日本の食育を世界へ

食卓から広がる可能性を伝えたい

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あんこ餅  その呼び方は  ここだけか

2017年01月04日 16時49分46秒 | 食育×ふるさと

餅文化が根付いている

そんな私のふるさと

胡麻・きな粉・あんこ・ずんだ

エビ・大根・納豆・海苔・

くるみ・ふすべ・

いろーーーーーーんな

食べ方をします。

 

 

私もお餅は大好き

永遠に食べられそうな気がします。

本当は漉し餡が好きなのですが

漉し餡づくりって本当に大変

以前は近所にあんこ屋さんがあり

「こしあん」用のサラサラにした

小豆が売っていたけど

今は1から自分で。。。。。

もう、たまにしか作らなくなりました。

だいたいが「粒あん」です。

 

甘さ控えめで豆の味がするように

作っています。

 

みんなでご飯を食べていたので

私が何気なく

「あんこ餅食べる?」 と聞いたところ

他県出身の方々から一斉に

「なにそれ!」と突っ込まれました。

 

あんことお餅が出てくるんだろうな

という事は察しがつくけれど

そういう呼び方はしないそう

 

「じゃあ あんこ餅のことはなんて言うの?」

の質問に

「さぁ・・・・お汁粉でもないし・・・」

そう、お汁にはなっていないわ

 

まさかこの年になって

あんこ餅 が不自然だとは・・・・

 

驚いております。

 

ちなみに お餅は近所でついたもの

これも市販のものってあまり食べたことがありません

大手の切り餅屋さんといえば

切り込みを入れたのは

こっちだとか、あっちだとか

特許で大問題になっていましたよね。

切り込み?

そんなことはお構いなしに

我が家のお餅は

四方八方にのびのび膨らんでいます

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 塩辛は 得意料理の 1つです | トップ | 疑乳さん  集中しながら ... »
最近の画像もっと見る

食育×ふるさと」カテゴリの最新記事