「釣った魚に餌はやらない」散財日記

本、ゲーム、CD、DVD等の購入日記。雑食ですがBLと少女漫画が中心傾向。感想はネタバレまじりが多く、たまに長めです。

別マ2014年7月号購入その2(「君に届け」episode91最後までネタばれあり)

2014年06月25日 23時59分43秒 | 雑誌
今月のお買い物
・別冊マーガレット '2014 7月号



君に届け。



自宅玄関前、あぐらで座り込むちづ。
ランニングから帰って来た龍が、ちづの家へとやって来る。。

座ったまま見つめ上げるちづを、
龍は「────……」と見つめ返した。

「来ると 思った」と言いながら立ち上がるちづ。

     「お… 遅いんだよ!! かゆい!!」と言いながら、
     ガリガリガリと腕を掻くちづに、
     「…………刺されたのか… 蚊に…。 俺も…。」の龍。

「…勝ったよ」
「…うん」

     『よかったね』

「速報みた」

     『おめでとう』

「次も 勝つよ」
「うん」

     『絶対だぞ!』

「全道 行くから」
「…………うん… …………」

気負いなくちづへ告げた龍は、ちづの頭をわしわしと撫でると、
「そんだけ おやすみ」と言い残して帰って行った。

ほのかに頬を色づかせ、自分の頭を触っていたちづは、
龍の背中を「───……」と見送りながら、我知らずか眉を寄せる。

思い出す、ちづが龍へ言った言葉。

「なんで あたしが北幌受けたと思ってんの!?
あたしは いつだって龍を応援したいの!!
…一番応援したいの!!」

あの時は、心から言うことができたのに───。


ちづは片手で目元を覆いながら、空を仰いだ。



校舎の廊下を歩きながら、ケントは横のツルに話しかける。

「久々だったねー ツルと学食!」
「おまえ いっつも彼女とメシだもんな…」
「まぁねー ………」

ケントはふと、やのちんの言葉を思い出す。

「違う大学がずっと 頭にある
東京の J大」


気を取り直すように、笑顔でツルの方を向くケント。

     「……そーいうツルだって
      いっつも女の子と食べてんじゃん!」
     「まーな」

そして購買で売られてるパンが、
「…あ あやねちゃんのすきなパン………」と、目にとまる。

「オレ ちょっと買ってくからさ!
 いーよ先行ってて」と、ケントはツルを促す。
「おー」と歩き出すツル。

その背に向かって、
「………… 行くなよ!」と言い出すケント。

     「…はい? どっち?」と、胡乱に振り返るツル。
     「あっゴメン ただの練習だから! 行って行って!
     「へー練習… 多分 女用の……… むかつく!

風早に続いて、男友達相手に練習するケントだった───。



屋上でお昼の爽子・ちづ・やのちん。

「…失敗だったんじゃない? 屋上
 ちょー日焼けしそう… 日傘 ほしーんだけど
「教室でガッツリ日焼け止め塗ってきたじゃん!」
「わーなんかこの感じ久しぶり…!」

相変わらずの三者三様w

「3人でそろって食べたの久しぶりだもんねー」と、爽子。
「そだよねー あたしらは大体一緒に食べてるけど
 やのちん ケントとだし」と、ちづ。
「あー 放課後も ちづバイトだしね
 あたしと爽子は塾で一緒だけど…」と、やのちん。 

やのちんの脳裏を、
進路への想いを聞いた時のケントの表情がよぎる。

「塾 やめよっかな」


やのちんは「………」と、
爽子とちづにそのことを打ち明けず───。

「…そういえばさ ちづ 龍とどーなの?」

ちづに話を振った(笑)

