gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

:;l

2017-11-15 14:13:43 | 日記
22 :名無しピーポ君:2013/06/18(火) 02:04:15.14
国家公安委員長、交通違反の取り締まりに苦言

読売新聞 6月4日(火)12時13分配信

古屋国家公安委員長は4日の32 :名無しピーポ君:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
先日萩観光の帰りに、後ろから煽ってきた覆面パトにキップ切られました。

県外ナンバーや「わ」ナンバーを故意に狙って取り締まってるので
山口県に観光で来られる方は気をつけてください!! 閣議後の定例記者会見で、警察による交通違反の取り締まりに
ついて、「取り締まりのための取り締まりになっている傾向がある」と苦言を呈し、
あり方を見直す必要があるとの考えを示した。

古屋委員長は「取り締まりは事故防止に役立つことが大切だ」と指摘。歩行者のいない50
キロ制限の片側2車線の直線道路を例に挙げ、「交通の流れで70キロくらい出る。そういう
所(での取り締まり)は疑問」と述べた。欧州では歩行者が多く道路の幅が狭い街中などで厳しい
取り締まりをしているという。

123 :名無しピーポ君:2013/06/18(火) 02:05:13.47
 古屋圭司国家公安委員長は4日の記者会見で、交通違反の取り締まりについて「違反した側も納得できるようにする必要がある」とした上で、
「歩行者が出てくる危険性がない道路で、制限速度を20キロオーバーしたことで取り締まりの対象になるのは疑問」という趣旨の発言をした。

 古屋委員長は「取り締まりのための取り締まりになっている傾向があり、警察の信頼という視点からもちょっと疑問符がつく」と指摘。
片側2車線で「歩行者が出てくる危険性もない制限速度50キロの道」を例に挙げて「交通の流れに逆らわずに行くと70キロぐらい出る」とし、
「20キロ以上超えると取り締まりの対象になる。そういうところはどうかなといつも疑問に思っていた」と話した。

 古屋委員長は3日に全国の警察本部長らを集めて東京都内で開かれた会議で取り締まりの実態を詳細に調査するように訴えたことを明かし、
「真に交通事故の防止に資する取り締まりを目指す」と語った。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130604/dst13060411450006-n1.htm
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« , | トップ | , »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事