sigh.

日常あれこれ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タイヨウのうた

2006-06-11 20:04:38 | 日常雑記
公開は今週末の6月17日土曜日からですが、Yahoo!BBのオンライン試写会に当ったので、劇場公開前にネット試写会で見ました。

タイヨウのうた


監督は小泉徳宏さん。
主演は、これが映画初主演となるシンガーソングライターのYUIさん。相手役には「木更津キャッツアイ」「タイガー&ドラゴン」他ドラマ、映画で個性的な役柄を演じている塚本高史さん。
脇には岸谷五郎、麻木久仁子といった面々。

お話は、太陽の光にあたれないXP(色素性乾皮症)という病を抱える少女の恋と夢のお話。といえば良いかな?
けれど、恋とか夢と言っても、ただ明るくきらきらとした甘酸っぱい青春の物語なのではなくて、その過程には必ず彼女の抱える病が寄添っている訳で…それでも、懸命に生きようとする主人公の姿は、映画を見た人を清々しい気持にさせてくれるのではないでしょうか。
約二時間のお話なので、やや性急な感はありますが、素敵なお話だと思いましたよ。

お芝居に関しては、YUIさんは女優さんではないですし、拙いというか…けど、この役にはその感じがあっているのではないかな?と、思いました。
そして塚本さんは等身大の高校男子。という感じ。個性的な役が多かった俳優さんかと思いますが、純粋で懸命な姿も素敵だと思いました。

泣かないと思ったんだけど、最後にだばだば泣いてしまいまして(わぁ)アイタタタ☆という感じです。
生きるのがしんどいなぁ。とか、疲れちゃったよ。とか
思いかけた時に、見てみては如何かと思います。

ちゃんと生きよう。と、思わせてくれるかもね。

コメント (2)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« プランター栽培なの | トップ | 地震 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBども!! (てれすどん2号)
2006-06-17 22:33:27
一生懸命生きるってほんと大切なことですよね。観たあとでも辛くなったりするし、、、やっぱ何回もこの映画を観たくなりますね!!
こちらこそです! (Kazumi@管理人)
2006-06-18 21:35:54
>てれすどん2号 さん。



最初は全然期待してなかったんですけどね(笑)

