歳空港に着きました。
レンタカーを借りて、札幌に向かいます。まず、市場の裏手にある地元民向けの食堂に行きました。営業は6時とか7時とかから昼過ぎもしくはネタ切れで終了なんだとか。
カウンター席のみ6席、穏やかそうな感じの武田真治の親戚みたいなタイプの店主がひとりで、慌てることなく順番に出していきます。
途中、ウニが無くなったらしく隣の店に仕入れに出てました。ふだんはムラサキウニを使うんだそうですが、そのムラサキウニがなくなっちゃったらしく、今日はバフンウニです。と言ってました。
僕らはめちゃめちゃラッキーでしたね(^^) ほとんど儲けが出ないらしいですよ。

今日ご馳走になったのは、『さっぽろ朝市』内『丼兵衛』さんでした。
美味しかったですよ~(^^)
コメント (2)

連休のお知らせ

2014年08月13日 | Weblog
日頃よりご愛顧下さいまして誠にありがとうございます。
連休のお知らせです。

8月19日月曜日から21日木曜日まで、夏期休暇を頂戴いたします。
お客様方にはご迷惑をおかけ致しますが、よろしくお願い申し上げます。

また、来年より定休日の変更を予定しております。
現行毎週火曜日と第一第三月曜日を定休日と致しておりましたが、これを毎週火曜日と第一第三水曜日に変更させていただきます。
定休日表を発行致しますので、ご確認下さいませ。

それでは皆様、残暑厳しい折から体調にお気をつけ頂きまして、残りの夏をお楽しみ下さい。
コメント

富士山に集合せよ

2014年08月05日 | Weblog
毎日毎日お暑うございます(^^;)
僕は毎週山で涼んでおります。
さて、このたび親類のメンズ野郎達で富士山に登りました。
まあ富士山、日本一高い山で有名ですが、日本一タバコ臭くゴミの多い山でもあります。
それなのに多くの人々が登ります。
それなりの魅力があるのでしょうね。
そんなわけで、一度は登ってみたいという男ども4人合わせて200歳(笑)が、静岡県側富士宮登山道より日帰りを計画しました。
この時期は山頂の天気が不安定なことも多く、下界は晴れているのに上では暴風雨なんてことも多いのです。(今回はまさにそれです)
今回は山頂での御来光を外して、混雑しない時間帯を狙いました。スタートは水ヶ塚駐車場(マイカー規制でここに駐車します)に午前2時からタクシーで富士宮新五合目にアクセスします。寒いです。最初は短パンでしたが、そのうち風も強いので防寒のためにレインウエアを着ます。
天候はかなりマメにチェックしていましたが、この日は行けるけど最高の一日にはならないと始めから分かっていました。
それでも諸事情を抱えた者同士が平日に集まるにはなかなか難しいので、まあちょっと苦しいぐらいが良い思い出になるし、せっかく用意したもの(雨具ね)をすべて使い切って思いきり登り切るのが良いのかも?
雨あり風ありでつらい局面も経験しましょうね(笑)
富士山といえば御来光?やっぱり見たいですよね。でも山頂からではなくても、中腹でもずいぶんな高度がありますから、それほどこだわらずに山頂直下の急登にさしかかるときの混雑を避けることにしました。
富士宮登山道からの御来光は水平線から登るというよりも宝永山にかかりながら登ります。それはそれで趣があります。登山道には休憩出来るスペースがあまりないので、登山道自体が空いていないとマイペースで登れません。このようなことから、この時間のスタートを決めました。問題は登山前に睡眠をきちんと取れるかどうかということです。だいたい興奮して良く眠れないんですけどね(笑)
とにかく、富士山を登るに関してはすべて初めての人達を連れて行くからには、いろいろと考えて計画しないといけません。
何を優先して何をあきらめるかですね。
富士山は日本一高い山ですから、登る人はそれなりの覚悟を決めていると思います。まして男どもはちょっと辛いことに挑戦したがるものなんです(笑) なので、ギリギリもうだめの直前で終わるのがいいのです。
今回はまさにその通りになりました。たぶん今日は起き上がることもちょっぴりキツい1日になっていることでしょう(笑)
そして、この富士登山にはもう一つの理由がありました。
僕ら親戚の子供達が仲良く付き合える環境を作ってくれていた叔母が亡くなる前に残していた俳句がありました。
『富士の山 みゆるところにすむ人は あした ゆふべに たのしかるべし』
つまり、叔母は富士山を見たことがないのです。
遅ればせながら富士山を見せてやろうよ…と僕が言ったのがきっかけとなりました。日本一の母さんを日本一の山の頂に…。
その長男がこの富士登山のボスとして、その脚でその想いを担ぎ上げました。
この日、山頂では喜んでくれたのか叔母の涙が猛烈な雨となって降り注いだとさ…。
(画像は山腹から見た宝永山です)
コメント (6)