2peace@love的日常ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ

オーディション番組【歌スタ】出演をきっかけに結成されたデュオ、小寺可南子&墨谷美輝によるブログ☆★

2007-05-07 03:12:44 | お歌のこと
阪。

ただいま!
大阪帰って来ましたーーーー。


ユリシィライブ、無事に終わりましたじょ~!!!
め~~~~~~~っちゃんこ楽しかったですわっっ

今回、なんとコーラスとしてだけではなく、
ピアニカ&初挑戦のトイピアノも弾きました!
おかしな緊張したよ!間違ったよ!ごめんなさひ。

お客さんもいっぱい入って、
グッズの青いペンライトを振ってたのが綺麗だった。。。
あれみたいだったな、風の谷のナウシカの、王蟲!
すっごく不思議な空間でした。ぽや~てなりました。


ユリシちゃまはお人形さんみたいでしたよー。
普段もおっとりふわわ~んとしてらっしゃるけど
舞台裏でも常におしとやかで、でもキビキビと動いてらして、
やりたい事を精一杯やってる!ってオーラが出てはりました。
素敵~~~~。そんでもってかわゅい~~~~~~鼻血ブゥ。

そんでねー。あのねー。
私の髪型もいつもより素敵だったんですよ!
たくさんの有名人を手がけてらっしゃる
ヘアメイクの方にクリクリしてもらいました!
http://www.bside.co.jp/html/staff.html
佐藤直雅さん&ヘアメイクの皆様、
可愛いくして下さってありがとうございました。

ダテめがねかけて、ポーズ!ウホイ!


CD「羽化」も出来あがって、自分の時のように嬉しいッス!
みなさんも今後手に入る機会があったらどうぞよろしくです。
オイラもがんばってコーラスやってるアルよ!!

んでもって、打ち上げも盛り上がりました!
自分盛り上がりすぎて途中からあんまし記憶ないオロロ(汗)
皆さん陽気な方たちで、和気あいあいと過ごさせてもらいました。


そんなこんなで
楽しいライブの後は。。。
部屋探しでんがなーーーー。どーん。

そう、引越し先が決まりそうで決まらなさそうで・・・
なんかオイラ、不動産屋サンとかになめられやすいみたい?
ペロペロー!馬鹿もーん!バシッとかましたるどーん!

ってな訳で、まだまだ前途多難。どーん!


あ!そうそう、ご報告が遅くなりましたが、
2peace@loveのファースト&ラストCD、
手に入れられなかったょ…という方へご報告!
ちょこっとですが、大阪2ヶ所のヤマハサンに
置いていただいてます~~~~~!アリガタヤー!
「心斎橋店」さんのインディーズコーナーと、
私の地元である「南港ポートタウン店」さん!
ここでは前にライブもやりましたな~。懐かしぃ。。。
よかったら見にいってやってくださいませませ~~~。


ではでは!
おやふみなはーいほい。



* c a n a *

アイムホーム

2007-04-06 04:16:15 | お歌のこと
たらいまんもすナウマン像!!!!!

いや~~~~~、
めっちゃ濃い4日間でしたわ!
リハでは、なななななんと!!!!
元プリンセスプリンセス岸谷香さんのご自宅スタジオをお借りして
2日間、サポートメンバー皆さんとやらせてもらいました!
もう楽しくって心地よくって!あっという間に本番だったけど、
皆さんほんまにすんごいすんごい!最高っっ!!!
練習がたった2日なんて信じられないです…
すっかり自分歌がうまくなったような気になるくらい(笑)
ほんまに気持ちよく歌わせていただきました!!!

画像1枚目、左から
キーボード&バンマス鎌田雅人さん、
ベース中川量さん、
みきてぃ&オイラ、
パーカッション朝倉真司さん、
ギター円山天使さん。

このメンバーでラストライブ迎えることができて幸せですっ


そしてそして、
雨の中来てくれた皆さん、
貴方様達もぅもぅほんっっっま最高!!!!!

短かったけどお客さまひとりひとりとお話もできて、
こうやって自分の手から直接CDが売れていくのを実感できて…
良い経験させてもらってるなぁってしみじみ思いました。
本当にありがとうございます。

ライブ前に相方と2人で必死に作ったアンケートにも
ほとんどの人が書いてくれてて、ほんま嬉しい限り!
全部何回も繰り返し読ませてもらってます。

そしてまたまた、嬉しいお手紙や花束、
プレゼントの数々…ほんとありがとです!!!
私の大好物な日本酒ももらってるんだけど、
大阪ライブが無事終わるまでおあずけ…(泣)
呑めるの楽しみにLiveがんばります!!!笑
Thank you!!!




そしてそしてお陰様で、11日の大阪のチケットが完売!!!

キャンセルがでる可能性もありますし、
まだ割りと座っていただける状況と思いますが
予約の方も最悪立ち見の可能性ありそうです…本当すみません。
絶対座りたい!という方は、早めに来てもらうことをお勧めします。

それから、急遽座席数を増やしてもらってるので
どんな感じの配置になってるかわかりませんが、
みなさん仲良く相席精神でお願いいたしますね~。
集まってくれたみんなでピースとラブを分け合える
あったかいライブにしたいなぁって思います。

そんなこんなで、本当にたくさんの方に来ていただけそうな大阪ライブ!
あと一週間きっちゃって、なんかもうなにがなにやらって感じですが、
最後の最後の瞬間まで、相方墨谷美輝と力合わせてがんばります!


来てくださるのが確定の皆さん!楽しみにしててくださいね!!!




