2peace@love的日常ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

オーディション番組【歌スタ】出演をきっかけに結成されたデュオ、小寺可南子&墨谷美輝によるブログ☆★

最終プレゼンまでの道!其の七

2007-02-17 17:04:14 | 自己紹介
2006年は、怒涛の一年だった。



春、まだ寒さも残る頃、
ふたりが出会って約一年になる頃、
私とみきてぃはストリートライブを決行することに。
それにあたって考えたユニット名が「2peace@love」
To peace, at love とダブルミーニングでもあるこの名前。
私たちふたりの欠片という意味のPIECE、そして平和のピース、
歌を聴いてくれた人たちを幸せにしたい…という願いを込めて。
そこに私たちの自作曲に共通したテーマでもあるLoveをつけたした。
「ごん&ラックス」に比べたらかなりオシャレで、少しこっ恥ずかしい(笑)
生まれたてのこの名前をこれからいっぱい広めていこう。
2peace@loveの小寺可南子と墨谷美輝。


さてさて、ストリートライブ。
今までそんなことやったことないから
始めはもうしどろもどろだったけど、
「少しでも多くの人に自分たちの歌声を聞いて欲しい」
そんな思いからはじめたこのストリートライブは、
私たちを大きく成長させてくれる経験になりました。

全然足を止めてくれない人通り、
へこむ度に色々思考をこらして
慣れないながらも回を重ねるうちに
人に歌を聞いてもらうことの難しさ、
反応があることの嬉しさを実感しました。



蒸し暑い夏のまっただなか、
「最低週に一回はどこかで歌う」と決め
その目標を守る為には練習や、打ち合わせ、
歌う場所を増やしたり新しいことに挑戦したり…
私たちはますます頻繁に会うようになりました。

これでもかってくらい会ってると、
お互い見えてなかったところもたくさん見えるようになる。
それだけたくさん会ってたけど、
プライベートで純粋に会う頻度は少なくなったように思う。

常に音楽をはさんでの私とみきてぃ。
それでいい。運命共同体になる人だから。
楽しく音楽活動をやってこれている実感はある。
そこいらのどんな二人組みのミュージシャンに負けない絆だって持ってる。
だけど、もともとでこぼこのふたり。なかなか決まらない最終プレゼン…。
二人の心に焦りや苛立ちが見えだし、やる気と不安は背中合わせだった。

ときどき、お互い弱音を吐くときもあった。
私は、落ちたらきっともうチャンスは無いって嘆いた。
今まで受けてきたのはただのオーディション、
落ちても次受けよう!で済む話。
軽いノリでここまで来ちゃったけど、
深夜とはいえ沢山の人が見るテレビ番組で
良いか悪いかのふるいにかけられてしまう。
とてもシビアなジャッジがそこに待ち受けているのだ。
もし落ちたら、落ちた奴を、支持してくれる人なんかいない。
「あの人達はダメだった人」一度そんなイメージをもたれたら最後、
そこから這い上がる事は、何も無い所からスタートするより難しい事なんじゃないか。
そんな悪夢にがんじがらめになって、逃げ出したい気持ちに何度も何度も、なった。

一方みきてぃは、もともとの音楽的なバックボーンの差から
一人できままに歌ってきた頃には無かったプレッシャーや
彼女にしかわからない苦悩、劣等感に悩まされていた。
一度は本気で「自分は今からでも最終プレゼンを辞退するべきではないか」
と悩み、歌い人ハンターであると共に私達の一番の味方である鎌田さんに
直接そんな相談までしていた。かなり追い込まれていたのだと思う。

…鎌田さん、という存在は、
番組の出演者で、曲を作ってくださる人。
どこかの社長でも、マネージャーでもなければ
なんの権限もないし責任を負う義務もない人。
それなのに、いつも悩める二人組みを暖かく受け止めてくれた。
色々とご迷惑をかけたことは数知れない。本当に器の大きな人。
収録の日から、何もしらずにたまたま一緒に歩むことになった方だけど
こんな素敵な人と巡り合えたなんて、私たちは幸運だと、今でも思う。


話を戻しますが、
みきてぃがそんな風に悩みを抱えているのだろうとは薄々感じていました。
だけど、二人でやっていきたいという私の意志は確実に強くなっていた。
実際問題、周りの歯車は二人で一つという形で進みだしていたし、
私たちが迷い立ち止まっても、流れを止めるのは簡単ではなかったと思う。
あの残酷な歌スタのステージ、「回る運命のうたちだい」のように。。。



半袖Tシャツの衣装がすこし肌寒くなってきた秋、
がむしゃらにストリートライブばかりしていた私たちは
その活動を通じてたくさんの方と出会い、様々な所でライブをするようになりました。
それと進行して、最終プレゼン楽曲の方向性がだんだん見えてくるように。
アコースティック。とても近い距離で歌っているような暖かさ。
それから二人の持つハーモニーの優しさと力強さ。
これがキーポイントになるようだった。

日テレのスタッフさんから連絡が来るようになり、
スケジュール確認をして東京へ行く段取りが決まっていく。
ここからの流れはほんとに早かった。
レコーディングも終え、最終的に決まった曲は「星の体温」。
はじめにデモ段階の候補曲数曲をいただいた中で、
私たち二人もこれが一番好きな曲でした。

遠く離れた人を想う心からのラブソング。
誰しもが一人は思い浮かぶであろう、
「会いたいけど 会えない人」
恋人?家族?それとも友達…
そんな大切な誰かを思い浮かべながら聞いてほしい曲。
思わず涙が溢れそうになる心にそっと寄り添う
あったかい曲だと思いました。



日が暮れるのがすっかり早くなった初冬、
やっと、ふたりがずっと目指し続けた最終プレゼンの日が決まる。
12月13日。泣いても笑っても、すべてこの日に結果が出るのだ。

長かった。ほんとうに二人三脚で歩いてきた一年だった。
ふたりで一緒に見て、聞いて、感じて、表現してきた日々。

私のほうはそれでもまだふんぎりが付かず、直前になってもなお、
「やっぱり辞退しようか、落ちるくらいならこのまま引き下がったほうが良い」
なんて泣きごと言って、落ちたらどうとか情けない事ばかり言っていたけど、
あれだけナーバスだったみきてぃの方は、逆にしっかりしてた。
(私の前でだけそう振舞ってたのかもしれないけど)
「ここまでやってきたんだから、とにかく結果をしっかり見届けよう、
うちらを応援してくれた皆の為にも、中途半端に終わらせるのが一番あかん」
"中途半端"はとにかく彼女が嫌うことだ。その力強い言葉に根性がすわった。


やるっきゃないのだ。


続く。




さぁ、やっと題名に近づいてきた…笑。




* c a n a *

最新の画像もっと見る

コメントを投稿