「釣った魚に餌はやらない」散財日記

本、ゲーム、CD、DVD等の購入日記。雑食ですがBLと少女漫画が中心傾向。感想はネタバレまじりが多く、たまに長めです。

蝶々Pの穂歌ソラカバーが好きだ

2012年04月30日 13時19分38秒 | 好き動画
音声合成フリーソフト・UTAUの穂歌ソラの声が大変イケメンで好きです。
蝶々Pの曲をソラが歌ってると大変に嬉しいv

マイリスしてるけど、自分用にまとめ貼り。


【穂歌ソラ】飴玉サイコロジスト【UTAUカバー】



【穂歌ソラ】 心拍数♯0822 【修正版】



【穂歌ソラ】ラブアトミック・トランスファー【カバー】



個人的に「はちみつハニー」のソラカバー熱望してます。
Vocaloidは聴いてもUTAU聴かない人がいるならもったいないと思う。
コメント

月刊アフタヌーン2012年6月号購入その2(おお振り後半分ネタばれあり)

2012年04月28日 22時11分13秒 | 雑誌
一昨日のお買い物
・月刊アフタヌーン '2012 6月号



おおきく振りかぶって。



武蔵野の攻撃はゴロに抑えたらしく、チェンジ。
阿部は『しゃ! 榛名おさえときゃ あた何とかなる!』と満足気。

しかしベンチに戻ると、
「阿部君! 三橋君!」とモモカンが呼びつける。
「は は はいぃっ」とキョドる三橋。
「はい!」と阿部。

「榛名君への1球目2球目
 どういうことなのか説明して!」


腕組みをし、問いただすモモカンへ阿部が口を開く。

「───っ 速い球使いたくて
 "まっすぐ"ですけど球筋追いにくいように
 2球とも内角にボール2つ分はずして放らせました」

「高目にボール2つはずしたら よけなきゃ当たるでしょう!
 私との決め事やぶるほうがまだしもだよ!
 もう一度やったらポジション変えるからね!」

「──はい!」と神妙な顔の阿部、青くなり言葉もない三橋。

「三橋君」
呼ばれた三橋は、「ははいいっ」と飛び上がらんばかり。

「どんなサインもらったとしても
 実際投げたのはあなただよ
 あの球が榛名君に当たっていたら あなたが全責任を負うんだよ!」

「はっ はっ は ひっ」

今にも死に絶えそうな三橋の返事に、
口元をひきつらせ、モモカンが言い聞かせる。

「………… おどかしで言ってるんじゃないんだよ
 自分が榛名君にケガさせたかもしれないってこと
 ちゃんと想像しなさい!」

キ イ ン ッ
「センター前!」

『打った!?』

お説教の間にも試合は続いており、
ベンチの他のメンバーは声を揃えて「ナイバッチー!」


打ったのは3番・巣山で、『おし! 打ったぜ!』と息を弾ませた。
観戦ママ達も「ナイバッチー」、花井ママ・阿部ママに息子を褒められる巣山ママv
     「打ったじゃないの!」
     「おうちでもがんばってるんでしょ!」
     「うん けっこう」
     「えらいわー うちのも一応がんばってるけどさァ
      なんか性格的に優しすぎるってかさ
      私に似ちゃったのよねェ」と花井ママが言えば、
     「あら! もうちょっと似れば良かったのに!」の阿部ママだった(笑)


『巣山たのもしー!』と、ネクストから立ち上がる4番・田島。

打席に立つ田島はピカッとやる気満々。
『さっきは打ったんだ ちっとは本気出せよ!』

そして榛名は、三塁・清水からギラギラの視線を浴びせられ、
『わってるよ 3番はナメすぎた』と心の中で返事した。
軽くけん制球を投げ、ひとりごちる。

『前の回みてーに走らせンなら打者は1球目 待ちだ
 つってもいー球なら手ェ出すかもしんねーから
 打っても内野ゴロになる球

 縦スラ!』

シュゴッ

投げられた球は、外角にボールになった!
秋丸は『縦スラだー 試合で投げんの初めてじゃんか』と、
ノーサインだったが、こぼさず捕球したらしい。

『走んなかった 1回刺しただけでも案外効くんかな』と榛名。

『ツーシーム…じゃないよな
 外へ流れて そんで少し落ちた

 内野ゴロ狙いか
 コース入ってたらはまってたかも』と田島。

『これだけ走らせたから 1球目は待球みこして
カウントかせぎにくると思ったんだけど』とモモカン。

モモカンのサインは『1球待ち』。
『1つ速い球入れる!』の榛名だったが、巣山がスタート!
『走んのかよ!』、と既にモーションに入ってた榛名。

ボールを受けた秋丸は即座に送球するが、ボールは大きく上向きにそれる!
『たけ!!』と心で叫ぶ榛名!