* c a n a *

重要なお知らせ

2007-04-05 03:10:31 | お歌のこと
東京ライヴ、無事に終了しますた!!!
めっちゃんこ楽しかったーーー♪♪

来てくださった方、ありがとうございます!!!
メンバー・スタッフの皆さん、ありがとうございます!!!
そして、おつかれさまでした(*´∀`)


事前予約は50近く頂いていたものの
夕方くらいからきつめの雨が降り出してきて
当日キャンセルがたくさん出たらどうしようかと
すごく心配に…(ノ_・。)

しかーーーーーし
いざステージに出てみると、ハコいっぱいのお客様!!!

最初は緊張していたものの
大阪人ノリのMCもあたたかく受け入れて頂け(笑)
本当に楽しくて、あっという間にライヴ終了。。。

「絶対泣いてまうわぁ」と2人で言ってたんですが
そんな余裕もないくらい
ほんとにあっという間の2時間でした☆★

終わったあとは、四谷天窓さんのご好意でお時間を頂戴できたので
物販スペースにお邪魔して、プチサイン会(笑)
「さっき1枚買ったけどもう1枚!!」なんていう風に
2枚3枚買ってくださる方もいらっしゃって
(中には10枚買ってくださった強者も!!)
大阪の分が残らなかったらどうしようと思ったくらい(ノ∀`*)

お配りしたアンケートも沢山の方に書いて頂けて
本当に嬉しかったです♪♪
全部読ませて頂きましたっ!!

みなさん、ほんとにほんとに、ありがとうです(o_ _)o



そしてそして…
ここからが重要なお知らせになるのですが(>_<)

お陰様で、11日の大阪のチケットも、完売となりました!!!

フラミンゴさんにご無理を言って席数を増やして頂いたりしたのですが
120でギリギリというところを、現在既に110超…
当日、何席かは残しておく必要があると判断し
前売分受付を終了させて頂くことになりました(´・ω・`)

「これから申し込もうと思ってたのに」
という方、本当にごめんなさい(。´Д⊂)

当日迄(もしくは当日)にキャンセルが出ればお席はご用意できるのですが
こちらでは状況が把握しきれなくなりますので…
予約されてない方については、席が取れるかは
当日ぶっつけ本番ということで(笑)
申し訳ないですが、ご了承くださいまし(;´∀`)


大阪のライヴも、楽しみにしててくださいね♪♪



そんな訳で…
今日はかなちゃんも私も完全燃焼で
昨日たっぷり寝たのにもうすっかりオネムzzz笑
とりあえずのライヴの感想&お知らせになっちゃって申し訳ないですが
このあたりで失礼いたしまっす(o_ _)o

今日は、ほんとにほんとに、ありがとうございましたっ(○>ω<○)

おやすみなさい♪♪



MIKI

満員御礼♪♪

2007-04-02 00:01:57 | お歌のこと
…とまではいきませんがww
チケット予約の数をカウントしてみたところ
大阪の席数が残り少ない状態が発覚…

さすが地元っ♪♪
ありがとうございます゜+.(・∀・)゜+.゜

現時点で90枚以上の予約を頂いてますが
席数が上限105席になってます☆★
お陰さまで、毎日何通かづつメールを頂いてる状況なので
この分だと当日までに完売の可能性もあるかも…??

東京はまだ大丈夫そうですが、
大阪フラミンゴに来て頂ける予定にして下さってる方は
お急ぎくださいまし(o_ _)o

しつこく告知ww


*****


2007/4/4(水)&4/11(水)
東京と大阪の2days!!
2peace@love
小寺可南子・墨谷美輝…
最初で最後のワンマンライヴ☆★

●4/4 in東京
日時:4/4(wed)
場所:高田馬場
  四谷天窓
開場:18:00
開演:19:00
料金:チケット前売り 1500円
     当日 2000円
  +1ドリンク 500円
http://www.otonami.com/tenmado/news/

●4/11 in大阪
日時:4/11(wed)
場所:桜川
   Flamingo the Arusha
開場:18:00
開演:19:30
料金:チケット前売り 1500円
     当日 2000円
  +1ドリンク&1フード
  ※各500円~
http://www.flmg.jp/index.html


前売りチケットのご予約は…
①お名前(フリガナ)
②枚数
③日にち(東京or大阪)
をご記入の上
2peacelove@mail.goo.ne.jp
までメールを送信して下さい。
当日会場に来て頂いた時にお名前を仰って頂ければ
前売り料金でチケットをご購入頂けます。

※画像のQRコードをバーコードリーダーで読み取って頂くと
予約メールのアドレスに直接アクセスできます☆★


会場では、2peace@love/小寺可南子・墨谷美輝
First&Lastアルバム(全5曲入り/1300円)も先行販売致します☆★


*****


さてさて…
週明け月曜日から、再び東京入りです↑↑
なんやかんやで去年の11月くらいから毎月東京に行ってるけど
ゆっくり遊ぶ時間が全然ないww

けど楽しい☆★
がんばるどーーー♪♪


まずは、4日の東京でお会いしましょうヽ(・∀・)人(・∀・)ノ
ご来場、心よりお待ちしております(*´∀`)



2peace@love

最終プレゼンまでの道!現在

2007-02-26 05:00:07 | お歌のこと
前前回の引っぱりに引っぱったクイズの正解を発表します!
パンパヵパーーーーン♪

【応え】

★新幹線で前泊派 → 小寺
★飛行機で早朝着派→墨谷

でしたー!!!
わかりましたか~??





