「釣った魚に餌はやらない」散財日記

本、ゲーム、CD、DVD等の購入日記。雑食ですがBLと少女漫画が中心傾向。感想はネタバレまじりが多く、たまに長めです。

今日の新刊購入(ルビー文庫は見当たらなかった)

2007年01月31日 23時11分02秒 | 漫画
本日のお買い物
・「純情ロマンチカ」8巻 中村春菊
・「ガンパレード・オーケストラ 緑の章」 さなづらひろゆき

「純情ロマンチカ」、美咲はウサミ家専用フェロモンを今回も発動中。ナチュラルにパパに声をかけてました。

8巻でついに美咲がウサギに「好き」と言ってましたが、「ほんとに今まで言ってなかったっけ?」な今更感を感じました。美咲とウサギには新鮮でも、読者からしたら「いや知ってるし」状態(笑)ウサミ家からの反対が、徐々に現実化するかも?ですが、なんか心配する気になりません。根拠もなしに大丈夫な気がします(笑)

ところで孝浩さん。北海道在住ですが、一言。
でかい鮭より旨い鮭が欲しい
毎年でかい大味の鮭をお歳暮でもらい、困ってる人間より
(でも木彫りのクマもらうくらいなら、鮭ください)

純情ロマンチカ 8 (8)

角川書店

このアイテムの詳細を見る




またうっかり、プレイしてないのに買ってしまいました。漫画・ガンオケ緑です。

今回のガンパレゲストキャラは芝村舞!相変わらずさなづらさんの舞は胸が薄くない(笑)「恋愛関係の機微という奴が分かってきたのだ」と言ってますが、たぶん奥様戦隊には入れなさそう(笑)

ガンパレード・オーケストラ 2 緑の章 (2)

メディアワークス

このアイテムの詳細を見る
コメント

「ノンフィクションで感じたい」購入(ややネタばれあり)

2007年01月30日 21時44分57秒 | 文庫(BL)
昨日のお買い物
・キャラ文庫「ノンフィクションで感じたい」 秀香穂里

「ノンフィクションで感じたい」あらすじ(裏表紙より)
週刊連載でトップを獲れば、作品が映画化!?小説家の吉井に、そんな大型企画を持ってきたのは、大学時代の恋人で編集者の神尾。しかも性描写が苦手な吉井に、官能物を書けと迫ってきた!! 一方的に振ったくせに、今度は強引に執筆を迫る神尾に、過去の執着を呼び覚まされた吉井は、「それならお前が官能を教えろ」と条件を出す。ところが神尾はためらわずに吉井を激しく抱いて…!?

忘れられない恋人・神尾と吉井は取引のように寝ることになりましたが、神尾は既婚者(←吉井情報)なので吉井同様読んでてそこが気になってました。ネタバレになりますが、神尾はとっくに離婚してたので結果的にはそんなに吉井が悩む必要はなかったです。神尾には奥さんがいるんだから…と、他にも男がいるように匂わせた吉井は神尾に嫉妬されておしおき(?)されてたから、悪かったのかよかったのか(笑)

作中作の「焔は青く」の主人公は女性ですが、既婚者との恋愛物なので「焔は青く」についての吉井と神尾の話し合いに互いの気持ちが見え隠れ。吉井と神尾の仲は勿論、「焔は青く」の展開にも興味ありました。

BL・男女物とジャンルは違えど、吉井の小説を書くときの描写に秀香穂里さんもこんな感じなんだろうかと思ってしまいました。(「元作家」って肩書きのくだり、おおっと思った)やっぱり濡れ場は照れるのでしょうか(笑)あ、最後の吉井が神尾所蔵の単行本「焔は青く」にサインするとこ、あれって「ノンフィクションで感じたい」のページ数・行数でいいんですよね?一瞬戸惑いました。

シリアスで、「素直になれない」というより「本当のことが言えない」関係の2人でしたが、重い印象はないです。ちゃんとハッピーエンドです(笑)

ノンフィクションで感じたい

徳間書店

このアイテムの詳細を見る




ちらっと登場したやや憎まれ役な週刊誌での競作相手・伊川と担当編集者・古嶋もなんとなくデキちゃいそうな雰囲気でした。(年下攻の予感)続編あるのかな。
コメント

「優しい檻」購入(ややネタばれあり)

2007年01月30日 06時38分09秒 | 新書(BL)
昨日のお買い物
・SHY NOVELS「優しい檻」 椎崎夕

「優しい檻」あらすじ(Amazonより)
「所有物は所有物らしく、潔く諦めるんだな」
ある寒い日、橋本樹は彫刻家・常盤正嗣の工房を訪ねる。樹が秘書を務める山辺泰之のもとへ常盤をつれていくために。だが、山辺の愛人として知られる樹への態度は冷たかった。まっすぐな瞳で樹を好きだと言ってくれたのはもう遠い過去のことなのだ。常盤は病床の山辺が自分を後継者に選んだことを知ると、山辺のものは好きにしていいはずだと無理やり樹の身体を奪い、そのまま閉じ込めるように樹を工房に留める。まるで意思のない人形のように扱われながらも、常盤への気持ちがあの頃から少しも色褪せていないことに気づいた樹は・・・・!?