セカンドの頭上を大きく越える送球だったが、カバーに入ってたセンターが捕球!
ナイスカバーの後輩は「キャンチドンマイすよ!」と言い、
榛名は『いい後輩スギだろ』とひきつり笑顔、『…………』な秋丸。

無死2塁。

『今なあ速かった けど入ってねんじゃ打てねーし!』な田島。

『2B(ツーボール)
 ここでストライク入れに行くと打たれるパターンだから
 苦しまぎれのスライダー?』と、サインを出す秋丸。

『は!? 何サイン出してんの!?』
榛名は秋丸がサインを出したことになんとも言えない表情になる。

『もともとスライダーのつもりだし!
 1球縦スラ見せてんだ ちったぁ迷うだろ』

気を取り直して投げた球を、田島は空振り!

振り返り、『スライダーか!』と田島。
『したらあとはストレート押し でしょ』とまたもサインを出す秋丸。
『だぁから なんでサイン出してんだよっっ』と、
目を見開く榛名はあえての無表情のよう。

『言われなくても どストレートだ!!』と榛名。
『振る!』と田島。

チッ、とバットは掠めたが、
バシィッとボールはミットに納まった。

スイングの勢いのまま『ゲェッ』の田島、『は! ラッキー!』の榛名。
1死二塁。

5番・花井が打席に入り、また秋丸は───。

『5番はさっき盗塁援護で2S(ツーストライク)ンなって
 結局3球三振 ならまだストレートでいーや ってカンジかな』

と、パパっとサイン出し!
おかげで榛名は『わああ イライラするうううっ』と、
傍目からは具合が悪そうなくらい、気分が悪そう(笑)


プロテクターを脱ぎながら、西浦ベンチ内で阿部は三橋に話しかける。

「危険球のつもりはなかった」
「わっ わかってる よっ」

三橋はと頷いた。

「でも投げる時 少し引っかかってただろ」
「そ れは   まっすぐ…が」

指摘され、ドキとする三橋。
「だよな 3巡目からつって決めたんだから」と続けた阿部に、三橋はコクコク頷く。

「近すぎる球続けたのが
 球筋見せないためだってのは 考えたか?」

見つめながら問いかける阿部に、三橋は返事ができず困った様子。

「せめるわけじゃねェけど 引っかかったら首振れよ」
「でも   ちょっと だ」
「は? 何が?」
「ひ ひっか   気になった の」

「ああ…
 ちょっとでも 首振れよ
 投げたくない球投げても いい結果出ねーし

 投げたくない球 投げさせられ続けたら
 どっかおかしくなったと思う」

「オ オレ おかしく   なる」

阿部の言葉そのままを鸚鵡返しにする三橋に阿部が言う。

「おめーじゃねェ
 オレ達だ」

何も言わず、三橋は阿部を見つめ返す。
阿部はグラウンドに目を向け、「失敗したくねェから」と言い切った。


花井に四球を出し、1死一・二塁となる。
『ありゃりゃー』の秋丸は、
榛名に『いらんサイン出されてリズム狂った…!』と思わせてる自覚なし。

モモカンのサインは『バントで進めて阿部くんで勝負か』で、
6番・沖もサイン確認の合図。

『打者関係ない
 四球のあとは だいたいストレートを外角』と秋丸はサイン出し。
顔をひきつらせる榛名。

『クソ 何がイラつくかって
 オレの投げようとしてる球を
 こいつが全部 当ててくることなんだよ!

