sigh.

日常あれこれ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

死刑回避の理由不十分 母子殺害事件で最高裁

2006-06-20 20:30:16 | 時事ニュース
今日は、朝からこのニュースばっかりだった気がしますが、出されたのは、ある意味一番辛い判決だったような気もします…

死刑回避の理由不十分 母子殺害事件で最高裁 (共同通信) - goo ニュース


無期懲役が破棄されたのだから、次の広島高裁で死刑判決が下りる可能性は高いのだろうけれど、その判決が下りるまでに5年程度掛かる見通しだとか。恐らく、其処からまた上告されて最高裁へ行く訳だけど、仮に、広島高裁で死刑判決が下り、弁護側が最高裁に上告を行い、最高裁が上告棄却を行う。(あくまでも「仮」の話です)となると、其処までに計7年は掛かるというのだから、ご遺族のお気持を考えると、ここで最高裁が何らかの判決を下す事は出来なかったのだろうかと…

最高裁は、逃げたのか?とか。ちょっと思ってしまいました。最後通告をする事から逃げたのか…或は、これから再審議に掛かるであろう5年ほどの月日の間に、被告人に何らかの心情の変化が起る事を期待しているのだろうか…時間経過に任せようとしているのだろうか…ならば矢張りこれは逃げではないのか?なんだか、すっきりしない判決でした。…一番すっきりしてないのは、被害者の御遺族だと思いますが…。

私は「死刑」を、積極的に推進しているのでは勿論ありません。けれども、もし、陪審員制度などが導入されたとして、自分がこの事件の陪審員になったとしたら、そこで反対する理由を見つけることができるだろうか?其れを考えると、答えは難しいように思います。

ニュース等で紹介された犯人の「生きて償いたい」という言葉を聴いて、知人がこう漏らしていました。
「どうしたら償いになるっていうんだ」
死んでしまった人は生き返りはしないのにね。


死刑と無期、境目は 光市母子殺害、20日に最高裁判決 (朝日新聞) - goo ニュース


コメント (4)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« プレミアム10 「もっと暮ら... | トップ | リハビリテーション医療 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
二人称の死 (葉山晶一)
2006-06-21 02:55:41
本村さんはもとより、この事件から社会は、そして私たちは何を学ぶか?大きな課題を与えられた気がします。

本村さんの長い闘いがまた始まりましたね・・・
コメントありがとうございました! (Kazumi@管理人)
2006-06-21 20:10:56
>葉山晶一 さん。



そうですね。こういう事件が起ってしまった以上、そこから何かを学ばなければいけませんよね。新たな犯罪を生まないためにも。

本村さんの新たな闘いを、見守っていきたいと思います。
こんばんわ。 (悠子)
2006-06-23 19:55:29
遅くなりましたがTBありがとうございました~



これから5年…!

本当ならば家庭を持って子供が生まれて

一番幸せな時間を過ごすはずだった本村さん。

これまでだって辛く苦しかったでしょうに、

これからも戦いが続くのかと思うと本当に切ないです。

死んだ方も過ぎた時間も取り戻せないのに…
お返事遅くなってスイマセンっ<土下座。 (Kazumi@管理人)
2006-06-25 22:34:45
>悠子 さん。



こちらこそ、お返事遅くなってしまってスイマセンっ<土下座。



過去の判例から推察すると、判決までに凡そ5年、それから最高裁での結審までに更に2年で計7年は掛かるだろうという事らしいです。その頃になると、もしお子さんが無事だったとしたら、もう中学生になってる時期なんですよね…長すぎる…(滅)

辛い戦いかと思いますが、本村さんが挫けずに居てくださる事を願って止みません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

時事ニュース」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

山口県光市母子殺害事件最高裁無期懲役破棄、差し戻す (僕のつぶやき。 ネットの窓から。)
無期懲役破棄、差し戻す 母子殺害事件で最高裁 (共同通信) - goo ニュース 山口県光市のアパートで1999年4月、会社員本村洋さん(30)の妻子が殺害された事件で無期懲役の2審広島高裁判決を破棄、審理を同高裁に差し戻した。 本村洋さん等の闘いで世論 ...
山口母娘殺害事件・最高裁判決 (高野 善通のブログ雑記帳)
 山口母娘殺害事件、最高裁判決が言い渡されました。2審広島高裁の無期懲役を破棄して差し戻しということで、法曹関係者の間では予想された結論だったそうです。本村氏がコメントしているように、「自判してほし...
死刑判決へ・・ (主任のひとり言)
山口県光市で1999年4月、会社員本村洋さん(30)の妻弥生さん=当時(23)=と長女夕夏ちゃん=同(11カ月)=が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた元会社員の男の被告(25)=事件当時18歳=に対する上告審判決で、最高裁第3小法廷(浜田邦夫裁判長=退官 ...
残念です (悠子のお宅日記)
今日判決と聞いて朝からずっと気にしておりましたこのニュース。 山口母子殺害、元少年の無期判決破棄 死刑の公算大 (朝日新聞) - goo ニュース う~ん…最高裁での死刑判決には至りませんでしたか…。 実は、この事件のご遺族の本村洋さんと私達夫婦は同い年 ...