気まぐれ春夏秋冬・・・その2

デジカメ片手に足の向くまま、気の向くまま、風をたよりに、旬を探して。。。

近場のアオバズクの雛(8/5)

2017年08月06日 00時31分49秒 | アオバズク

















高い高い所にいた雛


その雛を見守る両親、左がママ、右がパパ


着いた時のパパ、その後飛んで上の位置へ。

三度目の正直を期待して早朝に訪れた。
『母親と雛が見当たらない』という前日の情報もあり
半分はダメ元のつもりだった。
先客が3人、その中にこの場所を教えて頂いたKさんが。
『もう雛はおらんで。。。』
しばらく状況を伺い『う~ん、アカンか~?』
『帰るけど、乗せていったろか?』『ありがとうございます。もうちょっと粘ってみますわ。。。』
みなさん帰られ一人に。
そこへまた一人の大砲を持ったCMさんが『何処にいてますねん?』『親はあそこですけど、雛は見当たりませんわ』
ちょっとして『あそこにおるんは雛でっせ!』と液晶画面を見せてもらう。『確かに!ありがとうございます』
高くて遠くでおまけに枝が被って判り難いはずです。
何とか見通せる場所は一ケ所だけでした。
親との並びは撮れなかったですが、良しとしましょう。
粘ったかいがありました。

ということでKさん、雛まだ健在でしたよ~。




8/2のメス


8/2のオス
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近場のアオバズク(7/29)

2017年07月30日 00時38分50秒 | アオバズク
  近場のとある神社への階段








その階段を上って行くとアオバズクのメスが出迎えてくれるのですが
残念ながら、昨日も巣立ちはしていませんでした。












少し奥に止まっていたオスは、側にやって来たクマゼミを採餌。
美味しそうに満足そうな顔をして食べてました。



食後の凛々しい顔も見せてくれました。


カラスアゲハ ♀


オオシオカラトンボ

アオバズクの動きを待っていた時にカラスアゲハとオオシオカラトンボが飛来
その後を追っていると運よく止まってくれました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近場のアオバズク(7/26)

2017年07月27日 00時31分13秒 | アオバズク











メス








オス

昨日、豊中インター近くのポイントでカワセミを待っていると
知る人ぞ知る、いやバーダーなら誰でも知っている
Kさんと久々にばったり。
『近場のアオバズクって何処ですか~?』
『アカン、シークレットや!』
いっしょに何枚かカワセミを撮った後
『ほな今から行くか?』
『ええんですか??』
『きょう、巣立ちかも知れんしな。。。』
ということで、連れて行ってもらいました。
現地滞在は30分ほどで、その時はまだ巣立っていませんでした。
雛を見れなかったのは残念ですが、
親鳥がいいところに止まってくれていました。
優しいKさん、ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アオバズク親子 ・・・ 梶無神社で

2017年07月23日 00時07分39秒 | アオバズク

向かって左端がお母さん、右側の二匹が巣立ちした雛です。

そろそろきょう(7/22)ぐらいだろうと、下見のつもりで訪れたのが当りました。
7月21日の10時ごろに巣立ちしたとCMさんからお聞きしました。
動きが全然無くて、ずっと目を閉じている状態ばかりで、
見上げている首が疲れました。
時折、子供や女性の方たちの高い声に反応しているのか
『やかましいな!』とギョロリと目を開けてくれましたが
三匹同時はほとんどありませんでした。






















 


雛だけをトリミング。
胸の模様がはっきりとしないだけで、既にお母さんより大きく感じました。
もう少し産毛が残っていて欲しかったなと思いましたが。。。









上4枚は、少し離れた所にいたお父さんです。
こちらもほとんど目を閉じたままでした。

何とか、先日の箕面滝道での空振りのリベンジが果たせ
2時間弱で帰途に着きました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加