テキスト主体

懐中電灯と双眼鏡と写真機を
テキスト主体で語ろうとする
(当然、その他についても、語ったりする)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

眼鏡使用時のTC-E2テレコンビノ

2013-12-13 23:47:31 | 双眼鏡 望遠鏡
上図のように、TC-E2のレンズ構成は、比較的接眼部が大きく、また、テレコンビノとして使った場合にも、接眼部のすぐ近辺まで、瞳を近づけることが出来ます。
それ故、裸眼の場合で実視野が30°、見掛視野が60°ほどあり、眼鏡使用でも、40~50°の見掛け視野を確保することが出来ます。


Widebinoのレンズ構成ですが、独特の光学系により、接眼レンズが大きく、それでいて有効径が絞られている様子が分かります。
この独特の構造から、Widebinoは眼鏡不可、かつ日中では、接眼レンズのコパ部分の乱反射が、辺縁視野に煩く見えるようです。

TC-E2の光学系は、オーソドックスでありながら、かなり細部にこなれた仕様で、それ故に、テレコンビノとしての使用もできる汎用性と、周囲まで乱れの少ない確かな光学性能を発揮しているわけです。
ただ、なんども繰り返すようですが、視軸の中心に瞳をおき、軸ブレもない事が、この精確な光学系を生かす大前提なので、本当なら、安定して構えることのできるアイカップ等や、さらには各種フィルターやフード等も欲しいトコロです。裸眼の場合、標準的なフードすら、広い視界を邪魔するので、いまのところ滑り止めだけで使ってます。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 今夜は星空観望日和 | トップ | ふたご座流星群 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

双眼鏡 望遠鏡」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事