さてさて、
今回でこの「最終プレゼンの道シリーズ」は完結にします。

最後は、いまの私たちについて書こうと思います。
私たちふたりが、いま何をみて、どこを目指しているかを。




元旦。
新しい一年の始まりがやってくる。
一体どんな一年になるのか、希望よりも
不安の方が大きいままに迎えたお正月でした。

最終プレゼンが終わってからも
鎌田さんは私たちを気にかけてくださり、
こまめに連絡を取り続けてくれました。

そして、ライブをしようと思っている旨を伝えると、
有難いことに協力したいと申し出てくださったのです。
まさかそんな展開になるとは思わなかったのですが
いろいろ話をしているうちにだんだんお互い熱が入り、
どうせならワンマンで、東京と大阪の2daysでやれないか、
集客数もなるべくたくさん、がんばって100人目指そう!
なんていう話になっていったのです。
ぼんやりとしていたライブの話が
どんどん明確に決まっていきました。


その頃、みきてぃは
音楽から離れたいと思ってる自分と、
続けて欲しいと思ってる周りの人間との間で
板ばさみの苦しい思いをしているところでした。

私もまた、ライブさえ実現すれば
彼女はあるいは考え直してくれるかもしれないと、
淡い期待を胸に宿している人間でした。




収録の日から約一ヶ月、
ついに「歌スタ 」が放送。私たちの最終プレゼン。


この日を境に、みきてぃの意思は、確固たるものになったように思います。




ひとつの夢の、終着点。




ご存知の方もいらっしゃいますが、
相方みきてぃはミ●シーの日記にて
彼女自身の胸の内を語ってます。
相方の許可を得たので、このBlog上に載せさせてもらいました。
私の独白を続けてきたこの「最終プレゼンまでの道!」ですが
ここまで読んでくださったみなさんに、もしよかったここで一度
彼女の日記も照らし合わせて読んでいただけたらと思います。

http://blog.goo.ne.jp/2peacelove/e/ff94e32a3bd7e4f9afcf59503ca5176c




彼女は彼女の、私は私の、
今年はそれぞれの道を、しっかり見つめて進んでいく1年になりそうです。
横にいてくれた相方は、ずっと私のかけがえない相方であり続けるけど、
これからは二人三脚ではなく、お互いに一人のフィールドを走るランナー。

彼女は今、新たな目標に向かって日々を生きてます。
音楽からは離れるようで、私はまだ少し寂しいけれど、
出会った最初の頃から言っていた「将来図」を
手探りながら必死で現実にしようとしているようです。

"しっかりしててちょっと変わった所がある
私の周りにはいない珍しいタイプの女の子。"
そんなでこぼこなところに惹かれたから始まった二人でした。
一緒に並んでやってきた事、吸収した事は決して、何一つ無駄じゃない。



長くて、そしてあっという間で、きっとひとことでは言い表せない日々。

日記で書くことなんてできないだろうと思ってました。
たぶん、書きもれてる出来事や、書ききれなかった思い出、
記憶の彼方へ薄れていった感情もまだまだあると思いますし、
それにここで書けない色々も、まぁ、あったりもするんですが、
こうやって書き記せて、良かったなと思います。
意外とちゃんと書けたじゃん私。一安心。
未熟で乱筆なただの自己満足日記ですが、
書くことによってまたひとつ、これまでの事と、
それから自分と、向き合えたかなと思います。

それにしても、こんなに長くするつもりじゃなかったんだけどな。
全部書いたようにも思うけど、やっぱ書ききれないや。たはっ


ここまでの道、お世話になった方は数知れず。
作詞では、大塚理恵さんや
http://www.conisis.com/rie/
中山加奈子さん(元プリンセス・プリンセス)
http://www.kanakonakayama.com/
憧れのミュージシャンお二人に素敵な詞をつけていただいて、
暖かい励ましのお言葉にも本当に感激し、力をもらいました。
歌入れではSONYのスタジオにもお邪魔しました。
レコーディング エンジニアの中須賀さん。小澤さん。
長時間の録音作業、本当にお世話になりました。
その他たくさんの素敵な方たちの支えの元、
今の私たちがいます。本当にすごいことだと思います。
この場を借りて深くお礼を申し上げたいです。
ありがとうございます。感謝してもしきれません。




そして、
ここまで全部読んでくださった貴方に、
もう一度改めて、ライブ告知をさせてください。


2007年 4月 4日(水) &11日(水)
東京と大阪の2DAYS
小寺可南子 墨谷美輝
最初で最後のワンマンライブ

●4日 東京
日時:4/4(wed)
場所:高田馬場 「四谷天窓」
開場:18時
開演:19時
料金:チケット 前売り1500円/当日2000円
+1ドリンク 500円
・http://www.otonami.com/tenmado/news/

●11日 大阪
日時:4/11(wed)
場所:桜川 「Flamingo the Arusha」
開場:18時
開演:19時半
料金:チケット 前売り1500円/当日2000円
+1ドリンク・1フード(ドリンク・フード共に500円~)
・http://www.flmg.jp/index.html


そしてそして、
こんなでこぼこでどうしようもない(笑)私たちのライブを、
素敵なミュージシャンの方々が手伝ってくださることになりました。
東京と大阪、両会場共に私たちをサポートしてくださるメンバーを
ここに発表したいと思います。

-敬称略-

・鎌田雅人(Piano) http://homepage.mac.com/kamatamasato/

・円山天使(Guitar) http://homepage3.nifty.com/ptenshi/

・中川量(Bass) http://blog.goo.ne.jp/water0726

・朝倉真司(Percussions) http://www.bug-corp.com/bug/asakurashinji/top.html


まだ少し先ですが、
私たちのひとつの旅の締めくくり、
そして新たな旅立ちの最初の1ページとなるこのライブ、
一緒に盛り上がってもらえるステージを目指し目下思案中です。
皆様のご来場、心よりお待ちしております。



前売りチケットのご予約はコチラで受付中。↓
* 2peacelove@mail.goo.ne.jp
①お名前(フリガナ)・②枚数・③日にち(東京or大阪)
をご記入の上、メールを送信してください。




さて、次からは普通のなんてことない日常日記に戻ります。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!!!