えっ!? 急に!?
 いやまあ なんていうか… …… 仲いー

     「えー 何?」と聞き返す、聞こえてるやのちんw
     「わー なにー」と、聞こえてない爽子w

ちづは突如立ち上がって言った。

「仲!!   いい!!」

いいねいいねよかったね!!な爽子、ヒューヒューとやのちん。
だけど「………」なちづは───。

「…仲 いーけど あたしがさいあく」

ちづは今度はしゃがみ込み、自分の頭をかきむしった。

「んあ~~ もうっっ さいあく!!!」

     「ちょ ちょっとちょっと落ち着いて!!」
     「あわわわわちづちゃん どうしたのちづちゃん」

「………………

 …あたしさ あたしはさ
 …高校入学して ちょっとは野球部のマネージャーとかも
 考えた事 あるんだけどさ」

「えっ そーなの なれば良かったじゃん
 向いてんじゃない ちゃきちゃき働くし おかんぽいし

 「うん でも なんか違う気がして」

     「なんで いーじゃん」
     「そーなんだけど」

ちづは続けて言う。

「龍は 龍の世界で頑張って

 あたしは それ 応援したいけど
 中に入るのは なんか違うような気がして

 徹のこと すきだったからなのかな…
 ……なんかよくわかんないけど

 でも
 いつだって龍を応援してたんだよ

 1番応援してたと思ってるし
 1番応援したかったんだよ
 なんでもだよ

 野球も! 生活も! 恋愛だって!!
 たまたま龍にすきな子いなかったけど!

     「いたじゃん ずっと」
     「うんうん」
     「あああ そっかあたしか!!」

赤面しながら、ちづは続ける。

「とにかく!!
 応援する気満々だったし してきたの!!!」


ちづの口がへの字に歪む。

でも
 今 あたし 応援出来ない

 龍を応援してない

 龍とだけは 離れたくない」

     どきん…と、爽子の胸が鳴った。

「…結果出したら 野球で進学しちゃう
 遠く 行っちゃう

 あんなに頑張ってるのに 応援出来ない

 あたし
 一番 やりたくなかったことやってる
 龍の足 ひっぱってる

悄然と、肩を落として話すちづ。
爽子はちづの肩に手を添える。

「すきなのに
 すきだから応援できない

 あたし
 さいあくなんだよ…」



屋上の出入口に立ち、ちづの心情を聞いてた人影がある。
やのちんへ渡すパンを手にしたケントだった───。



早朝の校舎。

風早との待ち合わせに急ぐ爽子。
思い出す、ちづの言葉。

「龍とだけは 離れたくない」


「………………」

息を弾ませ、ドアを開ける。
教室にただひとりいる風早は、机につっぷし眠っていた。

『……… 寝ちゃってる……』

そーっと、風早に近づく爽子。
すぐ前に立っても、風早に起きる気配はない。

『……夜遅くまで 勉強してるんだ…』

頬を赤くし、ドキン…と鼓動を高鳴らせ、
爽子は眠る風早の前髪に、そっと触れる。

「すきなのに」
「すきだから」───────


『……無理
 してくれてる…………………』



つづく。



会わない方が無理してる。
いやー、もし私が男に生まれ変わってもこんなこと言えないーw
風早すごいわー(笑)

今月号は、前半が風早×爽子の早朝デートへの過程w、
後半がちづの龍の野球を応援できない心情吐露から、
(多分)爽子とケントに波紋を投げかけたようですね~。

爽子は「離れたくない」に反応してた気がする。
立ち聞きしてたケントは、おそらく「応援できない」かな?


爽子が東京の大学のことを進路対象に考えてないのは、
無意識のうちに離れたくないから気持ちをセーブしてるんだろうか。

まあ、たしかに風早は『無理してくれてる』のかもしれないけど。
でもそれは風早が無理したくなってるんだから、
ほっといていいんじゃないかと思います(笑)

風早本人だって、わがままだって自己申告してたじゃな~い(笑)
やりたいからやってるんですよきっと、気にすんな爽子(笑)


ケントは、どうすんですかね。
男友達相手に「行くなよ!」練習してる場合じゃないぞ(笑)

ただ、やのちんに「行くなよ!」は言わない気がする。
なんとなく。

ケントは「行くなよ!」って告げるつもりだったろうけど、
ちづの悩みを聞いたことで、言わなくなるんじゃないかなー。
自分の望みがやのちんの足をひっぱることに気づいたのではないかな。

ふと思ったけど、ケントは東京の大学へ行く気はないんだろうか。
そこまでは無理できないのかな、やのちんの為でも。
どうなんだろう。


そして、ちづと龍ですが。

正直、この2人が遠恋になったとしても、
爽子と風早、やのちんとケントより近くにいることになる気が…。

だってたしか、ちづも龍も道内だよね?
おそらく爽子もやのちんも東京に進学するだろうから、
北海道⇔東京という、飛行機の距離の遠恋になると思われます(笑)
道内同士なら、遠いけどけっこう近いじゃん(笑)