 6番なんか完全にビビってんだから
 ストレート外角で充分!』

沖は投げられたボールを『がんばれェ!』と当てはするが、
小フライとなり榛名がキャッチし、二塁へ送球し、2死!
そのままセカンドは一塁へ送球しアウト、チェンジ。

ホヘッと一息つき、ベンチへと走る榛名に嬉しそうに清水が話しかけた。

「先輩! 一度も首振んなかったスね!」
「はぁ? だってそら……」
「長いつき合いだから…… っスか!?」

ニカッと笑う清水に、己の心情を言うわけにはいかなかったようで、
榛名は「………… まァ そう…だな」と顔色悪く答えるのみだった。

同じく、ベンチに引き上げる秋丸。

『榛名の投げそうな球
 予想してサイン出してみたけど
 案外首振んなかったなー
 オレけっこうリードできるかも』

『とか思ってねーだろな』な榛名だった…。


頬を紅潮させ、清水が思う。

『よかった
 秋丸さんサイン出すことにしたんだ

 この大会に勝って関東に出れば
 選抜の芽があるかもしれないんだ

 甲子園に出ようが出まいが
 榛名さんは上へ行くだろう

 だけど "甲子園"の経験は
 すっごくすっごくでっかいはずだ!

 榛名さんに残されたチャンスはあと2回』

そして清水以外の後輩も『オレらで』『連れてくしかない!』と───!

「リョーチン! そろそろ試合動かせよ!」
「おお!!」

清水達が打者に檄を飛ばし、打者もそれに応える───!



つづく。



体育会系の社員が欲しい企業の気持ちが少しわかった。
欲しい…不出来な先輩をフォローし、なおかつ立ててくれる後輩、いいよー!

そう思わせた武蔵野の後輩軍団でした。
榛名を鼻で笑った阿部とか、秋丸のサイン出しにキレそうな榛名より、
優秀な後輩の方が今月号では私の印象に残りました…いいのかな(笑)

でもさー秋丸、榛名の投げそうな組み立てじゃダメじゃん、それは相談じゃないでしょ。
榛名が投げそうな球ばっか提案するなら、榛名が思うようにサインの必要ないじゃん。
もし榛名が秋丸を信頼してるんなら、同じく組み立てでも
「やっぱりこれでいんだよな」とか確認できるだろうけど、それもないだろうし。

花井への四球以外でも、秋丸のサインで榛名に、
「投げたくない球投げても いい結果出ねーし」な影響あるのかなーと思います。

次号は単行本作業の為、休載らしいです。
それにしてもあと何冊発売したら、今の連載に追いつくんだろう?



「おおきく振りかぶって」19巻は6/22(金)発売するらしいですね!
↓もう予約受付してるとこもありました。(送料込じゃないショップでしたが)



19巻に収録されてる連載の頃は、毎回ちゃんとネタバレ感想書いてたなー。
一時期大変におお振りのネタバレ書いて!が本当に勘弁してほしく、
気がつくとおお振りのネタバレ感想書くことに気が進まなくなっておりました…。

おかげで今でもなるべく書かないでおこうかなー、な気持ち…。
試合展開とか名前とか思い出せないことこの上なくなっちゃいますが。
それもこれも、コミックスが早く発行されてくれれば全部解決なのにね!(笑)



月刊 アフタヌーン 2012年 06月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
講談社
コメント

月刊アフタヌーン2012年6月号購入その1(おお振り前半分ネタばれあり)