「最終プレゼンまでの道!」






* c a n a *

き も ち

2007-02-26 05:00:00 | お歌のこと
おひさしぶりです。


歌スタのオンエア、観て頂けたでしょうか??


かなり久々にログインしたら
メッセージをたくさん頂いてたりして。。。

オンエアについての感想やご意見、激励の言葉…
ライヴ告知をご自身の日記等でもして頂いた旨のご報告…
すべて、嬉しく読ませて頂きました。

「返信できる余裕のあるときに再度…」と思ってましたが
結局、お返事する余裕がないままで、ごめんなさい(´・ω・`)



そんな皆さんに、今までの感謝の気持ちも込めて
4月にワンマンライヴをする事になりました♪♪

http://blog.goo.ne.jp/2peacelove/e/a4e7200b492c66f6940326b567572b0b


が。。。


墨谷は、それを区切りに
音楽活動を休止しようと思ってます。

2peace@loveとしては
最後のライヴになると思います(o_ _)o






注)今日の日記はものすごく長いですwww






今までの1年間。。。
いちいち口には出さなくても、本当は
色んな事につまずいたり苦しんだりしてきました。

途中、1度本気で「もう辞めたい」と思って…
かなちゃんや、鎌田さんにご迷惑をかけた事も(ノ_・。)


それでも、何とか持ち直して

「自分の意思ではじめたことやし
もう、自分1人の責任の範囲ではないし…
中途半端にしたら、全部が無駄になる。

とにかく、結果が出るまでは、無心ででもがんばろう。
デビューが決まりさえすれば、覚悟も決まるはず」

そういう思いで、最終プレゼンまでの日を過ごしてきて。
そして、ああいう結果になって…


はりつめてた糸が、切れてしまった。




収録後、鎌田さんから
「これからも一緒にやっていきたい」
とのお話を頂いた時…

「3ケ月くらいNYに行って、考えてきます」
とお返事した自分が居ました。


プレゼンの前から、落ちたらそうしようって、密かに思ってた。
具体的に考えてしまうと、歌に対するモチベーションが下がるから
ただ漠然としたものではあったけど。

今までした事ない事に挑戦して、自分に自信を取り戻したい…
しがらみのない場所で、自分がどうしたいのかしっかり考えたい…

他にもこまごました理由はたくさんあるけど
それが主な動機。


でも、そのことを人に話すと、返ってくる答えは
「NYなんか別に何もないで」とか
「危ない目に遭うだけやで」とか
「3ケ月だけ行ったって意味ないで」とか…否定派多数。笑

素直に応援してくれる人には、ありがとう、と思いつつ
実際NYに滞在してた人には、首をかしげる人が多くて…
そんで、そういう人達には、必ず
「NYに行って、何がしたいの??」と聞かれた。

最初は、「とにかく行きたいの!!」って言ってたけど
そう聞かれても、具体的にどうしたいのか答えられない自分に
段々疑問を感じてきて。

結局
しがらみのない場所に行きたかっただけかな…って
最近ではそう思うようになってきました。


最近、mixiやブログ・HPに姿を現す機会が減ったのも…
もちろん単純に、バイトや歌の仕事で忙しいというのはあるけど
それ以前に、すこし1人になりたかったからなのかもしれない。

「歌、やめないで、がんばって」
って言ってもらえることが。。。

うれしいけど、苦しかったから。






元々みきがメジャーを目指そうと思った動機は
「絶対に、歌で成功したいから」 ではなくて
「夢を夢のまま残して、後悔したくないから」 でした。

現実を知って、自分自身を冷静に判断する要素を得る…

その目的自体は、この1年間で
もう果たせたと思ってます。


みきにとって歌は、自分を表現するツール。
でも、そのツールは、歌以外にも持ってるつもり。。。

やりたいことは、他にもある。

そんな自分が、それなりのチャンスを得てしまってる現状と
本当に歌一筋の人が、チャンスを得られず埋もれてる状況…

単純に、理不尽やと思った。


みきは、一見アツイようで、現実的やったり
変な所で、真面目すぎたり…とにかく融通がきかない子で。

2つの事が同時にできないから
夢を追いかけてる時は、彼氏も作れないしw
すぐ自分の中に誓約を立てて、自分を追い詰めてしまう。

不器用やって自分でも思うけど…
中途半端で終わると、結局は何も得られないから
中途半端にやるくらいなら、最初からやらない方がいい。
それが、みきの信念。


どんなに一生懸命に努力しても
必ず報われる保証なんかは、どこにも無い世界で。。。

不安定な生活を、際限なくずっと続けていく覚悟や根性も
そんな理不尽な世界で、これ以上夢を見続ける余裕も
もう、自分の中には無いと思った。


そんな、保守的で現実的な自分と…
歌以外は考えられない、真っ直ぐな、かなちゃん。

足並みを揃えることが難しいのは、明確。






1つ、誤解を受けたくないのは…
みきは、かなちゃんのことは、ほんまに好きです☆★

才能やパーソナリティも、大好きで、尊敬してるし
誰よりも、かなちゃんのファンであって、成功も願ってる。
仲が悪いから辞めるんじゃないし
今まで仲良しのフリしてた訳でもないっすwww

