TINKERBELL BLOG

茨城県取手市「美容室アトリエティンカーベル」ティンカーベルのスタッフを身近に感じていただければ嬉しいです

往復1500km 青森日帰り登山

2014年04月29日 | Weblog
僕、またやっちゃいました。
予定していた燧ヶ岳のバックカントリーツアーが中止になり、非常に残念だったのですが…
天気も悪いし、世間は休日だし、あきらめモードだったのに、ちょっと見てしまった八甲田山の天気がなんと快晴。まさか、そんな。どうせあてにならないんでしょ?
ところがどっこい、猪熊さんのヤマテン(前にもお話しましたが、猪熊さんは山の天気の第一人者です)でも穏やかに晴れる…と。
でもね祝日で火曜日、家族で過ごす絶好のチャンスじゃないですか?それを『山に行きたいからゴメン』と言えるかコノヤロウ! でも八甲田山行くならバックカントリースキーで行きたい。それも火曜日で晴れ、時期的にはドンぴしゃ。
ダメと言わない女房は『行っておいで~』と。こんな亭主ですまぬ。これもカリスマ美容師になるための修行なんだ、つまり仕事なんだ。
(天の声…結局行くんだろ?おまえさんはそういう男だ。あとで穴埋めしなさーい)
前おきが長くなりましたが、ぶっ通し8時間運転して夜も明けた午前4時半、青森県酢ヶ湯温泉の八甲田山登山口に着きました。出来ることなら暗いうちに寝たかった(^^;)
2時間寝てハイクアップ開始。予報通りの快晴、弘前の桜も満開だそうだ。心地よい柔らかな日差しの中、無事に山頂までたどり着きスキーを履いてドロップイン。
お昼前に下山したので、ついでに同じ青森の岩木山も登ることにしました。
弘前公園の桜渋滞を避けて岩木山にアクセス。本当は弘前の桜も見たかったけど、ラジオが激しい混雑を伝えているので無理だと判断しました。
岩木山もスキーで滑りたかったけど、滑れるコースが車に戻って来れないので断念します。スキーバスもあるけど時間が無いので仕方ないですね。
帰り道、大白温泉に浸かりました。ちょいツルの掛け流しで僕の好きなお湯でした。ちなみに今日は蕎麦は無しでした(^^;)
では残り650kmの運転頑張ります。明日は仕事です(^^;)
コメント (2)

羽田発、春になった北海道。雌阿寒岳日帰り。

2014年04月21日 | Weblog
ずっといい天気だった僕らの休日。本州の天気は軒並み雨。あー連休なのにすごく残念。
どこかいい天気になるとこはないかなぁ…え?北海道?それも網走方面。どうしよう…
まあでもいつか行こうと思ってたし、北海道に行ったことないし。
そんな時のために、なんとなく下調べしてあったし。よーし思い切って行ってみるか!
そんなわけで朝一番の羽田発の女満別行きの飛行機に乗りました。
行き先は北海道初めてだし、まだまだ雪山だし、短めのルートで良い山っていうのは…あるある阿寒岳ね。
阿寒岳は雄阿寒岳と雌阿寒岳があって、標高が高い方がなぜか雌阿寒岳の方です。今日はそこに登りました。9時前に女満別空港に着き、レンタカーで野中温泉に向かいます。その近くに登山口があります。
さすが北海道、この時期でも登山口からいきなり雪があります。
最初はツボ足(アイゼンとかスノーシューなど雪に対して有利なものを付けないで登山靴だけで歩くこと)でしたが、ちょっと傾斜が急になるとキックステップ(雪に蹴り込みを入れて階段を登るように登ること)しなきゃならないので、面倒くさくなって、いきなり12本爪のアイゼンを付けました。おー楽々(^^)
格好つけてノーアイゼンなんて危ないだけだと思っている僕は、これでいいのだ。
やがてハイマツ帯を抜けると岩石が多くなり傾斜もかなりの急登になります。雪が柔らかいのでスリップしても激しく滑落しないと分かっていても、かなり恐怖感がありました。
念のためストックをしまい込んでピッケルに持ち替えます。夏道ならジグザグに登るのでしょうが、雪が付いているとやっぱり直登が多くなりますね。
短めなルートなのに気疲れと慎重なステップで、かなり疲れました。何度も何度も立ち止まりながら、やっとの思いで稜線上に…と思ったら、え?まだあるの?…あそこかぁ。(グッタリ) それを越えたら、ええっ?ははははは(^^;)まだあった。山頂はあそこか…。
本当にやっとの思いで登り切るとそこは神の領域でした。雌阿寒岳の息づかいが聞こえてくるようです。そう、ここは活火山。物凄く深い噴火口の中に2つの沼があります。それは『赤沼』と『青沼』といい、本当にそういう色をしています。今はまだ凍りついているのではっきりとした色ではありませんが、確かに赤い鉄錆色と緑青(ろくしょう)のような青みが見てとれます。
そして山頂には僕一人。
穏やかな日でも山頂はやっぱり風がけっこうありますね。
ひと通りシャッターを切ったら下山します。下りの方がなぜか恐怖感があまりありませんでした。沢に吸い込まれてしまうような錯覚を感じながら、かかとをグッグッと押し込んでいきます。下りは得意なので、あっと言う間に下山しました。
さて、レンタカーを停めたところが野中温泉なので、もちろんそこに入ります。国民宿舎なんですが、日帰り入浴出来ます。
ここはねぇ~良いらしいんですよ。
シャンプー無し、石けん無し、蛇口無し(笑)なのです。山小屋にある風呂みたいです。でもね、すごい濃さそうな成分と酸が強めで湯の花もすごい。木の香りと温泉臭が素晴らしい。で、なんと300円(^^)
この辺の日帰り温泉はみんな安いです。
気持ちよくなったところで、こんどはお土産を買いに物産展に寄りました。空港でもお土産を買いました。
どこに行っても北海道の人はみんな優しいです。とてもいい旅になりました。
あ!そうそう、物産展の食堂で蕎麦を食べました。オーダーストップギリギリなのに嫌な顔一つしないで作ってくれました。北海道の蕎麦ももちろん初めてです。それなりに美味しかったですよ(^^)
コメント (2)