「あらすじだけ読んだら山辺の愛人に思えるよなー」と思いつつ、椎崎夕さんは辛くても痛い展開にはならないので、誤解だと信じながらもおそるおそる購入。やっぱり誤解でした~!

樹は親が保証人だった為の借金のせいで山辺の元へ。山辺は樹の外見や行動を制限はしてたけど、愛人というよりお人形・ペット的な扱い。あと当初はともかく、晩年は樹と親子みたいな関係だったようです。

山辺亡き後、山辺の愛人と見なされている自分が常盤の傍にいたら周囲にどう見なされるかと思った樹はそっと出奔。いつもながら、椎崎夕さんの受は全部捨てて逃げ出すよなー…。逃げるといっても自分を安全な場所に置く為じゃなく、好きな人の為に自分の居場所を捨ててしまうのでせつない。でも今回は通帳持ってったので、やや安心(笑)「帰る場所」の受は保険証も置いてったもんなー。

ちゃんと常盤が迎えに行きハッピーエンド&後日談は常盤視点。安心して読んで大丈夫な1冊でしたv

優しい檻

大洋図書

このアイテムの詳細を見る
コメント

WJ09号購入(ややネタばれあり)

2007年01月29日 22時46分36秒 | 漫画
本日のお買い物
・WJ '2007 09号

銀魂。
ジャンプ表紙、神楽のメロンにもらい泣き。あと「大人の事情」にも。

ワンピース。
”魔の三角地帯(フロリアントライアングル)”でルフィ等は幽霊船と出会う。ルフィ・サンジ・ナミ(←くじで負けたらしい)が幽霊船に乗り込むと、そこにいたのは紳士なガイコツ・ブルック。
アフロで陽気でうんこが出るらしいブルックにサンジはお前は何者でこの船で何が起こったのか尋ねるが、ルフィは「そんなことよりお前 おれの仲間になれ!」と言い、ブルックが「ええ いいですよ」と答えて「続く」。
すげえ。最後の見開きの「お前おれの仲間になれ!」と「ええ いいですよ」にたまげた。そりゃサンジとナミだって「うおおおおおおいっ!!!」だよ。でもガイコツでアフロでしゃべるんだから、ルフィも勧誘するよなぁ(爆笑)どんなキャラかわからないけど、音楽家ではないのかな?

テニスの王子様。
今週のサプライズ
1:メンバー表に千歳の名前→退部届は捨ててたよ!
2:千歳VS手塚は無我対決になる→財前と乾はできるだけコートの外に出てること!
千歳の退部は当時よくわかりませんでしたが、今になってみるともっとわかりません。退部云々がなかったら今回前半の山場なかったかもしれないけど、おかげでケンヤはスピードスターに出番がなくなってます。ところで千歳が観戦に来てなかったらどうなってたんだろう。
ところで「ドロボウの兄ちゃん」と呼ばれた手塚が、全国的に評判が下がると思うと笑えます。(ロリコンって噂も出そう)

コメント

駅前の書店にて購入

2007年01月29日 22時44分38秒 | 漫画
本日のお買い物
・「すくすくオトコノコ」 吹山りこ
・「放課後の国」 西炯子

「すくすくオトコノコ」簡単あらすじ
男子高の入学式で、154cmと小柄な初は同級生に絡まれてる、女の子みたいに可愛い朱を助けた。172cmの朱は初に「王子様みたい」と一目惚れ。「ぼくとつきあってください」と朱に交際を申し込まれた初は、朱よりも背が高くなったら返事すると--。

雑誌連載の時からかわいくって楽しみにしてた「すくすくオトコノコ」、やっと1冊にまとまってくれた!まとめて読んでもかわいいv朱は勿論、ドキドキしてる初も可愛い~~~v長身同級生・秋元が初と朱2人まとめて口説きたい気持ちもわかります(笑)

ちょっとずつ、でもズンズンと背が伸びてく初は頼もしいv最初は外見可愛く中身イケメンでしたが、たぶん高3あたりでは身も心もイケメンになりそう(笑)その頃には秋元が受なことでしょう。(←オイ)

脇カプの秋元×春花も好きv
秋元の初めては気の毒やらおかしいやら。そんなん気にしてるケツの孔の小さい秋元は受になればよかったと思う。(←偏見)

すくすくオトコノコ

幻冬舎

このアイテムの詳細を見る




「放課後の国」簡単あらすじ
高3最後の席替えは好きなもの同士で班を組んだ。その中の余り物な6名のお話。
数学フェチ、天文マニア、キス売春、エロ小説書き女生徒会長、ロック野郎、不登校。
各話で主人公持ち回り、オムニバス青春群像劇。

ほとんどがゆるくまったりとしてて、痛々しくもとがってもいないけど「青春もの」です。奥田民生の「イージュー☆ライダー」が頭の中でまわりました。西炯子さんを読んだのは久しぶりでしたが、読んでる間気持ちよかった。

特に好きなのが数学フェチの話ですが、不登校の話もよかった。毎回ほんの少しずつ話題になってたのが不登校のことだとやっと気がついたんですよね~。私、ニブイ。

あと好きなのが班員が初めて全員揃ったとこ。あの一瞬の出会いって、一生における高校時代のような気がした。

放課後の国

小学館

このアイテムの詳細を見る
コメント