でも…
好きやからこそ、言えなくなることがあったり
好きやからこそ、持てなくなる感情もある。

負けず嫌いで、「悔しさ」が原動力になるみきにとっては
かなちゃんの存在は、あまりに近すぎた。。。

1年間かけてもできなかったことを…
同じ精神状態のまま、これから先、幾ら時間だけをかけたって
できるようになる訳がない。




1年間、自分なりにがんばってきたけど…
プレゼンのオンエアを観た時
「ああ、みきあかんやん」って正直に感じました。


1年前は、色んな中傷に対して
「うちらは絶対いいコンビやねんから」 って思ってた。
それを認めて貰えるように、がんばるんやって思ってた。

でも実際は、かなちゃんのこと好きになればなるほど
代わりに、どこか別の力が抜けていくような気がした。

がんばらないとって思う気持ちだけが、空回りして…
必死でもがいて、でも掴めるものはわずかで…
なんとかしたくても、どうしたらいいかわからなくて
どうしようもなくて、苦しかった。

生まれて初めて、ダイエットに成功したのも…
全てにおいて自信を失くした自分には
出来ることが、それくらいしか無かったから。


それでも、2人で歌ってる時の気持ちの高ぶりには
確かなものを感じてて…
それだけが、かなちゃんの隣に立ってることに対する
自分なりの自信やった。

本番では、緊張して声が震えたりしつつも
そこの部分だけは、大事にできた感覚がちゃんとあった。

だから、やりきった感も持てたし
【ゴメンネ】を、笑顔で受け入れることも出来た。


でも…
オンエアを観たら、そういうの、伝わってこなかったの。


あんなにも、笑えてないとは思わなかった。
あんなにも、出来てないとは思わなかった。

ふんわりキラキラしてるかなちゃんの横で
自分は、魂の抜けた人形みたいに見えた。

あの時の感覚は…結局、自己満足でしかなかった??

誰がどんなフォローをしてくれようと
足を引っ張ってるって、言われて当たり前やと思った。


そして…

それを素直に受け入れられた自分が居た事は、
つまずいて悩んで苦しんできた時間や思いも全部含めて、
自分なりに後悔ないように必死にやってきた
証であり、明確な結果。。。


だから、2peace@loveは
もう終わりにするべきやって、思いました。




結局は、未完成のまま。。。

それでも、応援してくれた皆さん。
それでも、応援してくれる皆さん。

本当にありがとう&本当にごめんなさい。


融通のきかない性格のせいで
選択としてはこういう事になってしまったけど…

この1年、かなちゃんが居て、応援してくれる皆が居て
ほんとにほんとに、充実して楽しかった(*´ -`)(´- `*)

人付き合いもままならなくて、籠の鳥だった自分が
歌の活動を通して、たくさんの人と出会って…

かなちゃんと2人、たくさんの人に支えられて
手探りで、手作りで、一生懸命を形にしていったこと。
それを受け入れてくれた、たくさんの人が居たこと。


思い切ってチャレンジして、ほんとによかった。
かけがえのない、1年でした。

思い出すと、足を止めたくなって苦しいけど…
いろんなこと、一生忘れません。

ほんとにほんとに、ありがとうございました(o_ _)o


心からの感謝の気持ちとして…
4月のライヴまでは、かなちゃんの相方として
しっかりと、がんばります。

CDも作る予定にしてるので
ライヴ、ぜひぜひ遊びに来てくださいねヾ(´▽`*)

http://blog.goo.ne.jp/2peacelove/e/a4e7200b492c66f6940326b567572b0b







余談ですが。。。

みき自身が、今後音楽活動自体をどうするかは
今の時点では、自分でもわかりません。

ただ、もし続けるとしても
メジャーを目指した活動をする事は、もう無いと思う。

趣味を仕事にするのがどれだけしんどいか、よくわかったし
そこを割り切るなら、それで生活が出来てこそナンボやと思う。
けど現実は、そんなに甘くない。。。

他にちゃんと仕事を持って
趣味として、余裕を持ってやってく環境でも、充分やって
そう思えるようになった。


去年、2peace@love以外の活動で絡ませて貰った
ギタリストの子が言ってた。

「別にギャラとしてお金貰ったりしなくても、
次に会った時に1杯おごってもらったりとか
そんなんで充分やし、そんなんがいいねん」

…みきも、そんなんで在りたい☆★


今は、精神的にまだ自分をがんじがらめにしてる部分も多くて
気軽には、人前で歌を歌える状態ではないけど…

また、フランクに、そういう場所に立てるようになって
自然な形で、歌えるようになればいいな♪♪






とりあえず、何をしてご飯食べて、生きていくか…
次の夢に向けて、目下、迷走中ですwww





最後まで読んでくれて、ありがとうございました(o_ _)o☆★










…ライヴ、来てね!!笑



MIΚI

最終プレゼンまでの道!それから

2007-02-24 04:58:40 | お歌のこと
4月にライブをする事になりました。

はい。だいぶ前の日記でも言った事ですね。
でも、何度でも言わせて欲しい。

ライブをする事になりました。




このライブが決定するまで、
私とみきてぃはお互いにとても悩んでいました。

話は最終プレゼンの収録が終わった直後まで遡る…



鎌田さんの事務所のマネージャーさんもかけつけてくれた収録後、
近くの居酒屋さんに立て続けに満席で「ごめんね」と断られながら、
(ごめんねはもう慣れっこですから、全然いっすよ~!by鎌田さん)
ようやく辿り着いた居酒屋で、打ち上げをしてもらいました。
だれひとり涙ひとつこぼさない楽しい席で
みんなきっと気持ちはおなじだったと思う。
言葉に言い表せないほどの悔しさと、
やりきったはずという充足感、
そして、全てが終わった寂しさ。