2012年04月27日 23時28分21秒 | 雑誌
一昨日のお買い物
・月刊アフタヌーン '2012 6月号



おおきく振りかぶって。



武蔵野vs西浦戦。
1対1で迎えた4回表、武蔵野の攻撃で打順は4番・榛名から。

『4回 2巡目までは"まっすぐ"は使わずに行く予定だった…が』

阿部がサインを出した。
『お?』と、三橋はうなずく。

しかし。

『…えと うなずいちゃったけど
 "まっすぐ"は3巡目からってモモカンと決めたけどいいのかな
 オレの知らないうちに監督と阿部君で決めなおしたのか……?』

打ち合わせと違うことに疑問はあったが、
三橋は阿部を問いだたすこともなく、投球モーションに入った。

『そんでコースが』

「! っぶね!!』

三橋の投げた球は、榛名に当たりそうなほどに内角高め!
当然、ボール。
『…………』と榛名は三橋にボールを投げる阿部を見た。

『今 中腰で構えてたか?
 狙わせたんじゃねェだろうな

 いくらウラミ買ってっからって 故意死球はねーか
 内角放るときゃ気ィつけろよ ミハシ!』

榛名は阿部の仕業ではと思っても、
三橋がわざと投げたんじゃ、とは思わないらしい。

『もう一球まっすぐ を 
 内角 ボール2つはずして──』

三橋は阿部の要求通り、今度も当たりそうなまっすぐを投げる!
その近さは、榛名が避ける動作をしてしまうほど。

『うおっ はあ!? 当てるつもりかよ!』と、
榛名はギッと背後の阿部を振り返り、睨みつけた。
阿部は榛名に目を向けることなく、座ったまま三橋にボールを放る。

『おめーと違うんだ
 2球ともよけなくても当たんねーよ
 だけど 向かってくる球はコエーだろ』の阿部。

『2球ともストレートだったな
 近くて緩い球続けたから次は遠くて速い球 が
 こいつの信じる組み立てだろ』の榛名。

『読まれてるとしても』

阿部は構える。
三橋のボールは弧を描き、榛名に空振りさせ、
動かない阿部のミットに音を立てて納まった。

『か 空振った』と三橋、
『ワンストライクで喜んじゃって』とかすかに口元を緩めたような榛名。

『ゆるい球は2つ続けない!』と構え直す榛名へ投げられたのは、
今度もカーブで、榛名が空振った為にストライク!
赤くなった榛名に聞こえたのは、「プッ」と阿部の笑う声。

『演技だ 演技じゃないにしたって気にすんな』

自分の空振り2つでツーストライクと追い込まれた。
榛名は赤い顔で気を取り直そうとする。
三橋が振りかぶり、片足があげられる。

『3球続けるこたねーハズだけど裏かいてくるか?
 裏の裏かいてくるとしたら…
 いやそりゃ元通りか あークソ!』

しかし今度の三橋の球は───。

『タイミングはええぞ!』とまたも榛名は空振った!
1死。

「オッケ!」と立って阿部は三橋にボールを投げた。
阿部は振り返る瞬間「クッ」と小声で笑い、
「!」と榛名はまたもカァァと赤くなりうつ、ベンチへ戻った。

ベンチで出迎えた秋丸は、互いに何も言わず、
榛名が脱いだメット、グローブを受け取った。

憤懣やるかたなく、榛名は「あいつ性格わりイ!」と口にする。

「わざとかしんねーけど」
「タカヤ?」

相槌を打ちながら、榛名が取り去ったレガースを受け取り、
秋丸はキャップを榛名に差し出した。
「………っと」とハッとする榛名。
『ひょいホイはマジーか こいつも今はスタメンだ』

「人の空振り笑ってさ
 それが心理戦とか言うならセコイ戦いだよなァ」
「笑われたのか」

問い返され、榛名はカップを受け取りながら、ぶうと膨れる。
「負けたくねェな」
「だろうね」

秋丸の返事に榛名は秋丸を見返し、ゴクゴクカップを飲み干した。
「お前といられんのも武蔵野第一(ここ)までだぞ」

そう言うと、榛名は空いたカップを秋丸に突き出す。
カップを受け取った秋丸は、背を向けた榛名を『そうなのか』と見ていた。

『プロになるのか
 それがムリでも 大学は強いとこ行くんだな

 一般入試で同じトコ入ったとしても
 オレじゃ野球部に入れてもらえないかもしんないなァ

 いや 同じトコつー理由で大学決めちゃマズイだろ
 自分の将来考えないと
 "将来"とかナニソレって感じだけど

 榛名みたいにやりたいコト
 ハッキリしてんのって めずらしいよな?

 将来につながることやってんだから
 そら一生懸命だろうさ』

そう思う秋丸だったが、続けて胸の中で呟いたのは───。
『3年生達は 楽しそうだったな』

物思いにふけってた秋丸は、ふと我に返る。
自分に関してのことは『清水に2番とられんのは やだな』くらいだった。



--------------------------------------------------------------------------------



まだ途中ですが、とりあえず区切りよさげなここまで。

わりとひさびさに、おお振りで字数多くブログ書いたような気がします。
やっぱり書いとかないと、後でわかんなること多いですね~。
読み返すかどうかより、ネタバレ書いてる間熟読するので
その分、記憶に残ってくれるようです、私の場合。

まあ、6月号のネタバレをわりとたくさん書いたのは、
先日のJR脱線事故の影響で本日北海道にチャンピオンが入荷しなかったのと、
出張帰りの特急の帰路が長かったので、ついつい…でした(笑)
空いてる特急じゃなかったら無理だったけど(笑)