月山の動画をアップしました

2014年04月19日 | Weblog
先日出かけた月山バックカントリーの動画を作ってみました。
ティンカーベルのホームページ『よってらっしゃ~い』からご覧いただけます。
http://www4.ocn.ne.jp/~tinkerb/
コメント (2)

月山バックカントリー

2014年04月15日 | Weblog
前夜発、0時半に月山パーキングエリアに到着し車中泊しました。
月明かりでうっすらと月山の山並みが浮かび上がっています。
6時に目覚まし時計をセットして、起きてみるとつくばナンバーの車が止まっていました。あらら(^^;)好きねぇ~月山行くのかな?一足先に出発して、時間規制の道路前のゲートに並びます。7時開通ですが、少し早めに開けてくれました。その間に珈琲をポットに沸かして入れてました。
すると先ほどのつくばナンバーの方たちが後ろに着きました。程なく開通し車は月山スキー場へ向けて走り始めました。
僕の前にはなんと静岡ナンバーの車です。話かけると感じのいいおじさんでした。なんと8時間以上かけてここまで来たそうです。あなたも好きねぇ~(^^)
駐車場に入ると僕はつくばナンバーのお兄さんに話かけました。初めて来たそうです。可愛い彼女を連れていましたが、一応自分だけ登れる用意をして来たそうです。が、彼女が一緒だとかわいそうだと優しさ満点です。
ところがリフト降り場でまた会うと、しっかり登れる用意してありました。え?彼女大丈夫なんですか?
割といつも適当に滑ってあとで落ち合うんだとか。えらく優しい彼女ですね。こういう人をお嫁さんにするといいんじゃないの?(^^)
さて、ここからつくばナンバーの彼と2人のツアーが始まりました。
山頂までは僕はスキーにシールを貼って彼はボードを担いで登ります。なんだかんだで3時間近くかけて山頂をゲットしました。またまた晴れで穏やかな日に当たりました。ちなみに山頂まではスキーアイゼンか12本爪のアイゼンが必要です。シールのまま登っている人もいましたが、僕らは手前に板をデポして登りました。360度丸見えの美しさでした。
下山はもちろんスキーです。軽快にと行きたいところですが、登ったあとはやっぱり乳酸が溜まって攻めの滑りが出来ません。なんとかスキー場ベースまで戻ると彼女がうつぶせで寝ていました。本当にゴメンナサイ。だいぶ時間かかっちゃったですね(^^;)
一緒に食事してサヨナラしました。お二人とも今日はありがとうございました(^^)おかげで楽しかったです。のちほどお店のホームページに動画をアップする予定ですので見て下さいねー。
さて温泉♪
帰り道、一番近い民宿の日帰り温泉にお世話になりました。『志津温泉、五色亭』というところです。温泉マークに吸い寄せられました。お風呂は小さいものの目の前に月山が見え、僕だけの貸切となりました。お湯はかけ流し循環のちょっと熱めのお湯でした。泉質はわずかにツルっとして気持ち良かったです。受付けてくれたお父さんが感じ良かったので星4つ!
そして蕎麦(^^)
蕎麦屋が準備中だったので高速道路のサービスエリアでお土産を買いながらすませました。寒河江SAの限定で鶏そばを頼みます。冷たいつゆがさっぱりして、けっこう美味しかったです。75点!
そんなわけで月山を後にしました。次はどこ行こうかなー(^^)
コメント