苦いビールは、一瞬の幸せと、切なさと、
酔うことを許す優しさを含んでるんだなと思った。
張り詰めてる胸の中へ、一気にぐっと飲み干した。


宴もほどよく進んだ頃、
マネージャーさんがまっすぐな視線を私たちに向けながら話してくれた。

二人の事を見捨てたりしない。
今後も一緒にやっていこう。

マネージャーさんもまた、早朝リハからご覧になって下さっていたのでした。私たちがスッピンで、まったく出ない声のままステージで苦戦してる姿と、
本番、肝が据わって楽しくのびのび歌っていた姿と、その両方を見て
一緒にやっていこうと思った。と、力強く仰ってくださいました。

その言葉を聴いた瞬間。
私は溢れ出る涙をこらえる事ができずに、
それおろか鼻水まで垂らしてしまっていました。
「落ちた奴を、支持してくれる人なんかいない」
そう思ってはどん底の気分を味わってた自分が、一瞬にして救われた。
こんなにありがたい言葉はないだろうと思うくらい、
しみじみ染み渡る言葉でした。


涙の後すぐ、隣で同じようにこの言葉を聞いてるみきてぃの表情が
私と同じではないだろうということに、はたと気が付いた。
彼女は、彼女の答えを見つめていた。
それはこの1年一緒に歩んできた私には
十分に想像できる答えだった。

「音楽から離れて、NYへ行こうと思っているんです」

不安げな瞳の中に確かな決意の色を湛えながら、
彼女は自分の見ている答えについて、訥々と話し始めた。
4月頃には発とうと思ってること。
帰りはいつごろにするか決めてないこと。

鎌田さんもマネージャーさんも、
ふたりでこれからもやっていくという答えを期待していたと思う。
私もそうだった。これまでとは違えど、ふたりして音楽で、繋がっていくと。
だけど彼女の揺るがない決心を引き止める事は出来ないのだとわかった。
NYで手に入れたいもの、見たかったものを見つけて帰って来て。それまで待ってる。
そうとしか言えなかった。



それから二人で話し合いを重ねることになった。
大阪に帰ってきてからも、何度か考え直して欲しいと言いかけた。
音楽から離れるって、どれくらい?
また一緒に歌える未来はあるの?
ここまでやってきた事は、無駄なことだった…?

わからない。今はまだ、わからない。




そんな状態だったけど、二人でひとつ決めたことがあった。
いままで応援してくれたみんなに、感謝を伝えたい。
ライブをしよう。みんなを呼んで。離れる前にもう一度。
心を込めて、私たちがこの一年ライブで歌ってきた曲たちを歌おうよ。
お互いに春までは仕事や活動のスケジュールが既に決まっていたので
4月にNYへ発つ前に、できたらいいねと、ぼんやりではあったけど決めた。


12月末は単独のライブや仕事で忙しく、
私はむしろそれがありがたかった。
最終プレゼン以降、何が変わることもなく
日々は十分な時間と共に過ぎていく。


年が明ける前には、私はみきてぃからこんな言葉を聞くことになる。

「4月以降、私を待たないでかなちゃんひとりで活動してみてほしい。」
その必要がある。1人でもきっと大丈夫だから。かなちゃんは歌い続けて。



年末、怒涛の一年が幕を閉じ、
年明け、放送日が耽々と近づいてきていた。







つづく。


さっきコメントチェックしたら、
あらら?!そうか、みきてぃごめん!!
バスじゃなく飛行機で当日入りだったのね(笑)
記憶があいまいやったわぁ、
すいまてん…。



* c a n a *

最終プレゼンまでの道!其の八

2007-02-20 02:03:19 | お歌のこと
昨年12月、世間は「ノロウイルス」がその威力を振りまき
例に漏れず繊細な私も…若干ノロチックでした。


とか悠長に言ってる場合ではないのだ。
最終プレゼンがもうすぐそこだってのに。
すぐさま病院にかけつけ点滴を打つ、打つ、打つー!!!
3日病院に通って、3日とも打ってもらったら
喉の調子は割りと戻ってきたけど、
なんかいまいちパッとしないお腹。
まぁいっかーなんて思いつつ
飲み薬でごまかして、あとは気合だー!

…後から気付いたことなんですけど、
私が通ってたの、耳鼻咽喉科だった(馬鹿)
風邪や、ましてノロウィルスを治したいなら
普通は内科に行くんじゃない?って
だいぶ経ってから指摘された私でした。

一方みきてぃの方もまたまた調子が悪い。
ずっと鼻声。こちらは風邪かストレスか。両方かな。
彼女は、はじめてのテレビ収録の日もすこぶる体調が悪くて、
収録が終わって一緒に大阪まで帰る道すがら、
「最終プレゼンはベストの状態で歌えるチャンス、必ずリベンジしたる!」
と、鼻息荒く話していたのでした。
自分にかせたそんな目標がある分、
余計プレッシャーが大きかったんじゃないかな…
ちょっと心配な私でしたが、なにせ自分のことで必死。
耳鼻咽喉科でノロをなんとかしようとしてたぐらいです。
限度があるって誰か教えてやってよほんまに。


そして運命の日。
またまた一方は新幹線で前泊、
もう一方は夜行バスで早朝着のでこぼこ行動。
このへんは一年たっても変わらない私たちでした(笑)