後半も、あともうちょっと書かないとなー。
それにしても、最近とみに自分の語彙が少なくて困ってます。
漫画ばっかり読んでるせいかしら…やっばーい。



月刊 アフタヌーン 2012年 06月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
講談社
コメント

「コストコstyle」購入(私はそろそろコストコ初心者本から卒業すべきでは…)

2012年04月26日 23時14分21秒 | 雑誌
昨日のお買い物
・コストコstyle



コストコのムック発売したらしいと聞き、書店まで買いに行きました!
コンビニに「コストコstyle」は売ってないだろう…と確信してたので(笑)

私は楽しんで読めましたv
ただ定番品が多いので、新たな発見ってのはないかもしれません。

あと気になったのがこの本、近眼の人用?って思うくらいに写真がでかいこと。

こういう記事だったらこのくらいの写真の大きさでは、っていう
私の脳内イメージの4倍くらい写真が大きいと思います。

なので、その分脳内イメージより記事量が少ない気がしました(笑)
私の脳内イメージのせいで、「コストコstyle」とばっちり(笑)


「コストコstyle」はコンテンツとしては大きく4つに分かれてます。

PART.1 大人気!コストコ フード&デリカ編
PART.2 コストコstyleの暮らし実践編
PART.3 コストコが彩る生活アイテム編
PART.4 もっともっとコストコ活用術編

この他、デビューのためのQ&Aとかがちょこちょこあったりv


【フード&デリカ編】はリピ買いするデリやお肉などの生鮮食品、
冷凍食品、調味料、缶詰などのストック品、加工食品、ベーカリー、ドリンク類!

基本的にリピ買いするものなので、定番品が多いです。
ふと、そういうことがわかるようになったとは、
私もコストコの知識、前より増えたのかなーと思いました(笑)

だって見たことない商品なかったもん(笑)
(でも食べてないものは色々ありますが)

シュリンプペンネロゼとか、最初に買ったのは雑誌で見たからだったな~。
海鮮漬けちらし寿司も雑誌見てでした、食べたら評価Aだったのに納得v

ちなみにコストコstyleには載ってないけど、
最近私が気に入ったのは↓です。



「これ美味しいよー!」とコストコ商品棚の前で、お連れさんに教えてた人がいて、
全く関係ないのに「そうなんだー」と思ってカートに入れました(笑)
そしたら本当に美味しかった(笑) あの時のお姉さん、ありがとう!


【暮らし実践編】はコストコで購入したデリや食品のアレンジレシピ紹介です。
ストックしておきたいお菓子、ってページもありましたが、
個人的にはハッピーターンがなかったのが解せないわ…!

あと小分け&冷凍方法についても6ページほど載ってました。
そうですよねー、コストコの買い物は冷凍しないと色々ヤバイ(笑)
大容量ですもんねー…買いに行かなければいいんでしょうけど、でも(笑)


【生活アイテム編】では雑貨などが紹介されてます。
我が家の洗剤、今のところコストコの無香料の奴です(笑)
こないだ泊まったコインランドリーが無料のビジネスホテルも同じ洗剤置いてた(笑)

コストコの洗剤は大容量で5.5Lと大変重いのですが、
ビジネスホテルの置き方見習って我が家も設置しました(笑)

洗剤の出口が下になるように洗剤を横に置き、その状態をキープ。
あとは赤いとこを押せば洗剤が出てくるので、容器を持ち上げる必要がなくて便利v

知らなかったけど、これが外国の洗剤のスタンダードな置き方なんですかねー。
自力じゃ私はわかんなかったわ(笑)


【コストコ活用術編】は主に初心者の心得など(笑)
こういう風になってますよー、こういうことに気をつけるといいですよー、な感じ。

食品コーナーのオーダーシステムでバースデーケーキ頼めますよとか、
眼鏡やコンタクトも扱ってますよーとか。

私もコストコで眼鏡買ったことあります、今のとこ不満はありません(笑)
余談ですが、コストコでの視力検査って、絵の風景とかでなんか面白かった(笑)

最後のページには全国13倉庫の住所・地図・フロアマップがありました。
たぶん配置とかはどこもおおよそ変わんないだろうと思いますが、
大きい店舗・小さい店舗があるのか、店内の面積もちょっと知りたかった(笑)
知ってどうするって情報だけど(笑)