オンライン試写会で3回も見てしまいました(…)素敵な映画だと思います☆

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日常雑記」カテゴリの最新記事

18 トラックバック

タイヨウのうた (ネタバレ映画館)
 Aadd9-E-Bm7-Dadd9♪
ボディ・ブロー『タイヨウのうた』 (この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!)
映画『タイヨウのうた』全国2万人泣き祭り大試写会で 『タイヨウのうた』を見てきた。 会場にはお客さんが3分の2くらい。 今回の募集方法に問題があったのだろう。 まあ座席数以上に当選させて通路に座らされるより 数段ましですが。 メールで当選の案内は ...
タイヨウのうた(この思い歌として光ある世界に届けたい) (オールマイティにコメンテート)
「タイヨウのうた」は海辺で暮らす少女が太陽の紫外線を浴びると死んでしまうXP(色素性乾皮症)の神経病を抱えながらも歌を路上で歌い、好きになった彼氏と親友と両親に囲まれながら生きたストーリーである。この病気と共に考えながら観る映画として何ができる ...
タイヨウのうた試写会 セカチューをもしのぐ涙あふれる感動ラブストーリー、、、だったんですが。 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ )
まずはじめに、この映画はあなたの予想してるよりイイです!!(断言(笑))  画づくりが丁寧です、非常に勉強になります。ツッコミどころがないほどリアルな恋愛、家族愛も描かれているので若者にも大人にも心に染み入るでしょう。 松下IMPホール、主 ...
タイヨウのうた / A SONG TO THE SUN (きょうのあしあと)
「彼女は、タイヨウに帰っていった。        僕の心に歌を残して。」 監督:小泉徳宏 脚本:坂東賢治 出演:YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷五朗、通山愛里、田中聡元、小柳友、ふせえり、小林隆、マギー、山崎一 公式HP:http://www.taiyonouta.jp ...
小さな恋心が残した、大きな足跡。『タイヨウのうた』 (水曜日のシネマ日記)
太陽の光りにあたれないXP(色素性乾皮症)という病気を抱えた、 16歳の女の子の物語です。
『タイヨウのうた』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
まっすぐに前向きに、今出来る事を一生懸命に! 予告編では、3回泣いた…。 けれど、不思議と劇場では涙はなかった。 その代わり、彼女の瑞々しい歌声が、心の奥にまでジンジンと響いてきましたよ。 『タイヨウのうた』 輝く太陽の様に、キラキラと眩しいくらい ...
『タイヨウのうた』 (京の昼寝~♪)
彼女は、タイヨウに帰っていった。僕の心に、歌を残して。 ■監督 小泉徳宏■原作 天川 彩(「タイヨウのうた)ソニー・マガジンズ刊」■原案・脚本 坂東賢治■キャスト YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷五朗、通山愛里、山崎 一□オフィシャルサイト   ...
「タイヨウのうた」 ( )
YUIの歌声は申し分なかった!儚げで、でも力強く一生懸命歌ってる姿は、病気と闘いながら生きる主人公・薫そのものでした。そしてこの映画は何と言っても自然なセリフがとても生きている。キレイごとじゃなくて、その辺に転がってそうな会話で、だからこそとて ...
タイヨウのうた(映画館) (ひるめし。)
彼女は、タイヨウへ帰っていった。 僕の心に、歌をのこして。 CAST:YUI/塚本高史/麻木久仁子/岸谷五朗/通山愛里  他 ■日本産 119分 久々に目頭が熱くなって鼻をかんだ映画に出会いましたわ~。 お気に入り度も久々の五つ★!! 本当は観に行く予定はなか ...
【映画】「タイヨウのうた」雑感 (つれづれなる・・・日記?)
本日初日。 かなりどころか相当期待した映画です。べたの王道だと思っていました・・・
【劇場鑑賞68】タイヨウのうた "Live Life Love"(A Song to the Sun) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
大切なもの 歌 家族 そして 彼 限られた時間を 歌と生きた少女の物語 太陽にあたると 死んでしまう 彼女はタイヨウに帰っていった 僕の心に歌を残して 『私、生き生きて生きまくるんだから!』
タイヨウのうた (多いに語り多いに笑う)
太陽の光にあたると命に危険がおよぶ病をかかえる少女が、ある少年との出会いによって自らの命を輝かせていく純愛物語。監督は本作の制作プロダクションであるROBOTが抜てきした新人の小泉徳宏。ヒロインにシンガーソングライターのYUIがふんし、映画初主演ながら ...
【Amazon】YUI in "A Song to the Sun" Good-bye days 映画『タイヨウのうた』YUI写真集【アマゾン】 (オススメ。新作・予約・話題本の通販販売)
YUI in "A Song to the Sun" Good-bye days 映画『タイヨウのうた』YUI写真集 陽の光を浴びたら死んでしまう女の子・雨音薫の最初で最後の恋―19歳のシンガーソングライターYUIの初主演映画『タイヨウのうた』。YUI演
タイヨウのうた (PLANET OF THE BLUE)
ドラマも見てますが、これは映画版の感想です。 観るきっかけは、ドラマ見てたからなんですけど、思っていた以上に 映画が良く手ですね^^ 是非?紹介したかったんですが、もしかして公開終わってる? 監督  小泉 徳宏 出演  YUI  塚本 高史 ...
【邦画】タイヨウのうた (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B+ (演技3/演出3/脚本4/撮影4/音響3/音楽4/美術3/衣装2/配役4/魅力4/テンポ3/合計37) 『評論』 「世
mini review 07017「タイヨウのうた」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
カテゴリ : ラブ・ストーリー 製作年 : 2006年 製作国 : 日本 時間 : 119分 公開日 : 2006-06-17~ 監督 : 小泉徳宏 出演 : YUI 塚本高史 麻木久仁子 岸谷五朗 マギー 山崎一 届くことを、信じること。 雨音薫、16才。学校に行かず、...
タイヨウのうた 07069 (猫姫じゃ)
タイヨウのうた 2006年   小泉徳宏 監督  板東賢治 原作、脚本YUI  塚本高史  麻木久仁子  岸谷五朗  通山愛里  田中聡元  小柳友  ふせえり  小林隆  マギー(ジョビジョバ)  山崎一 うわぁ~、、、これ...