去年と同じ、早朝、日テレ汐留スタジオにて
ごろごろ引きながらスッピン顔で無事合流。


散々練習もした。
体調管理もやれるだけの手はつくした。
あとはもう、バシッと一発勝負あるのみ。
そうは思っても、せわせわと妙に落ち着かない。

そんな私たちを心配して、ハンターの鎌田さんは
朝早いリハーサルからずっと付き合ってくださり、
緊張や体調のことでナーバスな私たちをフォローしてくださったのでした。
楽屋で三人川の字になって寝てたことぐらいしか思い出せないけど(コラコラ)



いよいよ本番。収録直前。


「気持ちを込めて楽しんで歌うってことだけに集中しようね。」

一年前、あの日と同じステージ裏で
余裕の顔でみきてぃに言った私の台詞だ。
今はもう、お互いが余裕なんてなかった。
だからこそ、どっちもコンディションが最悪な分、
もうただただ気持ちで戦う(歌う)しかない。
しっかり抱き合い、気合を入れる。
みきてぃの温もり。私と同じように早く波打つ心臓。
すぐ裏では、鎌田さんの気合の入った長い長いコメントが
もくもくとした沈黙をやぶりカメラにおさまり始めてる。

東野さんの合図の言葉は奇妙なほどあっさりと聞こえてきた。


運命の歌を歌っていただきましょう。「星の体温」



幕は上がった。













テレビに映った自分たちを見るまで
私たちも自分らがこんな風だったとは知らなかった。衝撃的事実。


結果は「ごめんね」。
非常な現実。だけどこれがプロの、テレビの世界。
あの後どうやってあのステージが回っていったのか、
あの最悪な「5MENね楽団」は御馴染みの曲を演奏してた?
周りのこと何一つ覚えてないくらい、頭の中は真っ白だった。
覚えているのは、笑っていられた自分がいたこと。
悔しい、なんでやねんって気持ちは勿論あったけど、
真っ白な頭のどこかで「そうか」と妙に納得した自分がいた。



一年かけてこの日に挑んだ私たちは
笑顔で「ごめんね」を受け入れていた。ように見えた。






つづく。


ところで、
新幹線で前泊派と
夜行バスで早朝着派。
どっちがどっちだか、あなたはわかりますか??

わかったあなたには「2peace@loveマニア」の称号を授けます!(イラネー)




* c a n a *

最終プレゼンまでの道!其の六

2007-02-15 12:58:54 | お歌のこと
バレンタインデイ・キッス!!!

はいはい。
今年もロンリーでしたー!
ぬおーーーっっ!!!!!!

去年はケーキ作ったなぁ。今年はね、何も作らずです。
スタバのシュガードーナッツ2個を貪ってます。えぇひとりで。
く、苦しい… さ、さ、寂しい…。


いじけるのはこのへんにして、
楽しかった記憶を蘇らせて自分を慰よう。
収録を終えてからのことを。。。ポヤャャーン (´ー`)モグモグ…





収録を終えて。

大阪に帰ってからのことは、あんまりよく覚えてないんですが、
とにかくなんかしなきゃみたいな気持ちとはうらはらに
放送日まで、バイトと録音の仕事をこなす意外は
ボーっとボーっと過ぎていったように思います。

放送を見終わって、
私たちはこの番組の二人組みになったんだって
改めて実感が出始めた頃、「ごん&ラックス」は
解散という形をとることになりました。
とても自分勝手だけど、続けたい気持ちもあった。
だけど彼も彼なりにきちんと考えてくれて、
そうしようという答えにたどり着きました。


そんなこんなな放送後、
私は某ソーシャルネットワーキングサイト
ミ●シーを通じて、なななななんと!
歌い人ハンターである鎌田雅人さんと
「マイ●ク」になっちゃったのです!!!
すっげー!ネットの世界マジすっげー!!!
元はと言えば、みきてぃが歌スタコミュに書き込みしてて、
そこから広がって~~~~ってのが経緯みたいなんですが、
収録っきりでTVを通じてしか交流を持てない方だと思ってたから
本当にびっくりしたのを今でも覚えてます。

この「●クシー」意外と、他のハンターさん達もやってらしたり、
有名人の方々もやってたりするんですよね。世間はせまいのだな!むむぅ。


鎌田さんは私たちのことをとても面白がって…可愛がってくださり、
その交流を機にちょくちょくお会いさせていただいたのでした。
FUJIKOさんの大阪ライブに呼んでいただいたり、
楽屋にまで入れてもらったり、ラリホッホーなネット様様生活。
いやぁ、ネットの世界ってほんとに素晴らしいですねー。ハルロッロー。


…ちょちょちょちょっと待ったー!
「FUJIKO」って、なに??

という声が聞こえてきそうなので、
話は少し脱線しますが説明しよう!
「FUJIKO」とは…
鎌田雅人さんがバンマスを勤めるロックバンドで
メンバーに豪華ミュージシャンがズラリ勢ぞろいな鼻血必須軍団!!