まあ…たしかに道内でも飛行機の移動の方がいい時あるけど…。
(私の今回の出張先、飛行機じゃなかったら移動に半日かかるもん)

ということで、ちづは悲痛な様子でしたが、
私はあまりちづと龍のこと、心配してないのでした(笑)
だってきっとこの2人、大丈夫だろうし(笑)

そして大きな声では言えませんが、
やのちんが東京の大学に進学するなら、
もしピンとやのちんがうまくいっても遠恋だよな、と思う、
やはりピン×やのちんを忘れきれない私でした…(←しつこい)



↓は今までの「君に届け」雑誌感想(かなりネタバレまじり)になります。
・「君に届け」別マ感想ぜんぶ(別窓)

※今月号を含み、降順です
※私が読んだ時の感想なので、実情とは違うこと多々あります
※2012年8月号まではもうちょっとやる気がありました
※別マ購入は基本的に不定期です(いつ購読やめてもおかしくない)



ああ、やっと今月号書き終わった…!
(2週間遅れだけど)
(4月号とばしてるけど)
(21巻も書いてないはずだけど)

出張中に4月号とか書けたらいいなあと思います。
今回は約2週間出張だけど、油断してたら何もしないで帰宅しそうw

ただ、最近「君に届け」のネタばれ感想しか書いてなかったので、
そろそろ気分転換に、「君に届け」以外にもたまってる、
あれやこれやのネタバレ感想書きそうな気がします。

ほんと、いい加減いろいろ書いちゃわないとなー。
ブログに書いてないせいで、
毎回出張先にいくつもの切り抜き持参してるので邪魔でーすw



別冊 マーガレット 2014年 07月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
集英社
『マンガ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 別マ2014年7月号購入その1(... | トップ | 別マ2014年8月号購入(「君に... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
親目線、、、 (みいまる)
2014-06-26 11:47:39
 びんこさんお疲れ様です~。いやぁ君届メンバーの親御さん尊敬しますわ。リアルに電卓叩いてる場合じゃないですね(笑)。スミマセン現実的で、、。

子どもたちの夢叶えてあげたい気持ちは一緒です。つい親目線になってしまいました。

出張中も美味しいもんでも食べてお体大事にしてくださいな。
>みいまるさん (びんこ)
2014-07-18 06:32:51
こんにちは!

そういえば「君に届け」では財政難で進学ムリって子いないですねー!
なるほど、私には絶対ない親目線…(笑)

そう考えると、ケントの親御さんが一番健気かもしれません。
息子の進路は、希望する職業のためにではなく、彼女重視で決める。
…私だったら、肩掴んで揺さぶって「考えなおせ!」って言いたくなりそう(笑)
Unknown (初めまして)
2014-07-29 04:20:28
ネタバレ検索でたどりつきました
とっても分かりやすい記事で嬉しかったです!
次回からもたのしみにしてます!

ところで爽子が迷ってる大学は札幌の大学ではなかったですかね?私の勘違いでしたらすみませんー!
はじめまして! (びんこ)
2014-07-29 23:51:43
コメントありがとうございますv

そしてご指摘ありがとうございます!
普通に間違えてました、ありがとうございます!

そうですよねー。
爽子が札幌、やのちんが東京、ちづが地元と、
皆が希望の進路を選んだらバラバラになるって思ってたのに、
しっかり忘却してた私って、たいへん頭が悪いわ…!(笑)
こんにちは!びんこさん!(^-^) (yuyu)
2015-02-14 11:30:52
ご無沙汰しています!
お元気ですか?

この記事のお返事ではなく、少しズレてしまい、申し訳ありません(>_<)

今月の「君に届け」、ご覧になりましたか?
(「君に届け」をもうご覧になっていなかったら、すみません(>_<))

「あやね×ピン」シーンがあって、キュンキュンでした!!!!!!

やっぱこれは、「あやね×ピン」なのかなぁ?なんて思ってメチャうれしかったです!!(^-^)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

雑誌」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事