TINKERBELL BLOG

茨城県取手市「美容室アトリエティンカーベル」ティンカーベルのスタッフを身近に感じていただければ嬉しいです

関東百名山100座目『天上山』その2

2019年11月07日 | Weblog
僕が取ったのは「特2等船席」。

前々からいろいろ調べておいて、僕ならこれで十分だと思いました。

足元にザックを置いて横になるスペースが十分にとれる二段ベッドです。
上の段になりました。
ハシゴを登って中に入ると安っぽい絨毯ですが、少し柔らかい感じです。
そこに毛布が1枚と小さな枕が備え付けられていました。
十分快適に寝れそうです。

荷物を置いて船内を探検しました。
レストランがあり、1時間ほど営業するようです。
シャワールームもありました。

ベッドに戻り、明日の計画を確認します。
そんな事をしているうちに消灯の時間が来ました。
スマホの電源を切り、目覚ましをかけずに寝ます。どうせ大島に着く6時にはアナウンスで起こされるはずですから。

案の定5時30分にはアナウンスがあり、目が覚めました。
大島も見てみたい。
デッキに出ると朝焼けで真っ赤になっていました。画像は大島岡田港に近づいたところです。

警察官がいました。
やはりこれも仕事なのですね。
早い時間なので大変です。ご苦労さまです。

大島で下船する乗客を降ろすと、船はすぐに出航しました。
次の利島には7時40分の予定なので、ベッドに戻り二度寝しました。
7時過ぎにアナウンスが入りました。
レストランも営業するようです。

デッキに出てみました。
カップ麺をすする若者、慣れたそぶりです。
本土と大島が普通に見えて、そんなに離れていないなと感じました。
船内に戻り、レストランに入ってみました。
ここで腹ごしらえすれば山では買ってきたパン1つで行けると思ったからです。

売り切れなメニューがいくつかあったので、きっと夜のうちに出てしまったのかな。
オムライスにしてみました。
娘が好きなのでそれを思い出したからです。
お味は普通に美味しいです。
わりと味がはっきりしていてスープも付いていました。900円でした。

やがて新島です。8時35分だったかな。
横に長い島の形です。
新島といえばサーフィン。
波乗りしてた頃憧れました。
そうそう、竹芝の待合室にサーフボードを持った人がいました。

僕の同級生は高校生の時、友達同士で新島に行っています。僕は新聞配達があるので誘われもしませんでした。仕方ないですね。
今でもその時の話しが出ると僕はただ黙って聞くだけです。
そんな記憶がある新島。ついにこの目で見ました。

やはり警察官がいました。
ちゃんと手伝っています。
そして一人一人に出迎えの挨拶をしています。
で、停まっている車のナンバーは「品川ナンバー」でした。ちょっとした違和感。
そうですよね、東京ですから。

新島の次は式根島です。
すぐ隣りなので25分で着きました。
とても小さな島です。
ここで暮らす人達の生活はどんな感じなんだろう。

10時、やっと神津島です。
出迎えてくれる警察官に挨拶をして島に降り立ちました。
GPSを起動します。
ちゃんと携帯も使えます。離島なのに凄いな、ここに電波飛ばすのは大変な作業だったかもしれないと思うと頭が下がります。

観光案内所に向かいます。
GPSに登録した位置が間違っていましたが、「まっちゃーれセンター」があったので入ってみるとそこに観光案内所はありました。

『こんにちは、キャンプ場の予約をしたいのですが』
『そこの上から二段目の書類に記入して下さい』
『はい、お願いします。それから天上山の登頂証明書をお願いしてあったんですが⋯』
『はい、高橋様。出来上がっております』
『それからバッヂと温泉の前売り券も下さい』
そつなく短時間ですべての手続きを終わらせました。
そういえば隣にいた人も沢尻キャンプ場を予約していたな⋯ 今夜会うことになるでしょう。

この沢尻キャンプ場、あまりのマナーの悪さに閉鎖になります。
来年の3月いっぱいの予定です。
それもあって今回どうしても来たかったのです。


その3へ続きます。
コメント   この記事についてブログを書く
« 関東百名山100座目『天上山』... | トップ | 関東百名山100座目『天上山』... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