走れサッカー小僧!…個性派ぞろい迷走中

勝瀬ふじみ野サッカークラブ非公認
28期生(6年生)のゆる~い裏話 子供達に見せないで下さい(笑)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新人戦2日目

2011-12-05 09:57:28 | 試合

場所はコスモスでおなじみの長久保小

 

集合は6時45分で、みんな眠そうです

 

ヘタレは先週の試合が新人戦とわかっていなかったらしく

 

なぜか4種リーグがもう始まったと思っていたそうです

 

8時前には着いて、グラウンドの線引きをしているのを横目にアップ

 

最初の1戦落としたら、もう新人戦は終わりということをわかっていたのでしょうか

 

相手は芳野という川越のチーム

 

どうやら10人しか出ないようです

 

何でも1人ユニフォームを忘れてしまって、交代選手もいなかったよう

 

ちょっとかわいそうだなあ…

 

開始から、押せ押せでいい感じなのに、やっぱりシュートで終われず

 

やっとドックがあまり角度のない、ゴール向かって右からのシュートが決まり

 

前半は1-0で、監督も先週の気持ちを忘れたかとお説教

 

白髪の5年生Fコーチも、「相手をリスペクトしろよ もっと走れ

 

と熱く語って下さいました

 

後半は気持ちを入れ替え、積極的に出られるようになり

 

2点加算して3-0で終わりました

 

結果、1次リーグは2位抜けとなり、2次リーグへ行くためには

 

やっぱりF鶴と一発勝負で勝たないと、先へ進めません

 

午後のF鶴戦に向け、白髪のFコーチがリスペクトとはどういうことなのか

 

いいお話をみんなにしてくれました

 

まあ、リスペクトって何だ と子供たちは思ってたと思うんですが…

 

F鶴戦は、気持ちの入ったいい試合でした

 

向こうはホームみたいなので、親御さんがたくさん応援に来ていて

 

完全にアウェーな感じ

 

グラウンドの奥のネットには、F鶴の横断幕まで張ってあったりして

 

気がつくと、ギャラリーも多く、注目度が高かったようです

 

F鶴は何度も戦っていて、負けたくない気持ちも出やすかったのかもしれません

 

特に前半は、ゲームの支配率も高く、声もよく出ていました

 

ただ、風が結構出ていて、前半の追い風のときはまだしも

 

後半の向かい風のときはヒヤヒヤ

 

母たちは、風よ吹け~風よ止まれ~と大騒ぎ

 

危ないシーンもありましたが、ディフェンスも粘り

 

途中、キャプテンスタミナが疲れてボーっと立っていても

 

ベンチもみんなで声を張り上げ応援して、前後半0-0で終わりました

 

そして5分-5分の延長戦

 

延長戦に入る前に、監督がベンチの子たちとみんなで円陣を組めと言って

 

昨日出席の18人で、気合の入った声をかけて出て行きました

 

日本代表みたいでカッコよかったよ

 

そして前半開始して2分くらいに、ゴーキューがドリブル突破してからの

 

シュートが突き刺さり、監督もガッツポーズが出るほどのナイスシュート

 

その後、1点を加えて前半を終わり

 

ドキドキの後半も、集中を切らすことなく走り切りました

 

最後のホイッスルが鳴った時は、母たちも「踊る踊る」大騒ぎ

 

正しいF鶴に勝てて、本当に嬉しかったねえ

 

終わった後、挨拶を待つベンチで、Fコーチが二カッと笑い

 

「気持ちいいなあ

 

5年生みたいな感想を漏らしていたそうです

 

忘年会も無事に参加できたし、無事に終わったし

 

準備してくれた母たちもご苦労様でした

 

それからわざわざ応援に来てくださった6年のOコーチ

 

ありがとうございました

 

いつも手か足にケガしてますが、お大事に…

コメント   この記事についてブログを書く
« 新人戦1日目 | トップ | 速報! 2次予選 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

試合」カテゴリの最新記事