「釣った魚に餌はやらない」散財日記

本、ゲーム、CD、DVD等の購入日記。雑食ですがBLと少女漫画が中心傾向。感想はネタバレまじりが多く、たまに長めです。

エメラルド夏の号購入その1( 「世界一初恋~小野寺律の場合~」no.19最初の方ネタばれあり)

2014年09月19日 08時04分18秒 | 雑誌
今月頭の届き物
CIEL10月号増刊 エメラルド 夏の号 2014 SUMMER



世界一初恋~小野寺律の場合~。 中村春菊。



『さて
     「イチャイチャ」
               とは』


「足りねぇ 全っ然足りねぇ」


と、律は高野から、担当作のネームにダメ出しをくらってた。
三年ぶりの再会、すれ違っての両想いなんだから、
バーンとイチャコラさせろよアホ、と、やり直しを命じられる。

不満げながらも引き下がる律だったが、

『──────で「イチャイチャ」って
 具体的に 何』

と、口に出せないままだった。

『…とはまさか聞けないし
 
 困ったな 自分が理解してない事
 先生に伝える訳にもいかない

 告白して抱きしめ合って キスして?
 それだけで充分だろ? 少女漫画なんだし…』

「イチャイチャラブラブしたい」


高野を思い出した律は、瞬時に真っ赤になる。

何だ!? 何でここでこないだの高野さん思い出すんだよ!
 バカか!! 消えろ 俺の記憶!!」

律が廊下で壁に、ガンガンと自分の頭をぶつけていると、
「おい」と通りかかった高野に声をかけられる。

「なっ!? 何なんですか!!」
     「何してんだよ キモいんだけど

高野が律の後ろを歩きながら、会話が続く。

「か 軽いストレッチですよ」
     「は? カベ壊れたら修繕自費だかんな」
「壊しませんよ!」

「あっそ で? 何悩んでんの」
「えっ!? べ 別に悩んでなんかいませんよ」

嫌そうな顔で、律が答える。

「ウソつけ」
「ついてません

 ただ イチャイチャって
 どういう風にすればいいのかって考えてただけです」

高野がズイと、律との距離を縮める。

「な 何ですか」
「それってネームの事? それともお前の事?」
「は!? って ちょっ高野さん!? 何… ちょ…っ」

言うが早いか、高野は律の腕を掴み、第7会議室へ入った。
律の背後の壁に拳を置き、高野は律から目をそらさずに言う。

「俺が教えてやるよ」
「あ゛?」

困惑&嫌そうな律を意に介さず、高野は律の手のひらに触れる。

「最初は可愛くお手々つなぐもよし」
「ちょ…っ」

高野が律の手を取り、唇を寄せる。

「その手にチューするもよし」 ちゅっ
「ちょ」

書類袋を持ったまま、高野が律を抱きしめる。

「ギューーって抱きしめて」 ぎゅう
「おい」

律の髪の一房を摘み、口づける。

「髪の毛にチューすんのもよくね?」 ちゅっ
「よくねぇ!!」

そして高野は指で律の顎を救い上げ、
キスする寸前まで顔をを寄せたが───。

「やめて下さい!!」

律は高野の胸を押し、キスを拒んだ。

「会社で何してんですか アンタは!!」
「セクハラ」
「分かっててやってますね!??」

律は高野に背を向けた。

「帰ります!!」
「小野寺」
「お疲れ様でした!!」

バタン!!と大きな音でドアを閉め、律が会議室を出て行く。

「────「イチャイチャ」なぁ… むずかしーな」

ひとり残された高野は、
壁に手をつき、ため息をついた。



大きな書店で、律は怒った顔でカゴへどんどん雑誌を放り込む。
どれも女性雑誌やデート特集などなど。

     『バカじゃないのか
      ネタにかこつけてセクハラしたいだけじゃないか
      自分で考える!!」

そこへ「あれー 小野寺君」と佐伯さんから声をかけられる。

「佐伯さん 久しぶり」
「今晩はー 仕事帰り?」
「うん」
「お疲れー 私も」

律が手にする雑誌等を見て、佐伯さんが声を上げる。

「え 何 小野寺君 そーゆー雑誌読むの?」
「えっ!?」

「え? 何? まさか編集のクセにリア充なの!!??」
「ち 違うって 漫画の資料
 恋愛部分のネーム修正入ったんだけど
 いまいちよく分かんなくて…」

「そっか!! ならよし!!」
「え? 何が??」

「時間あるならゴハン食べない?
 一応 私も少女漫画編集だし よかったら話聞くよ?」



------------------------------------------------------------



いちおう朝6時から書き始めたんですが、
なんだこの、途中とも言えないほどしか書けてないのは。
表紙込み58ページ中、まだ11ページまでしか進んでません(笑)

やっぱりあれですかね、
書きながら朝食&艦これを並行してたせいですかね…。(←オイ)
(でもおかげで、朝のうちに艦これデイリー潜水艦まで終わったよ!)

続き書けるのは、自宅に戻ってからになると思いますが、
今日が出張の移動日なので、正直起きてられる自信ないわ…。
そのうち書けたら更新します、だってすごい途中だし(笑)



CIEL増刊 「エメラルド 夏の号」
クリエーター情報なし
KADOKAWA/角川書店
『マンガ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« BE-LOVE 2014年10/1号購入(... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

雑誌」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事