巻末には2012年7/31まで有効のコストコ1日招待券がついてます。
これ持っていけば会員にならなくても、
コストコでその日買い物できますよって代物です。

でもさ…絶対会員になりましょって勧誘されるよね…!
私はその手に引っかかりました。(←コストコデビューの思い出…)



どうでもいいけど、「コストコstyle」に
バウンティペーパータオルが載ってなかった気がするけど気のせい?
なんとなく、必ず紹介されてる気がしたんですが…イメージだけだった?(笑)



コストコstyle (双葉社スーパームック)
クリエーター情報なし
双葉社
コメント

書店で衝動買いだったマンガ2冊(どっちも続きが出てるの知らなかった)

2012年04月26日 20時43分05秒 | 漫画
昨日のお買い物
・「はじまりのにいな」2巻 水森暦
・「うた恋。」3巻 杉田圭



「はじまりのにいな」は続きがあったのか!と購入v

1巻ものだと思ってた「はじまりのにいな」(←過去感想)でしたが、
生まれ変わり、前世から好きだった彼・篤郎と15歳差を乗り越えカップルに、
というとこで1巻目が終わってたので、2人のその後が読めて大変嬉しいですv


新菜は父の転勤についていった為、2巻では篤郎と遠距離恋愛に。
転校先で新菜は前世・千歳である弟・千晴と、生徒と副担任という関係で出会う。

今の家族も大好きだし、千晴に前世のことなど言えやしない。
しかし長い間会えなかった弟と話せるということで、
新菜はいろいろと千晴の受け持ちの教科・現国の質問をして話しかけていった。

ある日、新菜は千晴の母が骨折したという話を聞く。
新菜は思わず「ご飯を作りに行っちゃだめですか?」と口走ってしまい───。


結局、同級生男子の口添えで、千晴の家で現国の補講をし、
参加者はお礼として千晴の家でご飯を作る、ということになりました。

ひさしぶりに会えたお母さん。
娘ではなく、新菜はただの「お嬢さん」。
それでも、もういちど会えただけで、笑ってる顔を見れただけで───。

と、大変切なく、面白かったです。
恋愛物じゃなく、痛くなくせつない、というのはちょっと珍しかったかもー。

ちゃんと要所で篤郎の出番もあったしv
まあ、かなりチョイ役っぽかったけどね! 大事なとこですけどね!(笑)

ところで補講って口添えした男子・彼方って、きっと新菜が好きですよね…!
読者にはバレバレですが、素直じゃないから新菜には気づかれないかもしれないな。
まあ、高校生にもなって好きだから意地悪、とか元から好かれる確率減りそうだが…。
今更ですが、新菜には篤郎いるしな(笑)

はじまりのにいな 2 (花とゆめCOMICS)
クリエーター情報なし
白泉社




「うた恋。」も3巻出ることを知らず、書店で見かけて「おお!」と購入。

3巻は清少納言が中心です。
清少納言の兄の恋、
清少納言が仕えた中宮定子の御両親の若かりしの話、
清少納言の昔の恋、
清少納言と藤原行成と…とお話5作、和歌は五首が語られます。

どのお話もテンポよく進むのですが、なんというかどれも腑に落ちます。
読んでて無理を感じないので、素直にキャラクターの気持ちで読めました。

想い合っていたのに、タイミング等から、
悲しくもお別れしてしまうなど、読後感はいいけどせつない話が多いです。
3巻最終話の2人のあれは、最後の思い出に…ではなく、

「楽しかった思い出は
 戻りたいと 今を嘆くためのものではなくて
 前向きに 今を頑張るためにあるのよ」

と、前へ進むためのものだったのかな、と思いました。

唯一といっていい、道隆と高内侍の恋は素直にニヤニヤでした!
遊び人の道隆が、プライドの高い才女の高内侍に

「なあ だからいいだろう?
 君のためにうまい話をことわったんだ!
 この上君にフラれたら オレはどうすりゃいいんだよ!」

と、求婚する道隆の、かっこ悪くなれるカッコよさが素敵でした(笑)

それから「うた恋。」ってTVアニメ化になるんですね~。
3巻まで発売されてますが、いったいアニメで何話分になるんだ…!?

超訳百人一首 うた恋い。3
クリエーター情報なし
メディアファクトリー
コメント