この陽気が気持ちいいぞ。丸沼高原スキー場

2014年04月08日 | Weblog
今日、何回聞いただろう…『気持ちいいねー』と。
そう本当に春の柔らかな日差しの中で滑るのは、これまた格別なんですよね。
昨日、秩父の山に登ったのには訳がありました。そう、丸沼高原スキー場行く途中だからです(笑)
山おりたら車で丸沼まで移動しようと思ってましたが、なんだか眠くなっちまいましてかなーり手前のパーキングエリアで9時間も寝てしまいました。とても気持ち良かったです。
さて、丸沼の雪は…当然朝はガリガリで、だんだんザラメの滑りやすい状態になって来ました。サラサラの雪の方がいいけど、僕はザラメも嫌いじゃないですよ。でもやっぱり春の陽気で気持ちよくなっちゃうから、雪質なんて細かいことは別にね。悪くなきゃいいか(^^)ってなっちゃうからかも知れませんねー。
今日の滑りは、自分の悪いクセに気がついているにもかかわらず、直せなかったところの対処法に気がつきました。これはとても大きな収穫だと思います。
来て良かったぞ!丸沼高原スキー場♪
さて帰りはもちろん温泉♪
えーでは申し上げます。
今日も4軒に振られまして5軒目でやっと入れました(^^;)
定休日やら臨時休業やらで、参りました。一番悔しかったのは、定休日とも書いてなくて風呂道具持って、いそいそと入り口まで行ったら「改装中で休みです」と。え?あなた僕が車停めるところ黙って見てましたよね?僕だったら寄ってきて「大変申し訳ありません。せっかくお寄りいただいたのにご不便かけまして」とか何とか言いますね。
ま、しょうがない…。
最後にたどり着いたのはゴルフ場のお風呂。ここは『初穂の湯』といいまして、ここらへんの源泉です。ほかの温泉はここからひいていると聞いたことがあります。以前にも何回か訪れましたが、スキーシーズンが終わると1,000円になってしまいます。シーズン中は500円だったかな?でもね、本当にいい湯です。ツルツルの美肌の湯です。
さて次、蕎麦ね。
一番目に蕎麦の看板見たら入ると決めてました。
あった!
メニュー見たら~あら美味しそう。どれにしようかな~
すると「あのーお蕎麦だけ終わっちゃったんです」
…(x_x)
「そ、そうですか…。では、このすき焼きうどんで。」
うどんもキライじゃないんですけどね…。
やっぱり風呂上がりは蕎麦でしょ!?
冷たいザル蕎麦…。ね♪
コメント

春爛漫の山行

2014年04月07日 | Weblog
秩父に来ました。
予定していた山の状況が悪く、急遽行き先を変更することにしました。
こんなときのために、いくつかの山を下調べしてあります。今回はその中からチョイスしました。
まず伊豆ヶ岳、山頂へは一番乗りで、僕が腰を上げるまで誰も来ませんでした。次にその裏側の蕨山、こちらはかなりの急登でかなり体力を使いました。最後は日和田山から物見山までをピストンしました。
画像はその日和田山を見上げる巾着田からの風景です。まさに今、桜と菜の花が満開です。
いや~疲れました。1日の高低差1700mほどでした。ちょっと前までは大丈夫だった行程もなんだか最近つらいです。歳のせいでしょうか…。
ぐったりしたところで温泉ね(^^)
これが楽しみで山に行ってるのかも?
車で5キロぐらい走って『宮沢湖温泉、喜楽里』という温泉に寄りました。何でもあってお風呂もたくさんの種類があるスーパー銭湯ってやつですね。でもちゃんと温泉でした。お湯は特徴のないアルカリ単純泉ですが、施設がきれいでなんでもあるので星4つ半です。
でもやっぱり僕としては、山に来たら秘湯に入りたいですね。ま、秩父あたりでは仕方ありませんけどね。
それから、蕎麦屋も入ってました。疲れたので肉そばというメニューを注文しました。温かい汁に冷たい蕎麦をつけて食べる。普段あまり食べないスタイルです。
味はまあまあのまあ。蕎麦は細くて好みでした。たいしてお腹が膨れなかったので、クリームあんみつを追加しちゃいました(^^)。こちらは美味しかったですよ。
そして明日はスキー場でテレマークの練習します。
コメント

この間行った八幡平、テレビでやります。

2014年04月06日 | Weblog
3月4日に登った八幡平で『絶景百名山』の撮影スタッフさんとお会いした話は以前のブログで述べましたが、いよいよ放映決定です。
4月11日金曜日22時からBSフジで見る事が出来ます。
あの日山頂でお会いしたスタッフの方々と、ガイドの平山さんの楽しそうな笑顔が印象的でした。仕事とはいえ、皆さん山が好きなんだなぁとつくづく思いました。
あの日あの時、僕が見てきた八幡平の姿をぜひ見て下さい。
コメント

早朝テニス

2014年04月01日 | Weblog
今日は山はお休みです。
春休みなので、家族でお買い物です。その前に娘とテニスしました。
肩を壊しているので、あまり力強く打てません。
久しぶりに打つと、やっぱりうまく出来ませんね~。スカってばかりでした(^^;)
終わってから『龍ケ崎の最高峰、たつのこ山』に登って桜を眺めてみました。すっかり春ですね。
その後、柏とつくばに出掛けましたが増税後でも皆さん普通にお買い物してましたよ。人出は少なめでしたけどね。
コメント