まずボーカルは、元CASCADEのたまちゃん(ちゃんだって、私図々しぃっ)
そしてベースは、元JUDY AND MARY の恩田快人さん
ドラムはさわやか好青年の荒木ゲゲゲ現さん
そしてギターは元メンバーの脱退を経て、
現在は、元waterの宮永治郎さん
そしてキーボードは我らが大先生、
心も体も器も大きな鎌田雅人さん
【FU JI KO Official Web Site】
http://www.fujikoweb.com/

こんな素敵なメンバーが揃ったら
ライブなんかもうスゴイなんてもんじゃないです。
どこか懐かしくおバカさ満開(失礼)な曲たちは
初めて聞いても盛り上がる曲ばかり!キャーキャーなります。
CD買って全曲覚えればなお楽しい!さらに熱くなれちゃうこと間違いなし。
私は初めて連れて行ってもらった日からもうすっかり大ファンになっちゃって
ちょい追っかけ入るくらい、行ける限りのライブに行かせてもらいました。
そのたびに鎌田さんには大変お世話になりまして…すいません。てへっ


そう、その記念すべきFUJIKOの皆さんと初対面の日、
私もみきてぃもリアルタイムでファンだった人たちと生でお会いできて
すっかり舞い上がってしまい、大阪のおばちゃんの勢いで、
(画像は楽屋で撮った写メール、たまちゃんと3ショット♪)
そのまま打ち上げの席まで上がりこんでしまったのでした。
その席で、恩田さんは素人に産毛が生えた程度の女子二人に
とてもありがたい話をたーくさんしてくださいました。
本当にたーくさんで、ほとんど忘れちゃったりもしてるんですが(オイ)
ひとつ、心に残り今でも私を勇気付けてくれてる言葉があります。

「夢が叶う日ってのはいつかわからない。明日かもしれない。
その明日のために、今、諦めちゃいけないんだよ。
諦めたら、"明日"はやってこないから。」

そうやってずっと諦めなかったからからここまで来た。
恩田さんは酔っ払った真っ赤な目で、
だけどいつものあの大きな鋭い眼差しで
たしかに私たちをまっすぐ見つめて
そう語ってくださったのでした。

この先に私たちが待ち受けている運命を見透かしたかのような、
あのまっすぐな瞳を、私は今でもこの言葉と共に思い出します。


あの日、夢を追い走り続けるミュージシャンの
「今を諦めるな」という力強いバトンを受け止め思ったこと。
私は、これからみきてぃと2人で走ることになる走路を前にして
背中に名前を縫い付け靴紐を結びスタート位置につき、
その言葉(バトン)をずっと、ずっと待っていた。
しみじみと、そんな気がしたのでした。

「しっかり受け止めて走ろう。」


夢を追う全てのランナーに、"明日"は来るんです、きっと。
信じていれば、走り続けられる、どんなときも。




つづく。


えっと、何かっこつけて終わってんのさ、みたいな?
そんな気配を感じますが、今回はこのまま終わります。(ナニソレー)





* c a n a *

最終プレゼンまでの道!其の五

2007-02-09 12:23:32 | お歌のこと
テレビ収録当日。

あの日の興奮はいまだに忘れられない。
「ダメな訳ないやん!私らみたいないけてる二人組み、落とすやつアホやで」
とか言いつつ笑いながらここまで来たものの…。


早朝、日テレ潮留スタジオにて待ち合わせ。
ゴロゴロを引いた大阪の二人組みは
これから何が起こるか知らないまま、
いつものスッピン顔で無事合流したのであった。

ひとりづつ呼ばれてリハーサルを終え、
舞台裏では同じ日に収録の子達とお互いを励まし合い。
控え室、緊張をほぐそうと積極的にはしゃいで喋りまくる私と、
数日前からの風邪をこじらせて、声が出ない事に落ち込み
本番までずーっと持参した加湿器から離れなかったみきてぃ(笑)
こんなところでもでこぼこな性格を発揮する私たちなのであった。

さぁ本番。
カメラがいっぱいのなか初めて立つステージ、
目の前には芸能界を生き抜いてきてるプロの人たち。
幕があがる直前まで手を握り合って交わした約束---
「気持ちを込めて楽しんで歌うってことだけに集中しようね。」
ここまできたんだから、私たちはきっと大丈夫!!!

特別決めてきたわけじゃないのにフリが揃ってたり、目を合わせてたり、
二人で歌う楽しさをめいっぱい感じながら歌ったら、
気付いた時には最後まで歌えてた。
嬉しいし本当にびっくりした。

そこからはオンエアーにあった通り。
追加でいきなり2曲歌って、もう楽しい楽しい。
この時間がずっと続いたらいいのに!って思うくらい。
歌い終わった後は、ライブを終えたような充実感を感じました。
初めてカラオケで一緒に歌ったときに感じた感覚、
間違いじゃなかったんだなって体中で感じた。
緊張なんていつの間にかすっかり消え失せてたのでした。


「よろしく札」4札、
番組至上初快挙って言われても、ピンとこないというか、
何がなんだかわからないまま、今度は私たちが選ぶ側に…
え、そんな展開って、何それ、うそーんって感じでまた舞台裏へ。
一瞬悩んだ、次の瞬間に答えは決まってた。

二人でやるっきゃない。

一人でやりたかったらこんな形で応募なんてしてない。
私たち二人がそろう事によって生まれるパワー、ハーモニー。
みんな見てよ、聞いてよって胸張って言えるものがここにある。
どんなことだって乗り越えていけそうな自信…もしくは勘違い。
それでもいい、賭けてみようと思った。
私たち二人でいけるところまでいこう。

意外とあっさり答えが出た私に対して、隣でみきてぃは始終泣きそうになりながら
「いいの?ほんまに後悔せぇへん?かなこが一番良い道を選んだらいいんやで」
ってずっと言ってた。ほんとにずっとずーっと心配してくれてた。不安気に。
そうだよね、そういう気持ちになるよね、でも二人でいこうよ。いきたい。
そう言って笑う私を、あの時の彼女はどんな気持ちで見ていただろう。
「ありがとう」って手を握ってくれたけど、こんな結果が生まれたなんて、
私の方こそ感謝しなければいけない。一人じゃ絶対無理だった。

ふたりでいこう。
そう決めたらもう迷いはなかった。

「鎌田さんでお願いします。」


つづく。




* c a n a *